スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷電、最期の活躍

 こんにちは。
久し振りに更新します。7月に入り仕事が忙しくくてブログの更新がままならず、申し訳ありません。
コメントをいただいた方々にも、コメントの返信すらせず大変失礼をしています。何とか更新の暇が取れましたので久し振りにブログを更新します。
今回は、リクエストにお応えし廃止前の荷電の活躍について紹介させていただきます。

東武の荷電は、S58.7.21のダイヤ改正により運用が廃止されました。廃止前に荷電は全て館林検修区の配置で、モニ1471.1472.1473の3両が運用に就いていました。
運用は、8310ㇾで館林を出て業平橋に向かいます。業平橋で折返し8215ㇾで東武日光へ折返し8216ㇾで新栃木まで来て入区となります。翌日は8210ㇾで新栃木を出て業平橋へ向かいます。ここで館林を出てきた荷電と顔を合わせます。長時間の折返しの間に荷物の積み下ろしを行い、折返し8313ㇾで伊勢崎へ8314ㇾで館林へ戻り2日間の運用が終わります。末期は、3両配置の2両使用の運用でした。

それでは、荷電の活躍を紹介していきます。

01-150-8.jpg
S56.9.26 春日部駅で撮影したモニ1471です。T14.11日本車両製です。荷電に改造されるまでは、東武博物館に展示されているモハ1101の様な5枚窓でした。S39.5に荷電に改造されています。お椀型のベンチレータを載せています。

02-187-5.jpg
S57.2.14 鐘ヶ淵駅で撮影したモニ1472です。モニ1472も製造も荷電への改造も、モニ1471とほぼ同じ経歴です。3210型の様な大きなパンタグラフを載せていましたが、末期は通勤型と同じパンタになっていました。

03-293-6.jpg
S58.7.10 久喜~鷲宮間で撮影した8310ㇾモニ1472です。モニ1471.1472は2エンド側も非貫通の3枚窓でした。2エンド側にもモハ1400型時代、2パンタだった名残りのランボードが残っていました。

05-192-24.jpg
S57.3.10 鐘ヶ淵駅での撮影で、モニ1473です。モニ1473は他の2両と経歴が違い、S3.6汽車会社製です。
クハニ2型として製造され、その後モハ化されていますがS39~40にかけ荷電化されています。32型と同系列のため3210型などの面影を一番残した車両でした。荷電廃止後も西新井工場の入換車として生残り、平成16まで活躍したのは記憶に新しいところです。

06-202-20.jpg
S57.5.15 鐘ヶ淵駅での撮影です。モニ1473の2エンド側は貫通式でした。こちらも32型の面影が残っていました。

07-295-18.jpg
08-295-19.jpg
09-295-20.jpg
10-295-28.jpg
11-295-29.jpg
12-295-30.jpg
この6枚の写真は、S58.7.17 業平橋駅での撮影です。東武の本社の裏に荷電の専用ホームがあり、お昼頃に2両の荷電が顔を揃えます。この日は1.2.3.5.6枚面の写真で手前側が8313ㇾモニ1472で前側が8215ㇾモニ1471です。撮影をお願いすると、直ぐに許可されました。車内の写真なども撮影していますので、機会があれば紹介したいと思います。3両の配置でしたが、検査などで車両のやりくりがつかない場合は館林運用は館林区の3050系、新栃木運用は新栃木の7870型2両固定が代走していました。その場合は、この業平橋で運用変更をかけて館林から来た車は伊勢崎行きに新栃木から来た車は東武日光行きになります。

13-101-11.jpg
ここからは、走行写真や駅での写真を紹介していきます。
S56.3.12 新田~蒲生間での撮影でモニ1473です。
草加と越谷の市境で、私の定番の撮影地でした。

14-106-7.jpg
S56.4.1 鐘ヶ淵~堀切間での撮影でモニ1473です。この写真とその前の写真では、中央の荷物ドアがまだ木造ドアのままでした。金八先生の時代の堀切付近です。

15-121-1.jpg
S56.6.18 北千住~小菅間での撮影でモニ1471です。北千住を発車し、吊り掛けの唸りも高らかに荒川放水路の鉄橋を渡ります。急行線を行く姿は、貫禄がありますね。

16-144-16.jpg
S56.9.9 姫宮~東武動物公園間で撮影したモニ1472です。稲が穂を付け実りの秋を迎えようとしています。

17-199-30.jpg
S57.5.2 下今市駅での撮影です。8215ㇾのモニ1471がクハ6219と顔を合わせました。6000系も懐かしいですね。

18-249-1.jpg
S58.2.17 西新井~竹ノ塚間でモニ1472です。雪景色の中、複々線区間を行きます。

19-258-23.jpg
S58.3.23 東武動物公園駅での撮影です。館林から来た8310ㇾモニ1473が試7344ㇾで試運転を終え入換中のクハ361と顔を合わせました。森林公園所属のクハ361は定期検査のため杉戸工場に入場していました。

20-293-5.jpg
S58.7.10 久喜~鷲宮間での撮影で8310ㇾモニ1472です。鷲宮を発車し、用水路に沿いに久喜へ向かいます。荷電廃止が目前に迫っていました。

21-293-13.jpg
S58.7.13 春日部~北春日部間で8215ㇾモニ1472です。かなり郊外の様な写真ですが、北春日部駅手間の国道16の交差手前です。

22-293-16.jpg
前の写真と同じ日で、58.7.10 春日部~北春日部間です。8313ㇾモニ1471を国道16号の橋の上から狙いました。

23-296-04.jpg
S58.7.19 栗橋~新古河間で8210ㇾのモニ1472です。荷電運用も残り2日となっていました。渡瀬川の土手の上から俯瞰しました。

24-296-18.jpg
25-296-19.jpg
S58.7.19 板荷~下小代間での撮影です。有名撮影地の築堤を8215ㇾモニ1471がやってきました。なんだか大舞台の千両役者を見ているようでした。とても暑い日だったのを覚ええいます。

26-296-27.jpg
27-296-28.jpg
S58.7.19 東武日光駅での撮影です。下小代の築堤で撮影の後に949ㇾで東武日光へ向かいました。
東武日光では、949ㇾ~964ㇾの7882+882と8215ㇾ~8216ㇾモニ1471が、並びました。翌日7/20は荷電運用の最終日でしたが、このモニ1471は8210ㇾで出庫する事無く新栃木検修区に留置されていました。7/20の最終日には8210ㇾで出庫したのは、隣りに留まっている7882編成でした。8210ㇾで業平橋へ行き運用変更を行い8215ㇾで日光経由、新栃木に戻っています。
そうなると、この8216ㇾがモニ1471の最終運用だったことになります。モニ1471は、7/21に回5046ㇾで東武動物公園駅へ回送され、館林から回5346ㇾで回送されて来たモニ1472と伴に東武動物公園駅の構内に留置されました。モニ1473は一足早く7/15で運用を離脱し、東武動物公園駅に回送されていました。
7/21の1471.1472の回送の様子や1473のその後については、機会を見て紹介したいと思います。

いつも沢山の方々にご覧いただき、本当にありがとうございます。
多忙のため更新がままならず、申し訳ありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お忙しい中、リクエストに応えていただきありがとうございました。
本線のモニは現役で見たことが無かったので、感激です。
また、1471と1472は、1472の方が、海側の中央ドアの右横の窓が塞がれていたり、パンタ撤去側の元パン上げの配管の取り回しが違ったりと、いろいろ差異があったのですね。
小さい頃は、東上線のモニを小学校帰りに良く見に行きました。
パンタが火花を散らしながら、結構なスピートで下って行くのが印象的でした。
また、時々78系が2両でモニの代行で走っていたのも、懐かしいですね。

貴重ですね

 こんばんは、荷電とは貴重ですね。私は西新井工場で入替車として活躍していたモニ1473しか撮影したことが無く、それもパンタを降ろして休んでいる姿だけです・・・
 あと業平橋の荷電専用ホームは私も知っていましたが、実際に見たのは荷電全廃後だったのでモニが発着する姿は見られませんでした・・・

Re: No title

 こんにちは、jiuliu様。
コメントありがとうございます。

東上線の荷電は廃止になったのは、S52の秋~冬位だったでしょうか。
S53.1に栗橋にEF57牽引の臨時急行を撮影に行った帰り、杉戸駅の構内にモユニ1190と1491が留置されているのを見て撮影に行きました。解体寸前だったようでなんとか間に合いました。東上線の荷電を見たのは、これが最初で最期でした。ろくな写真ではありせんが、機会があればお目にかけたいと思います。

Re: 貴重ですね

 こんにちは、Yoshi@TJ Line様。
コメントありがとうございます。

モニ1473も末期は、運転台側の窓のみが拡大され、特異なスタイルになっていましたね。
1473は荷電廃止後のS58.8.12に杉戸工場で検査を終え、西新井工場に回送されました。試験塗装を纏い出場しましたが、本線回送中は新聞紙を貼りその上からクリーム色を塗っていました。試験塗装を隠しての回送だったのです。西新井工場に回着後も、上毛161号が居たので暫くは試験塗装を隠し梅島方の留置線に置かれたままでした。その後、運転台窓の拡大や2パンタ化などが行わました。スタイルの変遷については、機会をみて紹介したいと思います。

こんにちは

お邪魔致します。試験塗装の件、当時西工に佇む姿を見て「採用して欲しいなぁ」と下り電車の車中で思ったものです、懐かしいです。荷電の大きなパンタ、これまた懐かしいですね、印象に残っています。駄文失礼致しました。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。