スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕暮れの上今市駅と3176編成

 こんにちは。
新栃木の3176編成の写真が、見つかりましたので紹介致します。
撮影はH8.2です。この年の8月3176編成は廃車となり、北館林に廃車回送されています。

Image27.jpg
H8.2 上今市~東武日光間での撮影です。夕方に3070系の4両運用は2運用ありました。撮影したのは、遅い方のスジだったと思います。3176編成は上今市駅を発車し、吊掛けの唸りも高らかに東武日光を目指します。男体山が夕陽に染まっていました。

Image28.jpg
撮影を終え、上今市駅に戻ると駅に灯りが灯っていました。木造駅舎の上今市駅は無人駅ですが、灯が灯るととても暖かい雰囲気でした。日光線に点在した木造駅舎は、パスモの簡易処理機導入の際に殆どが消えましたが、一部の有人駅には木造駅舎が残っています。

Image31.jpg
暫くすると、先程の3176編成が山を下りて来ました。新栃木の3070系は、勾配区間を下るため鋳鉄の制輪子を装備していました。ザーという音をたてながら3176編成が上今市駅のホームに滑り込んできました。

今の様にデジカメなど無く、フイルム感度もiso400でネガカラーでの撮影でした。
変色等、フィルムの礫化が激しいので今回スキャンしてみました。他にの多数3070系の写真が出て来ましたので
機会を見て紹介したいと思います。

Image8.jpg
最期に見るに堪えない写真えすが、3176編成の更新前のモハ5800の写真を紹介して終わりにします。
S49.7.21 栃木駅での撮影です。5800型は更新前5800+345+5801+344の4両編成を組んでいて、345と5801は運転室機器が撤去され、暫定中間車になっていました。73.78型以外の営業車では唯一セイジクリームになった旧型電車です。

Image7.jpg
暫定中間車となった345と5801の写真も紹介します。先頭の5800と344はシールドビーム化されていましたが、中間に封じ込められた5801と345には1灯式のヘットライトが残っていました。お見苦しい写真ですが、紹介させていただきました。
東武では、昔から運転室の機器撤去し暫定中間車となった車両が多くありました。78型だけは運転台が撤去され完全な中間車に改造されましたが、53.54系は暫定中間車のまま更新されています。今の野田線の8000系などで運転室機器を撤去した編成がありますが、「運転台撤去車」などと間違った表現が横行しているのは、困ったものです。
今回は3176編成を紹介させていただきました。いつも沢山の方々にご覧いただきありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

3176Fの貴重な姿ですね

 こんばんは、日光線を走る3070系は2両固定というイメージが強い私ですが、4両固定も結構似合ってますね。特に3175Fと写真の3176Fは最後までパンタグラフの増設が行われず、3000系らしさをよく残していたのも良かったと思っています。
 あと3176Fの更新前の姿になるモハ5800形ですが、末期の2扉車でセイジクリーム1色というのが独特の雰囲気を出していますね。モハ5700形と同じTRF-51M(扶桑金属FS-106)台車を履いているのも特徴的です。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。