スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

館林検修区の7800型2両固定編成について

 こんにちは。
いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。
今回、更新前に館林検修区に所属していた7810.7811.7812.7813の2両固定編成について紹介して欲しいとの要望がありました。この4編成については、早い時期に更新されてしまったため余り良い写真がありません。何とか4編成とも写真を探し出すことが出来ましたので紹介させていただきます。

それでは、モハ7810編成から紹介してきます。
①7810-790424-k020-29

②7810-790424-k020-30

③7810-790424-k020-25

④7810-790424-k020-31

⑤7810-790424-k020-32

⑥7810-790424-k020-33
モハ7810です。S29.4ナニワ工機製です。
モハ7810編成は、最初更新されモハ5101編成となった森林公園検修区所属の7818編成に続き西新井工場に入場しています。写真はモハ7810でS54.4.24 西新井工場での撮影です。5000系更新の第2陣とて入場した7810+810は津覇車両で5501+5601に更新されました。解体中の写真しか無く、部品の取外しが進んでいます。戸袋の部分の窓桟が細いのがこの車両の特徴でした。

⑦810-790424-k020-3

⑧810-790424-k020-2
クハ810です。S29.4ナニワ工機製です。
これもS54.4.24 西新井工場での撮影です。クハ810の方はまだ窓枠が外されておらず、戸袋部分だけ窓桟が細いのが良く判ります。また、正面から見た写真では、ランボードは無い様で屋根上ステップも無く、ライトの両側がスッキリしています。5501編成の竣工はS54.6.1になっています。

⑲811-7907-N001-7
1枚だけクハ810の更新入場前の写真がありました。S54.7 西新井~竹ノ塚間での撮影です。戸袋部分も窓桟が細く、ランボードが無いのが判ります。

 ⑨7811-7906-k019-12

⑩7811-7906-k019-11

⑪7811-7906-k019-9
モハ7811です。S29.4日本車両製です。
S54.6 西新井工場での撮影です。パンタグラフからの配管が先の7810と異なっているのが判ります。7810が入場した後に館林検修区所属のモハ7816編成(4両固定)が続き、次にこのモハ7811編成が入場しています。この編成も西新井工場で解体寸前の姿を撮影することが出来ました。更新後は5502+5602となり竣工はS54.8.27です。5000系として更新されたのは、5101.5102.5501.5502編成の12両のみでした。5102が森林公園検修区に配属され、他の編成は春日部検修区に配属されています。非冷房のため、評判はイマイチでした。

⑫811-7906-k019-10
⑬811-780505-k028-4
クハ811です。S29.4日本車両製です。
上の写真はS54.6に西新井工場で、下の写真はS53.5.5 新田~蒲生間での撮影です。こちらもクハ810と同じく屋根上のランボードはありません。西新井工場内の写真は、工場がお休みの日の当直の社員の方にお願いして撮らせていただいたものです。当時、工場がお休みの日はお願いすると写真撮影を許可していただける場合が多かったです。今と違い大変おおらかな時代でした。

⑭7812-7906
モハ7812です。S29.4日本車両製です。
S54.6東武動物公園駅での撮影です。残念ながらモハ7812は先頭で撮影した写真がありません。
この編成は、5050系の5553+5653に更新されました。竣工は、S56.9.30になっています。7811が5502編成に更新された後、1年以上更新入場がありませんでした。5000系が非冷房で更新されたのが不評だった様で次に入場した7815編成(4両固定)からは5050系として更新され冷房車となり、ブレーキ方式も変更されていました。

⑯812-7906

⑮812-810604-117-32
クハ812です。S29.4日本車両製です。
上の写真はS54.6 東武動物公園駅での撮影、下はS56.6.4春日部駅での撮影で更新入場直前の写真です。
この7812の編成は、館林検修区で一番最期まで残った7800型の編成でした。この日の編成は、812+7812+886+7886+883+7883でした。同じ7800系ですが7870型に比べると7800型はかなり古く感じました。

⑰7813-7906-k005-29
モハ7813です。S29.4日本車両製です。
S56.6幸手駅での撮影です。7813編成は、5551+5651に更新され竣工は、S56.4.13です。
5050系のとして最初に5151編成(旧7815編成)と共に更新された車です。7813.7815編成はS55秋~56冬頃に更新入場していますが、当時私は会社の研修で大宮市ある研修センターで半年程、寮生活を送っていたため正確な入場日を記録していません。また、5151+5551編成は一緒に甲種輸送で東武鉄道に搬入されましたが、貨物駅集約に伴う輸送経路の変更から逆向きで入線していまい、後日7800+7801に牽かれ回送され秩父鉄道線内の貨物線(三角線)を使い方向転換をしています。そんた事もあって営業運転がかなり遅くなったのを記憶しています。

⑱813-7906-k005-27
クハ813です。S54.6幸手駅での撮影です。S29.4日本車両製です。
残念ながらこの車両も先頭に出ている写真がありません。この車両もランボードが撤去されています。
この日の編成は、7813+813+7815+804+7804+815でした。一緒の連結されている7815編成は、7806編成がS54.5に更新入場した後、森林公園検修区から館林検修区に転属し更新までの短い期間本線で活躍しました。

今回は、館林検修区の7810~7813編成を紹介させていただきました。この他に本線で活躍した7800型は、館林検修区の7815.7816編成(4両固定)、春日部検修区の7800.7801.7806.7809編成(2両固定)がありました。更新が早かったため、7800.7801.7806を除き余り満足な写真はありません。その中でモハ7806編成だけは、通勤快速や鬼怒川線の臨時快速運用から最期の入場まで追いかけました。S56.12.28に西新井工場で最期の入場を見送り、別れを告げたのがつい昨日の様に思い出されます。
機会を見て7806編成の最期の活躍を、紹介させていただきたいと思います。

いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。
お気付きの事がございましたら、コメント等をお寄せ下さい。
ありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

津那では7800の隣に5000の車体置いて電装品の移設をやりやすくしたのでしょうか。
その5000系ですが、8183F以降の仕様と同じく青地の方向幕や網棚下に握り棒増設などのいでたちとなっていました。

ところが一時期東上線に集結した時に、クハ5602を除き白地幕に変えられグレードダウン。
更にはブレーキシューから飛散する鉄粉で屋根から車体が茶色に染まる有様で、73・78よりもみすぼらしく見えたものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。