スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

850系について

 こんにちは。
73・78型を初め、旧型電車の話題を中心に紹介してきましたが、今回は新型電車?の850系について紹介します。850系は平成13年から東上線配置の8000系8両固定を改造したものです。8000系8両固定のうち中間2両のサハ8900型を廃車し、クハ8100+モハ8200+モハ8300が800系にモハ8200+モハ8300+クハ8400が850系に改造されました。850系の浅草方先頭車はモハ8200を改造したため、Wパンタとなり78型の様に先頭パンタも厳めしく活躍しています。

改造前の車番は以下の通りとなっています。
 851編成 8296+8396+8496
 852編成 82102+83102+84102
 853編成 8288+8388+8488
 854編成 8294+8394+8494
 855編成 82104+83104+84104

改造後は、800系+850系の6連で伊勢崎線の運用についていましたが、平成17年3月のダイヤ改正で伊勢崎線、佐野線用のワンマン車として旧館林検修区に配置され本格的に運用を開始しました。現在の運用区間は伊勢崎線の館林~伊勢崎間と佐野線です。伊勢崎線の館林~太田間については、ワンマン区間ではありませんが車掌乗務の列車が1日3往復(下り1本は回送)が運転されています。その他、車輪転削や月検が春日部支所で全般検査、重要部検査が南栗橋工場で行われるため、回送として館林~春日部及び南栗橋~春日部間を試運転列車として南栗橋~新栃木間を運転することもあります。
小泉線と桐生線は8000系2両固定車のワンマン運用となっているため、通常800系及び850系は運用されません。また、館林~太田間については館林出張所への入出区を加兼ねた運用で3往復が設定されていて午前中の撮影し易い時間帯のに上り3本、下り1本が設定されています。

館林~太田間の800系、850系使用列車は以下の通りです。
下り 421レ(土休日415レ)、回6403レ(館林発15時20分頃)、461レ
上り 416レ(土休日406レ)、422レ(土休日412レ)、414レ(土休日414レ)

それでは 、今回は写真を中心にを紹介していきます。
851 8564-0923
H24.9.23 館林駅 伊勢崎線415レ851と小泉線626レ8564

851-0113.jpg
H25.1.13 野州山辺~韮川 406レ851

851-0430.jpg
H24.4.30 多々良~県 414レ851

851-0430-2.jpg
H24.4.30 多々良~県 415レ851

851-0503.jpg
H24.5.3 多々良 406レ851と409レ11601「フラワーリレー」

851-0811.jpg
H24.8.11 佐野市 610レ851

851-0811-2.jpg
H24.8.11 多田~葛生 618レ851

851-1013.jpg
H24.10.13 藤岡~静和 試8723レ851

851-1013-2.jpg
H24.10.13 藤岡~静和 試8722レ851

851-08011-3.jpg
H24.8.11 葛生 624レ851

851-10313-2.jpg
H24.10.13 春日部 回8862レ851

851-090822.jpg
H21.8.22 県~福居 406レ851

852-0809 -2
H24.8.9 栗橋~新古河 試8722レ852

852-0809.jpg
H24.8.9 栗橋~新古河 試8721レ852

852-0809-3.jpg
H24.8.9 北春日部 回8862レ852

852-0923.jpg
H24.9.23 足利市 412レ852

852-0923-2.jpg
H24.9.30 館林 412レ~入庫852

852-100214.jpg
H22.2.14 多々良~県 406レ852

853-0804 -2
H24.8.4 木崎~世良田 321レ853

853-0804.jpg
H24.8.4 木崎~世良田 322レ853

853-111001.jpg
H23.10.1 館林~多々良 412レ853

854-0430.jpg
H24.4.30 多々良~県 406レ854

854-0430-2.jpg
H24.4.30 多々良~県 406レ854

854-0728.jpg
H24.7.28 堀米~吉水 614レ854

854-0804.jpg
H24.8.4 県~福居 414レ854

854-0818.jpg
H24.8.18 館林 出庫~621レ854

854-090822.jpg
H21.8.22 県~福居 412レ854

855-0728.jpg
H24.7.28 堀米~吉水 611レ855

855-0818.jpg
H24.8.18 多田 607レ855

855-0923.jpg
H24.9.23 館林 406レ855

855-0923-2.jpg
H24.8.18 多田~葛生 614レ855

855-100214.jpg
H22.2.14 多々良~県 412レ855

855-111001.jpg
H24.10.1 館林~多々良 406レ855

855-111001-2.jpg
H24.10.1 館林~多々良 406レ855

今回は、850系の写真を紹介させていただきました。
800系、850系や館林・新栃木の8000系の写真を撮影していて、試運転以外にファンの方に会うことは余りありません。館林・新栃木の8000系統の車両については、後期の車両は中心で面白みには欠けるかもしれませんが、走行する区間もロケーションが豊かな区間で撮影していても気持ちの良い所ばかりです。(夏は凄く暑く、冬も凄く寒い)同じ8000系であっても無くなるものばかり話題に上がり、他のサイトなどでは東上線の8000系にばかり偏向している様に感じます。次に話題に上がるのは今年から置換えが始まる、七光台の8000系でしょうか。

館林や新栃木の8000系は、最期まで残る可能性は強いとは思いますが早めに撮影しておくにこした事は無いと思います。いざ無くなるとなると、今までま見向きもしなかった、にわかマニアが集まってきて気分の悪い思いをするだけですから。
震災の後に節電ダイヤが実施され、スカイツリーの開業日の前日まで新栃木の8000系4両編成が平日に限り、3往復(途中から2往復)南栗橋~新栃木間で運用変更が行われ10000.30000系の運用を代走していました。
この区間も春日部検修区の8000系撤退で朝の1往復を除き、8000系を撮影することが出来なくなっていましたが、節電ダイヤにより8000系を再度撮影することが出来ました。これらの写真も機会を見て紹介致します。

いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。
今回は旧型電車の話題から外れましたが、ご容赦下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

A-TRAIN

 今私が住んでいる関西では、まだまだA-TRAIN化は進んでおらず、古い車両が残っています。
 鋼板、塗装、抵抗制御車は、電力使用量や塗装に関する揮発性溶剤の規制、補修の手間などから、「まだ使えるけれども、ランニングコストと新車導入の比較」の結果からか、廃車が加速度的に進みそうですね。

 昭和61年の夏だったかに、8000系のフロントマスク更新車を見て「斬新だ」と思って撮影したことが、つい先日のように思えてしまいます。

No title

800+850系の6連は、かつて東上線でも見られた4M2T編成を彷彿とさせました。
8173・75・77編成のサハを抜いて6連を組成していたのですが、これらと入れ替わりで(あるいは先に投入された8179・81編成により?)東上線初のS型ミンデンを履いた8170・71・72編成が本線へ召し上げられたのは当時残念に思えました。

ホーム検知装置

こんばんは!
現代もマメに記録されていますね!
やはり、日常の記録が大切ですよね。
わかっているのですが、最近は撮り鉄活動が休眠中でなかなか復帰できません。
表題のホーム検知装置ですが、本線のワンマン車には既に導入が完了しているようですね。
私は、正月に乗った亀戸線で初めて気がつきました。
ちょうど、切り替え時期に記録されていて、両方の形態が確認できますね。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。