スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

73型妻面のステップについて

 こんにちは、今日は凄い雪でした。
コメントをいただいた中で、73型妻面のステップと7860型の引通し管の第二エンド妻面で様子について紹介させていただきます。

モハ7309の妻面の写真を紹介しましたが、その写真に対するコメントで普通なら屋根に登るための妻面るステップが、車体側面についている車両があるとコメントをいただきました。73型の手持ちの写真(モハ7319を除く全車)を確認したところ、モハ7309と同じ形状のステップを持つ車両ですが、ご指摘のモハ7302と7309の他にあと1両あるののを確認しました。

217-13.jpg
S57.7.29 羽生 モハ7328

215-33_20130115204631.jpg
S57.7.16 寄居 モハ7309
前に形式写真を掲載した、モハ7302の他に先頭車ではモハ7328、中間車ではモハ7309があり合計で3両確認することが出来ました。この写真の2両については同じ編成に組込むまれています。
7328+309+7309+312の編成です。上の写真は少々分かりずらいかもしれませんが、モハ7328の第二エンド妻面手前の側面にステップが付いているのが分かります。2枚目のモハ7309の写真は側面にステップが付いているのがハッキリと分かります。この3両は更新時期などバラバラなので後から改造されたのかもしれません。
73型の検査は最期まで杉戸工場で行われていました。この7328の写真は杉戸工場の出場試運転で、羽生まで1往復しますが折返しの際に羽生で撮影しました。7309の方の写真は杉戸工場への入場回送を寄居で撮影したものです。東上線回8001レで寄居に着いた列車は秩父鉄道回8002レとなり、羽生から伊勢崎線回8346レに継送され杉戸工場へ回送されます。
また、コメントにありました73型中間車の1エンド側の連結器ですが全編成とも自動連結器であることも確認出来ました。

次にモハ7860型の引通し管です。
120-26_20130115204630.jpg
S56.6.15 北千住 モハ7866
120-20_20130115204628.jpg
S56.6.15 北千住 モハ7865
280-17_20130115204635.jpg
S58.5.31 西新井~竹ノ塚 モハ7865
次は、モハ7860型の引通し管の第二エンド妻面へ降りる際の処理ですが、モハ7860型を全車確認してみたところ、先頭車のモハ7861.7863.7865.7867.7868の他に中間車のモハ7866にも引通し管があるのが確認出来ました。形状として違うのは、モハ7865のみです。3枚目のモハ7866の写真を見ていただくと分かると思いますが、モハ7865以外は第二エンドの妻面の手前の屋根上で直角に曲がり、小さいランボードの内側を通り妻面を貫通ドア沿いに真直ぐ降りていきます。
4、5枚目はモハ7865の写真です。第二エンドの妻面はハッキリとは写っていませんが、側面から見る限り引通し管は真直ぐに第二エンドへ向かい、小さなランボードの外側を通っています。ここで妻面に沿い直角にカーブしています。コメント欄ではY字型に貫通ドアの幅に狭まって貫通ドア上部付近に達してから真直ぐに降りていただろうと書きましたが、か貫通路ドアの幅まで行って直角に曲がり降りて行った様にも感じます。実際は、どのようになっていたのでしょうか。
今回は、いただいたコメントについての内容を紹介させていただきました。ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

73型の妻面ステップと78型の引通し管

いつも貴重な写真と解説をありがとうございます。
ちょっと調べて気がついたことがありました。

■73形の妻面ステップ
セイジクリーム以前の写真を確認すると、調べていただいた7302、7309、7328以外にもあるように思われました。(私鉄ガイドブックシリーズ:慶応義塾大学版などの写真から)
・側面にステップがあった可能性の車両
モハ7305、モハ7318(7319?)、モハ7326、モハ7327
また、アップされた写真をみると、モハ7313や売却されたモハ7310の運んでいる写真など、側面側から屋根上に登る方向にステップがついています。引き通し管の無い側には、妻面に屋根に上がる手前の大きなステップがありますので、もともと妻面にあった訳ではなさそうです。キハ2000でも運転台側のステップが腐食で2001と2003で撤去されているので、後年外されたことも考えられそうです。

■78系の引通し管
前パンタ車の高圧引通し管ですが、モハ7872の写真を確認したところ、モハ7865と同じように連結面までストレートに引かれていました。ただこれには理由があって、広幅貫通路のため、そのままストレートにのばし、屋根上ステップの外側を通ると、ちょうど貫通路の幅になっていたようです。
そういう点でも、モハ7865は異端車ですね。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。