スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000系の4・6両編成

 こんにちは。
鉄道コレクションで東武2000系のセイジクリームのセットが発売されることにいなりました。
セイジクリームの時代は営業列車は全て8両編成でしたが、2080系となる中間車を抜き4両や6両で回送ながら本線を走行したことがあります。

630326.jpg
2080系への改造のため中間車を抜いた2106+2206+2306+2406の4両編成です。製造時の編成に戻り西新井工場から北館林に廃車回送されました。S63.3.26 回8301レ 越谷

6303262.jpg
6303263.jpg
東武動物公園駅まで自力回送され、東武動物公園から北館林までは電気機関車牽引で回送されました。上の写真は東武動物公園駅に到着し入換を待つ2106他です。
下は、入換が完了しED5064+2406+2306+2206+2106+ヨ107の編成で北館林に向かいます。
K5601レ S63.3.26 東武動物公園駅での撮影です。

010201.jpg
010201 (2)
次は6両での回送です。西新井工場で2080系の種車になる2552+2652を抜き6両で北館林へ回送されました。
編成は2102+2202+2352+2252+2302+2402の両です。先頭車の無線アンテナが外されています。
H1.2.1 姫宮~東武動物公園間でに撮影で回8301レです。

010201 (3)
東武動物公園からはED5063に牽引され、北館林へ向かいます。H1.2.1 東武動物公園K5601レ

6305302.jpg
630530.jpg
最後に2081編成の試運転の写真です。上の写真は姫宮~東武動物公園間で下の写真は杉戸高野台駅での撮影です。撮影日はいづれも、S63.5.30でDRCの試運転スジで新栃木まで往復しました。
2080系は七光台に配属されましたが、短命で終わっています。


スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【2000系の4・6両編成】

 こんにちは。鉄道コレクションで東武2000系のセイジクリームのセットが発売されることにいなりました。

コメント

非公開コメント

No title

2000系の廃車は、当時用途を失っていたとはいえ車体の程度は良かったので、早すぎる印象でした。それが今や211系ですら廃車になるものがあるというのですから、近年ではメンテナンス人件費の方が高くつく、ということなのでしょうかね。
それにしても、2000系や当時の8000系の、ピンク色に変色してしまった内装材が懐かしいです。

2080系

徐行の所為もありましょうが東岩槻~岩槻間の旧武州鉄道線越える坂で電動機からの音が青色吐息な印象受けました。
地下鉄走行ではそんな印象受けなかったのですが、トレーラーはそんなに負担掛かるものなのでしょうか。

Re: No title

 こんばんは、コメントありがとうございます。
2000系や8000系のピンク色になってしまった内装板は、本当に懐かしいです。戸袋部分の席では頭の形の部分だけ変色の度合いが違っていました。2000系も車体はある程度良かったものの、電気機器は相当ガタがきていたと聞いています。

Re: 2080系

 こんばんは、コメントありがとうございます。
2000系から2080系に改造された時に2両がサハ化され、4M2Tの編成になりましたが、それでも吊掛け車ばかりの野田線では他車に比べ加速が良いため、駅を発車して踏切に到達する時間が短いので性能を殺していたと聞いた事があります。最初の計画では、もっと沢山の編成が作られる予定だった様ですが、非冷房のこともあり乗客は基より社員からも評判は良くなっかた様で短命で終わってしまいました。2082編成に至っては、一度も全検を受けていないとの事でした。

2080系について。

私は野田線沿線に住んでいるので昔2080系によく乗りました。3000系や5000系ばかりの時は唯一のカルダン車でありこれに当たった時は嬉しかったです。ただ冬はいいのですが夏は非冷房で前面のモダンなスタイルの割りには評判は散々でした。2編成登場した後、8000系8101Fが春日部から七光台に転属してきたのを見かけた時はこれで2080系への改造は中止だと実感しました。2000系は構造的に冷房化が難しかった事は聞いていましたが冷房車当たり前の時代に非冷房車のまま2080系に改造して野田線の輸送力増強用に投入する事自体当時は真意を疑いました。

Re: 2080系について。

 こんにちは。コメントありがとうございます。
昭和も間もなく終わりの頃なのに非冷房で登場したのは、3000系統の老朽化が進み置換えが急務だったからでしょうか。S54の5000系更新車の失敗の経験が生かされなっかたようですね。
僅か数年で引退してしまいましたが、車両的には面白い車でした。もっと記録しておけば良かったと悔やまれます。これから野田線には、60000系は入り花上館長の話では10000系も入るようです。8000系が消えていくのは寂しいですが、本線系統に比べ冷遇されることの無いようにしてほしいものだと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

 こんにちは、風旅記様。
コメントありがとうございます。また返信が遅くなり、申し訳ありません。

2000系は東武の新性能車両として画期的な車両であったと思います。
子供の頃乗車すると本当に加速が良いと感じました。それに運転台も低いで前が良く見えました。
平成5年頃まで活躍していましたが、後継車である20000系も直通運用からの引退も迫ってきました。
今後2000系一族の転用がどうなるのか、楽しみなところです。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。