スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊谷線キハ2003の回送

 こんにちは。熊谷線のキハ2000の検査業務は杉戸工場で行われていました。熊谷から秩父鉄道の貨物列車に併結され羽生へ、ここで東武の貨物列車に継走され東武動物公園へ運ばれていました。出場時にはこの逆のルートで東武~秩父の貨物列車に継走され輸送されたようです。
杉戸工場では、何回かキハ2000型の姿を目にしましたが入出の回送は撮影していません。熊谷線廃止後のS58.6.3にキハ2003の杉戸への回送を撮影しました。なお、キハ2001については5月中に杉戸へ回送され、熊谷線の最終日にはキハ2002.2003の2両が運用されていました。もう1両のキハ2002については、杉戸へ輸送される事無く妻沼町に保存されました。

28101.jpg
28102.jpg
熊谷から羽生までは、秩父鉄道の貨物列車に併結されます。当時、秩父鉄道の羽生~熊谷間にも東武鉄道へ継走される貨物列車が走っていました。S58.6.3 新郷~武州荒木間も撮影です。204レで牽引はデキ501でした。

28105.jpg
羽生では、貨物列車から一旦切放され入換を行い、東武鉄道の貨物列車に継走されます。秩父鉄道側の入換が終わりキハ2003が単独で留置されました。キハ2003の美しい姿の形式写真を撮影することが出来ました。S58.6.3羽生

28103 7889
ここでキハ2003は東武本線の車両達と出会います。モハ7889の準急列車がキハ2003を出迎えました。S58.6.3羽生

28104.jpg
今度は上り方の踏切から撮影しました。左からキハ2003.クハ883.ED5063・クハ8153が並んでいます。東武の貨物列車への継走を待ちます。 S58.6.3 羽生

28201.jpg
28203.jpg
入換が終わり、東武鉄道の貨物列車の最後尾に連結されました。牽引するのは、箱型電機では最古参のED5002でした。
S58.6.3羽生

28202 8671
羽生発車前には、8000系とも並びました。K620レで杉戸へ向かいます。S58.6.3 羽生

28204.jpg
28205.jpg
K620レの走行は、鷲宮~花崎間で撮影しました。ED5002が軽やかに駆け抜けていきました。S58.6.3

28206.jpg
途中、久喜駅で退避のため停車します。6月といえども暗くなってきて撮影も苦しくなってきました。国鉄東北本線のホームからの撮影です。S58.6.3久喜

28207.jpg
杉戸に到着後、キハ2001と並んで留置されました。その後、キハ2001は解体されキハ2003は船橋市の個人に売却され学習塾として使われていたようですが解体され現存しません。今残っているは、旧妻沼駅の近くに保存されいるキハ2002のみとなってしまいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 この頃の8000系の行き先表示幕は、白地に黒文字だったのですね。私は、青地に白文字しか記憶にないので、新鮮です。

当時の社会科の時間が「埼玉の地理」でしたので、先生が「妻沼線は、先日廃線になりました。」と言い、図から消させました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

キハ2000懐かしいです。

キハ2000の入出場もこのように行われていたのですね。
ドアの手すりのところに、荷札みたいなものが見えますね。
貴重な写真の公開をありがとうございます。
また、8000系との並びの写真、キハ2000の車体高さなど大きさがよくわかりますね。
ED5000に貨物と一緒に引かれる姿、模型で再現したくなりますね。

Re: No title

こんにちは。
熊谷線が廃線になったのは、S58.5.31でした。
もう30年近くの経ってしまい、時の流れるのは早いものですね。

熊谷線についても、そんなに多くないものの写真を撮影しています。
機会を見て紹介させていただきます。ありがとうございました。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。