スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救援車クエ7000型

 こんにちは。
鉄道ピクトリアル誌に事業用の車両の特集がありました。
それにちなみ、今回は事故救援車クエ7000型を紹介します。

クエ7000型は3210型の更新により不要となった車体を利用して制作されました。
クエ7001はモハ3240からS41.3にクエ7002はモハ3244からS46.6に改造され、3210型の面影を残す車両として貴重な存在でした。クエ7001が春日部検修区に、クエ7002が森林公園検修区に配置されていました。

7906.jpg
この写真はS54.6の撮影で春日部検修区のクエ7001です。クエ7001は春日部検修区の正門のすぐ左側のいつも同じ場所に留置されていました。

800202.jpg
森林公園検修区のクエ7002です。こちらは、廃車が早くS53.9.26付で廃車になっています。
撮影した時点では廃車となり、台車が外されていました。検査標記は杉戸工場になっています、検査のためにわざわざ78型に牽かれて秩父鉄道を回送したのでしょうか。S55.2.2撮影

続いて何年かに一度の検査入場で本線を走行した場面を紹介します。

189-820219-1.jpg
S57.2.19のことですが、杉戸工場にクエ7001が留まっているのが見えました。
午後になると7870+870が回送されて来て、今日は出場があるなと思い撮影した写真です。

189-820219-2.jpg
7870との組成が準備され職員が集まり、出場に向けた作業が行われていました。
この頃の杉戸工場は、73型や3000系の他に電機や貨車、熊谷線の気動車の検修も行っていて大変活気がありました。
S57.2.19杉戸工場

189-820219-3.jpg
回送列車の時刻が近づいてきたので、姫宮~東武動物公園間の撮影地に移動しました。2月という事もあり日が短くだんだん暗くなって行く中、早く来ないかとハラハラしながら待った記憶があります。
そのうち、870+7870+7001の編成がやってきました。

189-820219-4.jpg
クエ7001は自走出来きませんが、作業電源確保等に必要なためパンタを持っています。
羽生までの出場試運転は行われませんが、北春日部への回送が試運転を兼ねているのでしょうか。パンタも上がりモハ7870とジャンパ栓も繋がれています。クエ7000型は、73.78型の他に53.58.57型と総括制御が可能です。

189-820219-5.jpg
モハ7870の吊り掛けモーターの唸りも高らかに、870+7870+7001の編成が通過していきました。次に本線を走行するのは、おそらく次回の定期入場まで無いなと思いながら、シャッターを切りました。
S57.2.19 姫宮~東武動物公園 試8756レ

いつも同じ場所で昼寝しているクエ7001ですが、いざと言う時に備え検修区内でも検査を行っています。
月検査で一旦検修庫まで行き検査をします。区内での入換の様子を撮影しました。

431-840929-1.jpg
夕方、月検査を終えクエ7001が8579+8679に牽かれ検修庫から出て来ました。

431-840929-2.jpg
8579+8679に押されて所定の留置場所へ向かいます。区内の入換は総括制御の可否に関わらず、どの車両でも良いようです。

431-840929-3.jpg
転削庫を通過して留置場所へ押込まれます。この日はクエ7001の検査自体は早く終わっていたようですが、転削を行っていた車両がいたので入換作業が遅くなってしまいました。かなり暗くなってきて、撮影が苦しくなってきました。

431-840929-4.jpg
431-840929-5.jpg
8000系の押されて所定の留置場所へ着きました。S59.9.27春日部検修区での撮影です。

この後、クエ7001はS58.10とS60.9に杉戸工場へ検査入場しています。2年に1度の周期で検査を行っている様でした。この後の2度の検査入場の際も撮影を行っていますので、またの機会に紹介します。
クエ7001はS61.3.31で廃車になりました。廃車後も暫くの間、春日部検修区に留置されていましたが車体を切断のうえ北館林荷扱所へ陸送され解体されてしまいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

クエ7001が本線走行する写真は初めて拝見しました。
実車が現役の頃を知らない世代なので、春日部検修区内で8000系に押される姿は、想像が付かなかったです。
同じく杉工で検査を受けたキハ2000型は、伊勢崎線で本線試運転をしていたのでしょうか?
今のようにWebが普及していない時代、熱心に記録されていたことに頭が下がります。

Re: No title

 こんばんは。コメントをいただきありがとうございます。
キハ2000は、杉戸工場の構内で試運転を行ってから貨物列車に牽かれ熊谷線に回送され
妻沼機関区に到着後に本線試運転を行ったようです。
杉戸工場の構内で撮影させて戴いた写真や、熊谷線廃線後キハ2003の東武動物公園駅まで
の回送の写真があります。
機会を見て紹介させて戴きたいと思います。

救援車

こんにちは。
これ、北春日部にいましたね。

電車の中から車庫見ると一番奥に黄色いホロが目立つんで覚えてます。

東武にもクモルがあるんだな~とか小学生的に思ってました(笑)

東武の事業用車は本当に古い電車を改造した車両が多く、特に荷電のけたたましい
くらいに激しい吊り掛け音は耳に焼き付いています。

東上線の川越工場にも倉庫にされたふるい電車がありましたよね。
いい加減最後までツートンカラーだったの覚えています。

しかしあれから何十年過ぎたのか・・・・もう一度みたいと言う気持ちに火が付きますね。
管理人さんの画像記録には本当に頭が下がります。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。