スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東上用サボ掛について(7870型)

 前回、東上用サボ掛について7820型2両固定編成の本線転属後の状況を書きましたが、これとは逆に7870型は、7870、7871、7884の3編成を除き最期は森林公園に転属しています。当然のことながら森林公園転属後、東上用サボ掛の無かった車両にもサボ掛が設置されています。ここでは、東上線に転属前の本線配置時の状況について紹介します。
昭和59年1月1日現在、7870型は、最期まで森林公園を離れなかった7887、7888編成を除き本線の所属となっていました。館林に7870.7871.7883~7886.7889の7編成、新栃木に7872~7882の11編成が所属していました。

まず新栃木配置の車両ですが、7882編成を除き東上用サボ掛は設置されていませんでした。製造当初から本線配置の車両が多く東上線へ一時的に転属した車両が少ないためと思われます。

7882-115-560518.jpg
新栃木配置の中で唯一東上用サボ掛の設置されていた、7882-882の編成です。末期、新栃木には後パンタの7870型は、7881.7882の2編成のみ配置されていました。写真のモハ7882はS56.5.18西新井駅での撮影です。定期入場のため西新井工場に回送されてきた所です。

7878-455-591115.jpg
新栃木配置のモハ7878です。S59.11で新栃木の運用が8000系に置き換わり東上線に転属するところを撮影しました。この時点で東上用のサボ掛の設置は無く、森林公園到着後に工事が行わたれと思われます。S59.11.15 鷲宮

7880-391-590615.jpg
モハ7880です。7870型の前パン車のラストナンバーになります。この車両も新栃木時代は、東上用サボ掛は設置されていません。この編成は、S59.11.24に新栃木から森林公園に転属となっています。写真は、定期入場を終えて新栃木に回送されるところで、S59.6.15 松原団地~新田間での撮影です。

7872-475-600109.jpg

7872 7883-453-591113
新栃木配置のモハ7872です。この車両も東上用サボ掛は設置されていませんでした。上の写真は、S60.1.9西新井駅で撮影したものですが、7872編成は新栃木の運用終了後に直接森林公園には転属せずに一旦、春日部検修区転属しS60.2.8に春日部から森林公園へ転属になっています。この日、事故のため入場していたDRC1755-1756の修理が完了したため、全車組成して試運転を行うため7872-782+1754-1753-1752-1751の編成で西新井まで回送し、DRCを解放して春日部検修区に戻るところです。この時点で春日部検修区の78型は予備扱いで定期運用に入ることはありませんでした。
また、7883と並んだ下の写真を見ると良く分かりますがモハ7872はサボ受の位置が他車に比べ、かなり低くなっていました。渡板を上げるとサボが隠れてしまい、チョット間抜けな顔をしていました。写真はS59.11.13の撮影で新栃木の運用が8000系に置き替る寸前です。隣りのモハ7883はS59.6に春日部から森林公園に転属していて、この時は森林公園の配置で定期入場を終え森林公園に回送されるところです。

877-197-570405.jpg
これは、S57.4.5に西新井で撮影した、新栃木時代のクハ877です。東上用サボ掛は設置されていません。この7877編成は、前記の7880編成と一緒に森林公園へ転属しています。定期入場のため西新井工場に回送されてきたところです。西新井駅は上り方から工場に入れないため、一旦鐘ヶ淵まで行き下り線から到着して工場に入ります。

続いて、春日部・館林配置の7870型の東上用サボ掛の設置状況ですが、こちらは東上線と行き来した車両が多く、設置されていなかったのは、7870.7871.7886.7889の4編成で7883~7885の3編成には設置されていました。

7871-188-570219.jpg
モハ7871でS57.2.19春日部駅での撮影です。この編成は東上用サボ掛は設置されていません。この車両は7870型の中で最も早くS59.4に更新入場しました。

871-362-590328.jpg
モハ7871の相棒であるクハ871です。S59.3.28北春日部駅での撮影です。東上用サボ掛は設置されていませんがモハ7872ほどでは無いですが、サボ受けの位置が低く間抜けな顔をしています。この数日後に更新入場してしまいました。

885-376-590505.jpg
これは、東上用サボ掛の設置されているクハ885です。S59.5.5 東武日光駅での撮影です。GWの臨時快速運用に入ったところです。

7886-127-560714.jpg
かつて東上線所属の時期があったにもかかわらず、東上用サボ掛の設置されていなかったモハ7886です。S56.7.14 鐘ヶ淵~堀切間での撮影です。この7886編成は前記の7885と一緒に新栃木所属車より一足早くS59.7.14に森林公園に転属しています。

889-111-560603.jpg
クハ889で、S56.6.3姫宮~東武動物公園間での撮影です。この車両も東上線に配置されいたことがありますが、東上用サボ掛は設置されていませんでした。このクハ889はサハ803の更新時に台車交換を行い、NL-1台車を履いていました。

7303-611-601219.jpg
最後は、7870型では無いのですがモハ7303の写真で、廃車後のS60.12.19杉戸工場での撮影です。他の記事に書いている通り、この車両はS59.3に伊勢崎線の通学臨電用として森林公園から春日部検修区に転属しています。6両編成での転属で、7310-310+7303-305-7305-303の編成でしたが本線転属の際に東上用サボ掛は設置東上用サボ掛は撤去されています。先頭に立つ7310と303は沢山写真を撮影していますが、7303と310は中間に封じ込められたままで本線転属後は一度も顔を出すことはありませんでした。解体前に単独で留置されているのを撮影したもので、7303.310とも先頭に立つ事はありませんでしたが、東上用サボ掛は撤去されていました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。