スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

73.78型のサボ受けについて

 こんばんは。
今回は、73.78型のサボ受けついて質問がありましたので紹介したと思います。
自分自身では5種類のタイプを確認しています。

1-188-861.jpg
一番多いタイプは、1枚だけ入れられるものですが上部にも横桟がありクリーム色(車体色)に塗装されています。このタイプが一番多く存在しました。写真はクハ861でS57.2.19春日部駅での撮影です。

2-188-831.jpg
これは、上記と同じタイプのものですが、ステンレス製で無塗装でした。クハ831のみで確認しています。S57.2.19春日部駅での撮影です。

3-187-886.jpg
このタイプも案外と多く存在しました。1番目と同じで1枚用で塗装されていますが、上部の横桟がありません。クハ886でS57.2.18に鐘ヶ淵駅での撮影です。

4-187-863.jpg
これは、前回紹介したクハ310と同じタイプで、厚みがあり複数のサボを収納出来るとようになっています。写真はクハ863でS57.2.18鐘ヶ淵駅での撮影です。この編成はモハ7863もクハと同じタイプのサボ受けでしたが、モハクハともこのタイプのサボ受けで揃っていた編成は僅かだったと記憶しています。

5-176-7821.jpg
これは、クハ863や310と同じで複数枚のサボを収納出来るタイプですが、上部の横桟がありません。このタイプはモハ7821のみ確認しています。7821は、常に中間に組成されていたため、学生等のいたずらで上部の横桟を折られた可能性もあります。当時の伊勢崎線沿線の高校生のモラルは最低でした。S57.1.25館林検修区での撮影です。

次にクハ310と同じタイプのサボ受けを持つ車両を紹介します
11-115-7882.jpg
モハ7882です。S56.5.18西新井駅での撮影です。当時は新栃木検修区の所属でした。
8-118-323.jpg
クハ323です。S56.6.10森林公園検修区での撮影です。この編成は森林公園で一番最初に廃車になった73型です。この撮影の翌日に杉戸へ廃車回送されています。また。7329編成とともに旧63型の車体から最初に更新された車両でもあります。
9-134-316.jpg
クハ316です。S56.8.8志木駅での撮影です。この編成も7323編成廃車あとに2番目に廃車されました。S57年度末で7329編成とともに廃車されました。
12-169-7823.jpg
モハ7823です。S57.1.12羽生駅の撮影です。この編成は7820型で1番早く更新されています。

10-209-870.jpg
クハ870です。S57.6.7越谷駅での撮影です。この編成も7870型で一番新しい車でしたが、最初に更新されてしまいました。

最後にクハ310の入場前と入場後の変化を記録した写真です。
6-247-310.jpg
この写真は前にも載せましたが、クハ310が杉戸工場に入場する際の写真です。S57.2.7羽生駅の撮影です。良く見ると1枚用に薄型のタイプのサボ受けを付けています。
7-250-310.jpg
同じクハ310ですが、出場回送の時の写真です。S58.2.23東武動物公園駅での撮影です。出場後サボ受けが複数枚収納の厚いタイプに交換されています。なぜサボ受けを交換したかは不明です。もしかすると前年に廃車の316、前々年に廃車の323ともに杉戸に回送されて解体されていますので、廃車発生品の貫通ドアごと交換されているかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

先日のコメントにお応えいただいた記事に感謝します。
数々のバリエーションがあったんですね。とても参考になります。
上部の横桟が無いタイプは、8000系原型や3050系でも見た事があるのですが、
いずれも悪戯による後天的な物なんでしょうね。
クハ831のステンレス無塗装は初めて見たので、衝撃的でした。

73.78型のサボ受け

 こんばんは。
コメントをいただき、ありがとうございます。

1枚用の薄いタイプのもので横桟が無い対応のものは、元々の横桟が無かったと思います。
複数収納の厚いタイプのものは、横桟が無いのは1両だけです。
しかも横桟が無いとサボがかなり、不安定なため折られてしまった可能があります。

この7821も館林時代は常に6両編成に中間に組まれていて顔を出す事は
ほとんどありませんでした。館林検修区の脇を通ると7821が4両で留置され
パンタが上がっていました。検修事務室でお願いすると当時は快く撮影の許可
をいただくことが出来ました。

No title

運転台前の窓の下の通風孔がついているのは、クハのみなのでしょうか。これがないと、真夏の運転士さんは暑かったでしょうね。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。