スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モハ7800型中間車

 こんにちは。
7800系の中間車のの掲載希望がありましたので写真を探しました。
今回はモハ7800型を掲載します。モハ7800型で中間車に改造されたのは、7802.7803.7804.7805.7816の5両です。これらの車両は事故復旧を期に中間車改造されいます。そのため、パンタの引通しが第二エンドまで廻っているものはありません。また、モハ7803に限っては中間車化前にパンタを2エンドに移設していますので、他の車とパンタの位置が違います。

7803(790607).jpg
これは、モハ7803です。パンタが第二エンドに移設されています。 S54.6.7森林公園
最後まで森林公園検修区の所属でしたが、更新後は5152編成に生まれ変わりました。

7804(7906).jpg

7804(7906)2.jpg
上の2枚はモハ7804です。この編成は、末期は森林公園の配置でしたが、7814編成の更新後館林検修区へ転属して更新までの間、本線で使われました。S54.6 幸手
この年の秋、更新のため西新井工場に入場し、5151編成に生れ変わりました。

7805(810703).jpg

7805(810703)2.jpg
これは、モハ7805です。この車両は両側から撮影しています。S56.7.3 羽生
この編成は最期まで、森林公園検修区の所属でした。写真は更新のため、秩父鉄道を経由して西新井工場に入場するところです。更新後5153編成に生まれ変わりました。

7814(7906).jpg
最後は、モハ7816です。この編成は末期は、館林検修区に配置されていました。S54.5に更新修繕の種車となり西新井工場へ入場し解体されました。写真は西新井工場内に入れていただき撮影したもので、解体中の悲しい写真です。S54.6の撮影です。この編成は早い時期に更新され5102編成に生れ変わっています。

残念ながら、モハ7800型の中間車は写真も少なく、7802に至っては撮影していません。前にも述べました通りモハ7800型の中間車は事故復旧を期に早い時期に中間車化改造さいるため、パンタの引通しが第二エンドに廻っている車両はありません。7820.7860型はATSの取付の際ぬ運転台機器を撤去して暫定中間車となり、その後に完全中間車に改造されたため、パンタの引通しが中間車のもかかわらず、第二エンドの廻っている車があります。また、時期を見てこれらの車両も紹介していきます。

最近、若い方のHP等を見ると野田線のクハ8400とモハ8500で運転室機器を撤去している車両に対し、運転台撤去を間違った記載が多く見うれられます、運転台撤去車は完全に運転台を撤去してサハ8700、モハ8800に改造された車両のことを言います。10000系、30000系でも形式はサハになっても運転室が残っている限りは、運転台撤去車とは言えません。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

それほど車体が傷んでいるようには見えませんが、やはり木部は傷んでいたのでしょうか?今の8000系よりも状態は良いように見えます。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。