スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S50年台の越谷駅

 こんにちは。 
越谷駅に関するコメントをいただきました。私も父の実家が越谷市にあり、父の実家に向かう際に越谷駅から岩槻行きの東武バスを利用したので想い深い駅の一つです。越谷そして、私の最寄駅の草加とも高架複々線化で昔の面影はありません。

5608182.jpg
写真は越谷駅本屋の写真です。以下の写真は全てS56.8.18の撮影です。

560818.jpg
木造の駅舎が懐かしいですね。

5608183.jpg
これは、線路側から見た本屋(改札口)の写真です。有人改札で駅員が改札口に座っています。
昭和40年台ですが、父の実家から帰る際に改札口の脇にダンボール箱に入れた、ひよこが「ぴよぴよ」鳴いていたのを覚えています。たぶん、荷電に積み込むために置いてあったのかと思います。

5608184.jpg
最後はホームの写真です。越谷駅は5本の線路があり、上り2線と下り3線でした。ただし、ホームのある線路は3線しかなく上りは1線、下りは2線だけでした。上下ともホームの無い退避線が1線ずつありました。貨物列車が数多く運行されていたためでしょうか。貨物列車や、試運転列車、回送列車が良く停車していました。
写真は下り副本線から発車するクハ829と上り本線を通過するED5060型の貨物列車です。

今から30数年前の懐かしい写真です。ちょうどこの数年前に高校を卒業し、社会人となり本格的に写真を撮り始めた頃です。電車撮影の合間に駅舎や駅前の風景などを撮影したものが少しありますが、これらの写真の方も電車同様とても懐かしさを感じ、シャッターを押しておいて良かったと今になって感じています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Re: 初めまして!

 こんにちは。コメントありがとうございます。
パンタ配管というと上から撮った写真でしょうか。
上から撮った写真は少なく、中間車については1枚もありませんでした。

7820型や7860型に先頭車や7300型なら上からパンタ周りを撮った写真が
少量ながらありました。7800、7820、7860型は中間車に封じ込めらた時期の
違いにより、屋根上のパンタの引き通し管の処理が車番毎の違います。
中間車の形式写真は、7802と7814と7862を除き撮影しています。
但し、パンタの引通し管が分かる位置からの撮影ではありません。
もし、よろしければ掲載を検討します。(時間がかかるかと思いますが)

ありがとうございました。

 越谷駅の写真をアップしてくださり、ありがとうございます。私が子供だった頃、親に連れられて電車に乗った時の駅舎は、まさにこれです。駅前、建物とバス乗り場が暫定的にガードレールで整理されていた、第二期のものですね。次の駅舎は昭和58年頃に出来たと思うので、その時に少し前までのロータリーになったと思います。
 この駅舎の頃、荷物電車が新聞を落としていったり、速い速度で通過する「快速電車」を、「海賊電車」と聞き間違えたりと、色々な思い出があります。欅の木のあたりには、公衆電話と公衆便所がありましたっけ。

今まさに越谷駅のロータリーが工事中ですが、奇しくも当時のロータリー(広場)と、旧ロータリーの残骸の広さが同じ広さになっています。

各駅停車

勝手(幸手)行き
byナナハチ

今の越谷駅とは全然違う感じですね

ひとつ先の北越谷駅なんかは十数年前まで非常にボロい駅でしたね


プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。