スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通学臨電モハ7310+モハ7303・05

 昭和58年の12月に森林公園検修区の検修事務室を訪ねると、12月23日付で73型が18両廃車になるとの情報をいただきました。でも森林公園配置の73型は全て4両固定なので18両は半端だなと思いました。詳しく廃車の車番を聞いてみると7300、7315、7326、7328の4両固定4本と中間車の7313+315が廃車になることが分かりました。
なぜ中間車だけ廃車にするのだろうと疑問に思いましたが、その時はそれ以上の情報はありませんでした。中間車が廃車となった7310+310は、7848+848と組んで4両編成で越生線や東上線の北部ローカルに使われていました。
そんな中で、年が明けた2月に再び森林公園検修区を訪ねると10000系の代替新造により残った73型は3月末で全て運用を終了することが分かりました。また、前回廃車となった18両は杉戸工場には回送されず、森林公園検修区の構内で解体されていきました。間もなく、運用終了となる3月に残った73型14両のうち7304、7325は廃車7310と7303・05の6両は本線転属のうえ、夏までの間通学用臨電に使うとの情報が入りました。本線で73型の6両編成が走る、居ても立ってもいられません。転属回送の日を確認すると3月28日であることが分かりました。
7310
写真は、秩父鉄道の熊谷~持田間を羽生に向かう7310+310+7303+305+7305+303です。S59.3.28の撮影です。春日部区に到着後、春日部検修区の検修事務室に運用を聞きに行きました。最初は本社から臨電以外の運用に入れても良いと言われていたが、臨電運用限定で使うことになったとのことでした。

7310 1716
写真は、春日部検修区の構内でモハ1716と並ぶモハ7310です。検修区の裏手から撮影したもので、S59.4.16の撮影です。4月9日から73型使用の通学臨電の運用が始まりました。

7310 久喜
写真は久喜駅に進入する通学臨電5433レです。S59.6.19の撮影です。

7310 動物公園
通学臨電5433レは回送で7:41に北春日部駅を発車し、東武動物公園に4分停車しここから客扱いを行います。終点の加須には8:12に到着し、約1時間20分間停車し回5544レで北春日部に戻ります。運用はこれだけで終わりです。また、7月20日までの限定運用でした。この時期、伊勢崎線の沿線に新設高校が多く開校し混雑が酷くなったため、次のダイヤ改正までの間(1学期の間)急遽73型が通学臨電に使われたのでした。写真は東武動物公園駅に停車中の5433レモハ7310他です。S59.7.19の撮影です。

303
最終日の7月20日数人のファンに見送られ、73型は最期の運用に就きました。当時はネットなどありませんので集まったファンは、今と違い本当に73型が好きな人ばかりでした。加須駅では、ファンお手製のヘットマークを付け最期の花道を飾りました。写真はS59.7.20最終日の撮影です。S21に東武鉄道に配置されてから、38年間の活躍でした。臨電終了後、7310+7303.05は春日部検修区に留置されていましたが、S59.8.20杉戸工場に廃車回送され73型の活躍に幕を閉じました。S59.3末で廃車された森林公園の73型達も森林公園で解体されること無く、以外な形で本線に戻ってきています。これについては、機会がありましたら書きたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。