スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クハ806

 今回は、クハ806を紹介します。
クハ806は、昭和28年にナニワ工機で製造されました。昭和36年の事故復旧の際に全面の窓をクハ820型並みに大型化しています。写真は春日部検修区で撮影したクハ806です。
春日部区配置の2両固定編成は、下り方に連結されるためクハが先頭に出る事はほとんどありません。
準急宇都宮行の運用で新栃木駅で下り方2両を増解結するため、新栃木駅~新栃木検修区の間か前に書いた通勤快速東武日光・東武宇都宮行の運用で、宇都宮線内を走行する時位しか無く中々撮影できません。
稀に2両固定×2の4両で4両運用に入ったり、ゴールデンウイークや秋の臨時快速で鬼怒川線に入線することもありました。
Tc806 2
この写真の撮影はS56.12.28でこれから更新のため、西新井工場に向かうところです。
更新入場のため2両編成となり、クハ806の顔が出ました。

Tc806 1
この後、北春日部駅へ向い午後の入場スジ(8248レだったと思います。)で西新井工場へ向かいました。
写真は北春日部駅に据付けられ発車を待つ、クハ806+モハ7806です。
更新修繕により、クハ806+モハ7806は、クハ800+モハ7800と伴に5154編成に生まれ代わりました。

Tc806 3
また、このクハ806+モハ7806は上記の事故復旧の際に貫通ドアの撤去及び広幅化を行っています。
事故復旧時には7870型が新製されているため、7870型に倣い貫通路を広幅としたのでしょうか。
写真はモハ7806側から見た貫通路です。S56.12.22太田

Tc806 3
連結面を外側から撮影した写真です。妻面の窓が狭くなっているのが分かります。
S56.12.28 春日部検修区

Tc807
参考としてクハ807の写真も掲出します。クハ800型はこの様に全面の窓が、クハ820型などに比べ小さくなっています。この写真と比べるとクハ806の全面窓が大きく改造されているのが解ると思います。
写真はS56.7.3の撮影で、森林公園区所属の807+7805+805+7807が更新のため西新井工場に入場するところで西新井駅での撮影です。この編成は更新修繕で5153編成に生まれ変わりました。
次回もお楽しみに。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。