スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8000系東武顔車両(原型顔)の紹介 第7回

 こんにちは。
また、続けて更新します。もう8000系の東武顔はうんざり、旧型電車をやって下さいとのご意見のあると思いますが、も少しお付き合い下さい。

L063-32-8603.jpg
S61.4.25 栗橋~新古河 234ㇾ8545他
渡良瀬川の土手をバックに新栃木の8000系がやってきました。手前の川が旧川と言い渡良瀬川の旧流です。
8545編成は新栃木の8000系の中で唯一、館林からの転入車でした。更新によりモハ8845とサハ8745に改造され8145編成の中間に組み込まれ、野田線で使われています。

8154-810607.jpg
S56.6.7 森林公園 8164+8264+8364+8764+8864+8464寄居発急行池袋行
矢印式の方向幕も懐かしい、寄居~池袋間の急行です。この後のネガにも寄居発の急行池袋行が写っていますが、こちらは、803+7817+817+7803+842+7842の編成でした。

304-8-8619.jpg
S58.8.15 新田~蒲生 3060ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」8619+8519+8445+8345+8245+8145
春日部検修区の8000系の運用です。3060ㇾは、折返し221ㇾの通勤快速「東武日光・東武宇都宮」行になるたなめ5050系や78型で運転される事が多かった列車です。この日は8000系でガッカリしたのを覚えています。

307-27-84100.jpg
S58.8.28 西新井工場 84100、7835
西新井工場に入れていただき、撮影したもので森林公園から入場していたクハ84100と館林から入場してた7835が並んでいました。7835は検査入場で更新は翌年の4月でした。

307-19-8659.jpg
S58.8.28 西新井工場 8659+8559
ことらも前の写真と同じ日の撮影です。8559編成は森林公園検修区の車両ですが、冷房改造のため入場していました。遠くにモニ1473も姿が見えますが、現行色のセイジクリームにブルーの帯を巻いた試験塗装になっていました。

349-26-8135.jpg
S59.3.11 北坂戸~東松山 9ㇾ「むさしの」8135+8235+8335+8435+8119+8219+8319+8419+8511+8611
10両編成ですが、4両しか入っていません。これは、この後に来る越生線の回送列車を撮るためにアングルを決めていたからです。この後、回4002ㇾで310+7310+847+7847を撮影しました。

350-21-8606.jpg
S59.3.13 東松山~森林公園 1205ㇾ8606+8506+84106+83106+82106+89106+89105+83105+82105+81105
この写真も越生線の回送列車を撮影の際に撮ったものです。坂戸から回4001ㇾ7851+851+7887+887がやって来ました。

398-27-8653.jpg
S59.7.11 羽生 350ㇾ8653+8553+8426+8326+8226+8126、回8346ㇾ7848+848+7304+362+7308+361+7887+887
第1回目で7.9の7325編成回送の際の並び写真を紹介しましたが、7.11は7304編成ですが、控え車7848も350ㇾの8653も同じでした。

402-32-8601.jpg
S59.7.19 春日部 回8346ㇾ8601+8501
森林公園所属の8501編成の、西新井工場への回送です。サボ受けに急行・準急のサボが裏返しにして入れてあります。サボが入っているところを見ると、入場でなく他の車両を迎えに行くのでしょうか。

410-7-8673.jpg
S59.8.5 牛田 654ㇾ8673+8573+84108+83108+82108+81108、221ㇾ7838+838+7845+846+7846+845
幸手発の各駅停車8673と通勤快速7838が並びました。通勤快速は春日部検修区の運用ですが、S58末に更新のため春日部の78型の配置が無くなり、78型が通勤快速に入ることは無くなりました。S59.5に館林の78型が全車春日部に転入し、更新や森林公園転出までの僅かな期間78型の通勤快速が復活しました。この編成は7820型で統一された綺麗な編成です。

491-27-8552.jpg
S60.2.20 西新井~竹ノ塚 241ㇾ8552+8652+8557+8657+8559+8659
新栃木の8000系による東武宇都宮行です。今では、浅草口で東武宇都宮行の方向幕が見れるのは特急「しもつけ」号だけです。普通電車だと南栗橋まで行かないと東武宇都宮行は見れません。それも朝の1本209ㇾは新栃木の8000系です。

500-32-8618.jpg
S60.3.6 松原団地~新田 839ㇾ8618+8518+8668+8568
春日部検修区の4両運用に入った、ブツ4です。高架複々線工事のため線路脇が用地買収され更地になっています。

500-33-8616.jpg
S60.3.6 松原団地~新田 試7853ㇾ8616+8516
前の写真と同じ日の撮影です。この列車は西新井工場の出場試運転では無く、動揺測定の試運転列車です。

509-36-8558.jpg
S60.3.20 新越谷 839ㇾ8558+8658+8508+8608
春日部検修区のの4両運用です。この運用は、同じ車両が長期間入ることは少なく数日で入換えがありあました。普段顔が出ない8500や8400など翌日に撮影に行くと、もう番号が変わっていることが多かったと思います。

542-15-8508.jpg
S60.5.24 和戸~久喜 452ㇾ8508+8608+8516+8616
これも春日部検修区の4両運用で、この日は8508が浅草方の先頭でした。8500型は、4両運用の他に亀戸・大師の運用でも捉えることが出来ました。

542-30-8458.jpg
542-31-8158.jpg
S60.5.28 竹ノ塚 3037ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」8458+8858+8758+8358+8258+8158
8158編成はS47アルナ工機製です。今でも野田線で頑張っています。本線から8000系が消え6両固定は野田線のみで、60000系の増備や10000系の転配が進めば8700.8800もお役御免でしょうか。

545-13-8576.jpg
S60.6.7 草加 回D6025ㇾ8576+8676
亀戸線の運用を終え、春日部検修区に帰る回送列車です。草加駅の高架線の工事が進んでいますが、まだ地上のままです。

546-30-8117.jpg
546-31-8417.jpg
S60.6.14 姫宮~東武動物公園 546ㇾ8117+8217+8317+8417
この日の4両運用は、4両固定の8117編成でした。この編成は殆ど春日部を離れることなくH21に廃車になっています。

556-5-8118.jpg
S60.6.24 北春日部 838ㇾ8118他、回8346ㇾ872+7872+874+7874
森林公園の7872.7874の更新入場です。森林公園の車両とは言っても、元は新栃木に所属し本線に馴染み深い車両です。7872は半年前にDRC1751編成と併結して走ったのも記憶に新しいところでしたが、お別れです。

592-2-8488.jpg
592-3-8187.jpg
S60.10.7 東武動物公園 回8341ㇾ8484+8384+8284+8984+8983+8383+82838183、下は8483と1117T2107森林公園の8000系8両固定編成の出場回送です。8483と2107が顔を揃えましたが、同じ8両固定でも普段は顔を会わすことはありません。

602-8-8538.jpg
S60.10.31 西新井 1002Dㇾ8538+8638
8538編成はピカピカです。それもそのはず、10.26に西新井工場を出場したばかりでした。この時点で新塗装は、8543.8542とこの8538でした。

641-19-81117.jpg
S61.4.21 東武動物公園 740ㇾ81117+82117+83117+87117+88117+84117、147ㇾ6111+62116116+6216+6158+6258
同じ東武顔の8000系、6000系ですが前照灯や上部灯の位置などが微妙に違いますね。

642-14-8560.jpg
S61.4.25 栗橋~新古河 215ㇾ8560+8660+8556+8656+8557+8657
新栃木の8000系ですが、下り方の2両8557編成のみ新塗装になっています。利根川の土手で新古河方です。新古河駅からここまで徒歩で約1時間です。

674-4-8645.jpg
S61.8.31 幸手~南栗橋 213ㇾ8645+8545+8652+8552+8660+8560
新塗装をサンドイッチした混色編成です。この数日前の8.26に南栗橋駅が開業しました。

710-23-8118.jpg
S62.2.17 谷塚 回8346ㇾ8118+8218+8318+8418
館林検修区の8118編成の西新井工場への入場回送です。谷塚駅も高架線になっていますが、複々線にはなっていないで退避線がある暫定的な配線です。

713-2-8557.jpg
S62.3.18 野州大塚~壬生 213ㇾ8557+8657+8545+8645
以前紹介した写真は、2枚とも混色編成でしたが今回は4両とも新塗装になっています。前回の写真で旧塗装だった8545編成もS61.9.13に新塗装となり、西新井工場を出場しています。

717-29-8677.jpg
717-30-81107.jpg
S62.4.22 鷲宮~花崎 539ㇾ8677+8577+84107+83107+82107+81107
モニ1473の杉戸工場出場試運転を撮影しに行った際に、撮ったものです。モニ1473が入場している間、西新井工場入換の代替車として館林検修区の3050系2両固定が貸し出されていました。

720-13-81117.jpg
720-14-8172.jpg
S62.4.29 和戸~久喜 上443ㇾ81117+82117+83117+87117+88117+84117、下448ㇾ8172+8272+8372+8772+8872+8472
旧塗装から新塗装への過度期にあたり、やって来る車両の色が違い待っていても楽しい時期でした。

738-11-8138.jpg
S63.1.10 草加 8138他
臨時快速の運用を終わり、北春日部へ帰る回送です。大きな「回」の字のみのサボが入っていますが、以前は57型が回送の時にこのデザインのサボを付けていました。

740-18-8472 8404
S63.1.19 草加 左各駅停車東武動物公園行8472+8872+8772+8372+8272+8172、右準急伊勢崎行8404+8804+8704+8304+8204+8104
草加駅も高架線になりましたが、仮ホームです。マンション等も殆ど無く、高い建物はディマートしか写っていません。

753-14-8456.jpg
S63.5.30 西新井工場 8456他
西新井工場に入場中の森林公園8156編成です。メモもを見ると5.10に入場して6.3に森林公園に帰っていきました。8156は東上線を出る事無く廃車になっていて、本線には馴染みの薄い車です。
この日西新井工場に居たのは、定期検査で新栃木の8559、七光台の3125、春日部の2113でしたが、その他改造中の七光台2181や更新工事で春日部の8101、森林公園の8114の姿も見えました。

757-24-8676.jpg
S63.8.19 草加 8676他と並ぶ929T2117他
草加まで高架複々線が完成し、草加駅も綺麗になりました。2000系の「草加」行も懐かしいですね。
来年、竹ノ塚付近の高架線工事のため竹ノ塚駅の折返し線が一部撤去されるのに伴い、昼間の竹ノ塚折返しの浅草行が草加折返しになるらしいです。また「草加」のサボが見られそうです。

780-1-81114.jpg
H1.2.1 姫宮~東武動物公園 回6413ㇾ81113+82113+83113+87113+88113+84113+8137+8237+8337+8437
回送とは言え、8000系の10両編成は壮観ですね。

780-7-8556.jpg
H1.2.1 姫宮~東武動物公園 215ㇾ8556+8656+8559+8659+8557+8657
新栃木の8000系ブツ6です。この2両固定の3本は既に廃車となています。他の固定編成に比べ2両固定は廃車が進んでいます。

781-18-8552.jpg
H1.1.23 谷塚 240ㇾ8552+8652+8554+8654+8545+8645
これも新栃木の8000系ですが、この日は2102編成の西新井工場への回送を撮影に来ました。この後に回8248ㇾで2102+2202+2352+2252+2552+2652+2302+2402が西新井工場へ向かいましたが、廃車前提にため列車無線等は既に外されていました。2552+2652は2080系改造のため、西新井工場で外され他の6両は2.1に北館林に廃車回送されました。

786-32-8116.jpg
H1.3.8 草加 823ㇾ8116他、1124T2109他
雪の草加駅で8000系と2000系が並びました。この時、2000系は廃車が始まっていて2109編成もH4.4に廃車になっています。

793-28-8642.jpg
H1.5.5 柳生~藤岡 251ㇾ8642+8542+84109+83109+82109+81109
この頃になると、更新が進み新しい顔の8000系も増えてきました。板倉東洋大学前駅はまだ開業していません。

今回も8000系の東武顔を紹介させていただきました。今回は40枚以上になってしまい見る方も、ウンザリするかと思います。最期までご覧下さいました方、ありがとうございました。
あと2週間程で、8000系の鉄コレが発売ですね。どんな編成にしょうかと楽しみなところですが、やはり4+2の6両編成が本線系統では一般的ですね。
次回は8000系東武顔の最終回です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

新塗装ですが東上線では8155Fが最初だったでしょうか。科学万博の年でもありコスモ星丸のステッカーがドア窓に付いていました。
さて森林公園配置の8164Fですが、61~63とは仕様が異なりドア挙動の音は無塗装ドア車と同じだったり、CP向きも90度方向が違うなど特徴ありました。(8565Fも同じだったか???)
後に8165Fと比べる機会できましたが、こちらのドアは旧仕様のままであり余計に64編成の特異点を思い出す次第です。

新塗装

新塗装への切り替えで、東上線ではどれが一番だったのか、私は残念ながら記録していないのですが、当初は川越工場で塗り替えていたせいか、長い編成には対応できず、同じ頃に入場した8162F(?)はセイジクリームで、8511Fは新色で出場しましたね。
8164Fが登場したときは、初めてのセイジクリームでまぶしかった思い出があります。
色としてはオレンジベージュが好きでしたが、暗かった色が明るくなったのも事実だった気がします。
8156Fは、東上線初めての冷房車ということで、また思い出があります。窓にあった『冷房車』のステッカーが誇らしげでしたね。
東上線の池袋口では、8000系はもはや3編成のみですが、フル稼働している姿にうれしく思います。

Re: No title

 こんにちは。
12号線様、コメントありがとうございます。

8155編成はS60.10.18に川越工場を出場しています。その時に新塗装で出たかどうかは記憶していません。
西新井工場では、最初の新塗装8543編成がS60.9.26の出場してからも新塗装は2両固定ばかりで、4や6両固定が新塗装で出場するようになったのは、かなり後だったと思います。川越工場の方は10月の時点で新塗装に対応していたのか不明です。

Re: 新塗装

 こんにちは。
jiuliu様、コメントありがとうございます。

8511編成はS61.1.14に川越工場を、8162編成はS61.1.24に西新井工場を出場しています。「とれいん」誌の山賀さんの記事にもあるように、4・6・8両固定が新塗装で出場するようになったのは、2両固定よりかなり遅くなってからでした。正確にどの編成から新塗装になったかは記録していません。かなり奥が深いですね。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。