スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8000系東武顔車両(原型顔)の紹介 第3回

 こんにちは、今回は8000系の東武顔車両の紹介が好評のため、続けて更新致します。
ランダムに選んだ写真なので、前回と同じ様なものや以前に使用したものが出てきます。ご承知置き下さい。

610317-234-8556 8552 8554
S61.3.17 姫宮~東武動物公園 234ㇾ8556+8656+8552+8652+8554+8654
新栃木検修区所属の8000系の混色編成です。

110-7-81107.jpg
S56.4.29 春日部 81107 新製がS56.3なので新製からわずか1ヵ月の姿です。73型の置換え用として新製されたグループです。館林の73型8両と森林公園の73型4両の12両が置換えのため廃車になっています。

127-18-8150.jpg
S56.7.14 鐘ヶ淵 回8347ㇾ8150+8250+8350+8450
森林公園の8000系ですが、冷房改造のため西新井工場に入場するところです。当時8000系の冷房改造は急ピッチで行われていました。西新井工場内の津覇車輌の他にアルナ工機などにも輸送され冷房改造の工事が行われています。

8557-7904.jpg
S54.4 西新井工場 工場内の津覇車両で冷房改造が行われてました。入場中の車両は8557編成と思われます。
線路上に大量に置かれている台車は、1701及び1711編成から取り外したFS308台車です。白帯車からの更新である1701・1711は白帯車から流用のFS308台車を履いていました。FS308はコイルバネのため乗り心地が悪く、サロンルームにあったジュークボックスの針が飛んだりしたそうです。S53末からS54にかけてDRCと同じFS334に台車交換を行っています。

L002-25-8704-8135.jpg
S52.4 西新井~竹ノ塚 冷房改造のためアルナ工機に送られる8135編成の甲種輸送です。ED5060型に牽かれ久喜経由で尼崎を目指します。

152-2-8144.jpg
S56.10.3 西新井工場 8142編成のアルナ工機への甲種輸送のため貼られた車票です。貨車の場合、車票差しがあり厚紙で出来た車票を入れますが、電車の場合写真の様に表示してました。当時、国鉄の貨物輸送はヤード系の輸送でした。操車場を通過する際の「坂追通過禁止」なども書かれています。

134-2-8673.jpg
S56.8.7 牛田 新製後間もない8673が最古参の7801と並びました。7801は221ㇾ通勤快速「東武日光・東武宇都宮行」で7801+801+7833+834+7834+833の編成でした。

270-13-8457.jpg
S58.5.1 草加~松原団地 5433ㇾ「かば園長」号8457+8857+8757+8357+8257+8157
東武動物公園への臨時列車で、今は亡き西山園長のイラストのヘットマーク付で運転されていました。

271-20-8112.jpg
271-21-8601.jpg
S58.5.12 上熊谷~石原 回8002ㇾ8112+8212+8312+8712+8812+8412+8501+8602
S58.5いっぱいで廃線となる東武熊谷線を撮影していると、8112編成の西新井工場への入場回送がやってきました。秩父線を通る回送には8501編成が連結されていました。ATS設置前であり現在の8505等の連結とは意味が違っていたようで誘導障害対策と聞いたことがありますが、詳しいことは判りません。8501は羽生で戻ることなく西新井まで連結されていました。

382-19-8170.jpg
S59.5.26 栗橋~新古河 回6249ㇾ8170+8270+8370+8770+8870+8470
北春日部~新栃木間の定期回送列車です。新栃木検修区に入区後、午後の準急浅草行に充当されます。

383-20-8658.jpg
S59.5.26 春日部検修区 左から8658、7870、12201
8000系のファンには申し訳ないですが、この頃私にとって正に主役は73.78型で8000系や10000系は脇役でした。

384-11-8172.jpg
S59.5.30 栗橋~新古河 回5039ㇾ8172+8272+8372+8772+8872+8472
回5039ㇾは東武日光から団臨3056ㇾの送り込みです、3056ㇾは浅草到着後559ㇾで太田へ行きます。そのため、臨時列車運転日以外は、3056ㇾのスジで北春日部~浅草間の回6558ㇾが設定されていました。

393-2-8402.jpg
393-3-8102.jpg
S59.5.20 上今市~東武日光 5035ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」8402+8802+8702+8302+8202+8102
下り方はマークはありませんでしたが、上り方のみ「たびじ」のマークが付いていました。こちらのスジは、540ㇾ浅草到着後に業平橋入区となる運用を利用して5035ㇾ~5054ㇾで東武日光を1往復し、浅草に戻ると649ㇾ幸手行となります。

454-32-8601.jpg
S59.11.14 羽生 回8346ㇾ8601+8501+5401+5301+5201+5101
新栃木の78型が森林公園に転属し、森林公園の5000系が春日部に転入してきました。この時点で5101.5102は冷改済、5501は冷改入場中、5502は非冷でした。この日は5101編成の回送に8501がついてきました。前の73型の売却回送の時と同じく、伴車の8601が東上の種別のサボを入れたままです。

458-5-8425.jpg
S59.12.2 西新井工場 8425+8325+8225+8125
館林配置の8125編成が西新井工場に入場していましたが、方向幕が面白かったのでシャッターを切りました。

476-18-8670.jpg
476-19-8653.jpg
上S60.1.12 西新井 右D1302ㇾ8670+8570、左試7307ㇾ1756+1755+1754+1753+1752+1751
下S60.1.12 西新井 右247ㇾ8653+8553+8428+8328+8228+8128、左試7307ㇾ1756~1751
前に57型の特急代走を紹介しましたが、踏切事故で復旧を行っていた1756編成の試運転です。本来DRCの試運転は午前中に西新井を出て新鹿沼を往復しますが、事後復旧のためか午後のスジで北春日部までの試運転でした。

479-2-8153.jpg
S60.1.21 梅島 回5842ㇾ8153+8253+8353+8453+8568+8668+5501+5601
この日は冷房改造の5501+5502の出場試運転でした。試運転中の5501は、車両故障のため運転が出来なくなり、後続の8153~8668の営業運転を途中駅で打切り、5501編成を救援しました。併結して鐘ヶ淵経由西新井に戻り、翌日5501編成は、再度試運転を行い西新井工場を無事出場しました。

530-10-8552.jpg
530-11-8657.jpg
S60.4.22 西新井~竹ノ塚 254ㇾ8552+8652+8559+8659+8557+8657
前にも同じ様な写真を出しましたが、新栃木の8000系6連の運用です。この254ㇾは、新栃木や春日部の入場によく使われる回8248ㇾの前に通過するため、よく撮影したスジです。

532-35-8126.jpg
532-36-8650.jpg
S60.4.26 久喜~鷲宮 350ㇾ8126+8226+8326+8426+8550+8650
伊勢崎発のA準急です。A準急は上りは太田から準急になり、足利市・館林・羽生・加須・久喜のみの停車(東武動物公園からはB準急や日光線準急と同じ)で中々の俊足でした。

556-18-8145.jpg
556-19-8445.jpg
S60.6.24 牛田~北千住 640ㇾ8144+8244+8344+844
4両編成の幸手発の各駅停車です。春日部の4両運用は2運用あり、この当時1つは5000.5050系、もう一つは8000系運用でした。

559-29-8578.jpg
S60.7.8 西新井~大師前 D1607ㇾ8578+8678
この日は、上り方の方向幕が故障のため非常用のサボを付けての運転でした。以前、知り合いに古い「西新井~大師前」のサボがオークションに出ていたが、裏は「竹ノ塚~大師前」になっていた、こんな運転があったのかと聞かれたことがあります。私の子供の頃は大師線は、専ら5411.5412が使われていて竹ノ塚発はありませんでした。
また、春日部検修区で行われた有志の撮影会で73型に「竹ノ塚~亀戸」のサボを付けて撮影した記憶があります。
よく考えてみるとS41頃までは、西新井電車区があり営団に売却されています。入出庫は全て竹ノ塚駅方から行うので、竹ノ塚~大師前や亀戸のサボは西新井電車区の入出庫関係の運転系統に使われた可能性が高いと思います。

602-9-8638.jpg
602-14-8652 8638
S60.10.31 西新井 上は、D1002ㇾ8638+8538、回8341ㇾ7876+876+7883+883で、下は211ㇾ8652が加わりました。8000系の新旧塗装が最期の78型を挟んで並びました。森林公園に最期まで残った7876、7883編成は10.28に西新井工場へ更新入場し、この日は解体となる7883編成を7876編成が牽引し杉戸へ向かうところです。

608-26-8557.jpg
S60.12.4 姫宮~東武動物公園 回8046ㇾ8557+8657
新栃木の8557編成に西新井工場入場です。回8046ㇾは新栃木~北春日部間の回送スジですが、西新井工場へ入場の場合は、北春日部で伊勢崎線方面からの回8346ㇾに継送されます。

609-32-8656.jpg
S60.12.17 西新井 223ㇾ8656と回8351ㇾ7876+876
7876編成は、更新のため西新井工場に入場しましたが台車等の取外しのため、杉戸工場へ回送されました。本来は制御器等の5070系への流用する部品を外し、5050系などに牽かれて杉戸に回送されますが7876編成は保存を前提としていたため、自力回送でした。杉戸工場で制御器を外し(カバーはそのまま)台車を73型の廃車発生品であるTR25台車に履き替え、数年間留置されていましたが、結局保存される事無く解体されてしまいました。

628-13-8545.jpg
S61.3.5 藤岡~静和 223ㇾ8545+8645+8554+8654+8552+8652
新栃木の8000系は2両固定7本のみの配置だったので、写真に写っているのは同じ車ばかりです。この撮影時に日光線の昼間の準急は1時間に1本でした。

707-31-8567.jpg
S62.2.23 草加 835ㇾ8567+8667+8503+8603+8508+8608
草加駅は高架になりましたが、複々線工事は完成しておらず仮ホームから混色の北春日部行が発車しました。

710-11-8418.jpg
S62.2.17 春日部 回8346ㇾ8418+8318+8218+8118
館林の8118編成の西新井工場への入場回送です。本線系統の8000系は6両運用が基本で4両運用は僅かでした。4+2の6両を組むため、クハ8400は中間に入る事が多く、中々お顔の写真が撮れませんでした。2両は、大師や亀戸の運用などもありクハ8400型より少しは撮り易かったと思います。8000系など、ありふれた時代でしたがクハ8400やモハ8500の顔が出ている時は、シャッターを押すようにしていました。

710-20-8126.jpg
S62.2.17 春日部 左449ㇾ8126、右552ㇾ5156
8000系館林車の旧塗装と5050系の新塗装が並びました。「羽生」行の方向幕も懐かしく想います。
8126編成はこの後4.11に西新井工場に入場し、新塗装となり上部灯を撤去しています。一方の5156編成は、S612.5に新塗装化、上部灯撤去を行い杉戸工場を出場していました。

799-27-8518.jpg
H2.2.9 南桜井~川間 試7713ㇾ8518+8618
チョットピントの甘い写真ですが、春日部の8518編成を使用した野田線の乗務員訓練です。H1.3に8101編成が転入しましたが1本だけ、3000系の廃車が始まり8000系の転入に備えた乗務員訓練です。野田線に東武顔の8000系が走ったのは、8104編成と8509編成だけではないかと思います。

800-32-8137.jpg
H2.6.5 鷲宮~花崎 348ㇾ8137+8237+8337+8437+8539+8639
8137編成は、H2.10に津覇車両で更新を行い出場しています。この頃が東武顔で最期の活躍だった様です。

今回は、8000系東武顔車両(原型顔)の紹介の3回目でした。2回目、3回目と連続して紹介させていただきましたが、8000系の東武顔については中々好評なので続篇も続けたいと思います。
記事がダラダラと長くなり、同じ様な写真ばかりで詰まらないと思われる方の居るかと思いますが、ご容赦下さい。いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

またまた原形顔が沢山!

 こんばんは、またまた原形顔の8000系が沢山ですね。これを見て育った私にとっては素晴らしいの一言です。特にセイジクリームと現行色との連結は楽しさを引き出していました。
 8157Fの臨時列車「カバ園長号」や春日部検修区での新旧並びなど当時は今以上に楽しめたって思っていますが、日常の姿を記録することがいかに大事かってこともよくわかりました。私も8000系は沢山撮影していますが、90年代前半からなので残念ながらセイジクリームは1枚もありません・・・

No title

5000系と8000系と連結して走行する写真は衝撃的な一場面ですね。
冷房改造と同時にHSCブレーキ改造された故、回送が可能だったのでしょうが、まさか連結して営業線上を走ったことがあるのは驚きでした。

1700系DRC更新後まで使用されたFS308台車が、西工内であのように置かれていたのは初めて知りました。
結局は廃棄されたのでしょうね?

また後年の修繕時、中間車改造された2両固定編成の写真や編成組成の記録も貴重なデータだと思います。

行先幕

8000系と5050系が並ぶと、両者の字体・文字間隔の違いがよく分かりますね。
本線では共用幕としなかったのでしょうか?
ちなみに5000系(非冷房)が東上線に集結した時クハ5602を除き8000系と同じ白地幕装備となりましたが、冷房改造後の変化は把握しておりません。

野田線の東武顔8000系

野田線の東武顔の8000系ですが昭和50年代に40両配置された時は色はセイジクリームで全て東武顔。現行色になって8000系が再配置後は8104F,8509Fの他に2007年8月に短期間8516Fが配置され野田線で使用された事があります。また8157Fのように修繕工事未施工で森林公園から春日部経由で七光台に転属し東上仕様(前面サボ枠なし)のまま修繕工事まで短期間使用された編成もあります。この他にも81110Fなど修繕工事まで一時使用された編成も何本かありました。(主に七光台に来てから修繕工事を受けた編成がこれに当たります。ただし81110F、81113F、81114Fなどはこの後一度春日部や森林公園に転属し再び春日部に戻って修繕工事を施工してから七光台に再転入しています。) この事から意外にも野田線でも多くの東武顔8000系が走っていた事があります。しかし、当時は同じ東武顔の3000系列、5000系列と併用されていたためあまり目立ちませんでした。

No title

 私は昭和60年4月から電車通学を始めましたが、結局8000系の4両編成には出会えずじまいでした。両数が少ないゆえ、昼間の運用だったのでしょうか??

また、行き先方向幕のほとんどが「濃い(青)地に白文字」ですが、「白地に黒文字」もありますね。上記の4両の件と同様、これもまた一度も見られませんでした。これも昭和59年中に消滅してしまったのでしょうか?

78系ですが、昭和60年の晩秋か初冬の頃の夕方、下り線を2両編成で北上する78系を、春日部まで追って見たことがあり、その姿が最後となりました。

Re: またまた原形顔が沢山!

 Yoshi@TJ Line様、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。返信が年跨ぎになり申し訳ありません。

自分でも写真を整理していて「カバ園長号」など、懐かしいなと思いました。撮影から早30年が過ぎ時の過ぎるのは早いものですね。でも、もう少し撮っておけば良かったと思うことが多く今になってみれば残念に思うことも多いです。現状の8000系もとかく東上や野田の車両に目が行きがちですが、新栃木・館林・森林公園のワンマン車もキチント記録していきたいと思います。

Re: No title

 明けましておめでとうございます。しもつけの人様。
コメントありがとうございます。今年もよろしくお願い致します。

5000系の非冷時代は、単独で秩父鉄道を回送していました。冷改後とその後の5050系は誘導障害を起こすらしく8501編成は必ず連結されるようになりました。私も機械の事は詳しくないので社員の方が言っていた内容です。また、DRCの台車交換も当時は全く情報が無く館林の7816編成がこの頃見ないなと思い、西工を確認したら7816編成の解体が始まっていて、その横には新しい台車に履き替えた1711編成が留まっていました。
西新井工場を訪ねると色々は発見があり、ワクワクしたのを覚えています。

Re: 行先幕

 明けましておめでとうございます。
12号線様、コメントありがとうございます。

8000系の未更新と5050系では、方向幕の字体が違っていましたが、初期更新の8000系とは同じだった様に思います。2回目に紹介した8130~8616の「快速 たびし」の種別幕も5050系に入っていたのを確認しています。
5000系は冷改時に、白抜きの方向幕に交換されています。

Re: 野田線の東武顔8000系

 明けましておめでとうございます。
野田線沿線住民様、コメントありがとうございます。

野田線の8000系東武顔に関して、ご説明ありがとうございます。短期間ですが、結構沢山東武顔が走っていたの知っているのは、さすがに地元の方ですね。8157編成など更新前に本線で良く見かけましたが、塗装の状態が悪くいつもボロボロに見えました。
野田線も新型車両への置換えが始まり、8000系と活躍も先が見えてきました。悔いの無いように記録していきたいと思います。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。