スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8000系リバイバル塗装と亀戸線の5050系

 こんにちは、本当に久しぶりの更新となります。
忙しい日が続き、中々更新ができずに放置状態が続いていて申し訳ありません。
ブログの閉鎖も考えましたが、ご覧いただいている方がお出でになるため、細々とでも続けていきたいと思います。
更新は不定期ですが、暇を見てなんとかやって行きたいと思いますので、引き続きよろしくお願い致します。

IMG_0067.jpg
H28.3.17 新古河~柳生 試7202レ 8577+8677
 亀戸・大師線用の8000系ワンマン車で、昭和30年代のオレンジに黄色の帯のリバイバル塗装車の運転が3/23から始まる旨のプレスが、東武鉄道のHPにプレスされていました。73・78型が塗られていた色で、東武鉄道の塗装の中では私の最も好きな色です。S39年頃に消えたとの事ですが、3~4歳の頃に祖母を散歩中に草加駅付近で見た記憶が強烈に残っています。たぶん7300型の未更新車ではなかったかと思います。
当日は所用のため、出場試運転は上りだけの撮影でしたがオレンジ、黄色とも当時の感じが出ていると思います。ただ黄色の帯が太いのは8000系のライトの幅に合わせたためでしょうか。

8310.jpg
S58.10 西新井工場 モハ7300旧車体
 オレンジに黄色の帯の塗装は、昭和58年まで西新井工場内に残っていました。
7300型の旧車体を津覇車両の更衣室として使用していて、4~5台残ってました。更衣室を新築するため2回に分けて取り壊されましたが、S58.10の時点で完全な車体は全て取り壊されました。車体の連結部の繋いだものが倉庫として工場の閉鎖まで残っていたのは有名です。
この旧車体ですが色あせながら、オレンジに黄色帯の塗装も残り63型の面影を良く残してしていました。今になってみればもっと記録しておかなかったのが残念なところです。

このリバイバル塗装の8577編成ですが、3/23から営業運転が始まり亀戸・大師線を走るのは今から楽しみです。
次は、リバイバル8577編成は3/23より走る亀戸線で、かっての5050系、10000系の時代を紹介致します。

783-5.jpg
H1.2.25 曳舟 D921レ5653+5553 C922レ8673+8573
私が73・78型の撮影を始めた、S48年頃は亀戸線は8000系、大師線は3551.3552編成が運用されていました。
3050系が七光台に転属してしまうと、亀戸・大師線伴に8000系が運用され吊掛け車が入る事はありませんでした。S61に78型の更新も終わり、更新された5050系は春日部検修で本線運用に就いていました。3000系の廃車が始まると5050系は七光台へ転出していき、S63.4の時点で4両2本と2両5本の配置となり、この頃から亀戸・大師線での5050系の運用が始まっています。その後、4両と2両の2本ずつが七光台に転出して5551.5552.5553の3編成のみが春日部検修に残り孤軍奮闘していました。
しかし、S63年度末を持って残った編成も七光台に転属となりました。

783-10.jpg
H1.2.25 曳舟 D924レ5653+5553 B925レ11201+12201
当時は、10000系も亀戸・大師線で使われいて賑やかな顔ぶれでした。半蔵門線の無い時代で亀戸線のラッシュ時は4編成が運用されていましたが、4番線に到着した5553編成は通帯を終え春日部検修区に帰ります。

783-15.jpg
783-16.jpg
H1.2.25 鐘ヶ淵~堀切 回D9025レ5653+5553
金八先生で有名な堀切付近を5050系の2両が春日部へ向け回送されます。

783-17.jpg
H1.2.25 小村井~東あづま A1032レ5653+553
ここからは亀戸線内の様子を紹介します。

783-18.jpg
H1.2.25 東あづま~亀戸水神 A1135レ5552+5652
5552編成は更新前は7809+809で春日部検修区の所属でした。
783-19.jpg
H1.2.25 東あづま~亀戸水神 B1137レ11201+12201

783-20.jpg
H1.2.25 東あづま~亀戸水神 A1139レ5653+5553

783-21.jpg
H1.2.25 東あづま~亀戸水神 A1140レ5653+5553

783-23.jpg
H1.2.25 亀戸水神~亀戸 B1142レ11201+12201

783-24.jpg
783-25.jpg
H1.2.25 亀戸水神~亀戸 B1141レ5553+5653

783-27.jpg
783-28.jpg
H1.2.25 亀戸水神~亀戸 B1142レ5653+5553

783-29.jpg
H1.2.25 亀戸 A1243レ5553+5653

783-30.jpg
H1.2.25 亀戸 A1244レ5552+5553

783-32.jpg
H1.2.25 亀戸 B1245レ11201+12201
この日は5552編成と12201編成が行き交っていました、これで撮影を終えて帰宅しています。
ところで、亀戸駅に停車中は撮影していませんが、亀戸駅は現在は2番線に通帯を終えた車両が留置されています。
当時も昼間は1番線のみ使用でしたが、2番線に留置車両はありません。もう1編成はどこへ行ったのでしょうか。

788-24.jpg
788-27.jpg
788-28.jpg
H1.3.18 浅草 回C6022レ~回C4023レ5552+5652
もう1編成は夕方のラッシュに備え、業平橋の電留線へ回送されます。業平橋駅では上り線から直接電留線へ入区できないため一旦浅草まで回送して折返し業平橋に回送されていました。浅草の進入のカーブでは2両編成の5050系が、上手くおさまりました。また、たった2両で浅草駅のホームに停車中の姿も面白いと思います。隣りには、8118編成の姿も見えます。

今回は、リバイバル塗装の8577編成の試運転を紹介しましたが、3/23から8577編成の運用される亀戸線について5050系や10000系が運用されていた時代の写真を紹介しました。
いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。


にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。