スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団体専用列車と57型 後編

 こんにちは。
前回は、草加駅と谷塚駅で撮影した300系の団体列車とかつての57型団体列車を定点観測で紹介しました。
また。57型の車両写真として5700~5702編成を紹介しました。今回は後半として5703~5705編成の車両写真を紹介します。

5702-345-L32
S59.2.26 館林検修区 5702+702+5704+704+5700+700
鉄道友の会東京支部20周年記念号が運転され、館林検修区で撮影会が行われました。「だいや」「たびじ」「かば園長」などのヘットマークを付替えての撮影会でした。撮影会も終わりに近づいた頃「林間学校」のヘットマークが付けられました。当日は、あいにく大雪の中での撮影会でしたが、正に真冬の「林間学校」号となり本番ではあり得ない写真を撮影することが出来ました。
それでは、モハ5703より紹介していきます。

5703-110-14.jpg
S56.4.29 春日部 モハ5703
快速急行「だいや号」に運用中のモハ5703です。モハ5703はS28にナニワ工機でモハ5711として製造されました。最初から半流の貫通型でしたが、前半で書いたモハ5702と同じ理由でS40.1にモハ5703に改番されています。
この写真の撮影時は、前面の竪樋の取付前でした。この次入場で竪樋付きになっています。

5703-209-32.jpg
S57.6.7 越谷 5037ㇾモハ5703
竪樋が付けられた後の姿です。この日は、団体列車が越谷駅の中線に停車していました。
本来は予定臨の3037ㇾですが、越谷に停車するなど変則的なパターンのため5037ㇾとして運転されています。
編成は、705+5705+701+5701+703+5703でした。

5703-374-25.jpg
5703-425-5.jpg
S59.5.4 春日部検修区 モハ5703
春日部検修区付近の側道から出庫待ちのモハ5703を撮影しました。モハ5703は戸袋窓がHゴムその他の客窓もアルミサッシ化されいます。丁度良い位置だったので連結面側からの写真も撮影することが出来ました。パンタからの引通し管の妻面への降り方も良く判りますね。

5703-637-8.jpg
S61.4.7 東武動物公園 試7344ㇾモハ5703+クハ703
杉戸工場の出場試運転を撮影したもので、丸い試運転マークを付けています。杉戸工場の試運転は、東武動物公園~羽生間で行われ、夕方の回送スジえ春日部検修区へ戻ります。

703-123-11.jpg
S56.6.28 春日部検修区 クハ703
クハ703はモハ5703と同じS28にナニワ工機製でクハ711として製造されました。半流の貫通型として誕生しましたが、S40.1にクハ703に改番されています。。また、S40.12に不調だったモハ5721を直角カルダンから吊掛け式に改造する際に台車交換を行い。東芝製のTT-3を履いています。
この写真は、見学許可をいただき春日部検修区に入った時のもので、竪樋が取付前でした。

703-162-16.jpg
56.12.27 春日部検修区 クハ703
春日部検修区の脇の側道から撮影しましたが、モロに逆光です。こちらも竪樋の取付前です。

703-199-25.jpg
S57.5.2 板荷~下小代 1027ㇾクハ703
下小代の大築堤で撮影したクハ703のサイドデビューです。今では電柱が建ち、山側からの撮影は出来ません。
1027ㇾは不定期の快速急行「だいや5号」です。

703-370-24.jpg
S59.4.14 姫宮~東武動物公園 回8750ㇾクハ703
これは、杉戸工場の出場回送を捕えたもので東武動物公園駅手前の開けた場所で、サイドデビューを撮影しました。
何枚か前の5703+703の出場試運転の2年後の入場です。この日は夕方、春日部検修区から5702+702が迎えに来て、5702+702+5703+703の4両で春日部検修区へ帰って行きました。

703-374-26.jpg
S59.5.4 春日部検修区 クハ703
クハ703を連結面側から撮影したものです。クハはトイレがあるためトイレ側の連結面には窓はありません。また。汚物タンクやトイレ上の通風機の様子が判ります。

703-637-13.jpg
S61.4.7 東武動物公園 クハ703
試7344ㇾで羽生から帰ってきたクハ703が東武動物公園駅到着後に、入換で杉戸工場に入っていきます。
クハ703は、戸袋はHゴムで客窓はアルミサッシになっていました

5704-137-10.jpg
S56.8.17 春日部 モハ5704
モハ5704はS28日本車両製で、直角カルダンで誕生したが不調のためS40.12にクハ711(703)のFS106と台車交換
を行い吊掛け式に改造されています。また、改造により形式を区別する必要が無くなったため、S40.1にモハ5704に改番されました。
写真は、S56の撮影で竪樋の取付前ですが、屋根上のステップ(足止め)がありません。

5704-664-23.jpg
S61.7.19 下今市 2093ㇾモハ5704
竪樋取付後のモハ5704です。どの時期に取付けられたか不明ですが、屋根上のステップも取付られています。
私鉄電車のアルバムには、S35.10のモハ5720時代の写真が載っていますが屋根上ステップは付いています。

5704-720-6.jpg
S62.4.29 楡木~樅山 2096ㇾモハ5704
モハ5704は、戸袋窓がHゴムで客窓はアルミサッシ化されていました。

704-434-3.jpg
S59.10.9 北春日部 回3054ㇾクハ704
クハ704は、S28日本車両製で、モハが直角カルダンであるためクハ720として誕生しました。モハと伴にS40.1にクハ704に改番されました。クハ704は、クハ720時代と同じ東芝製のTT-3台車を履いています。

704-748-32.jpg
S63.3.27 下今市 クハ704
日光や鬼怒川に行った臨時列車は、直接折返しとなるものありましたが、一旦下今市まで引き上げ、上り列車に合わせて日光や鬼怒川に回送されていました。

5705-123-2.jpg
S56.6.28 春日部検修区 モハ5705
モハ5705はS28汽車会社製で直角カルダンの、モハ5721として誕生しました。台車は当初東芝製のTT-3を履いていましたが、S37.11に吊掛け式に改造の際にクハ710(702)と台車交換いています。S41.1にはモハ5705に改番されました。写真はS56の撮影ですが、縦樋が取付られたばかりの頃です。戸袋窓はHゴムで客窓はアルミサッシ化されていました。


5705-460-24.jpg
S59.12.13 北千住 3039ㇾモハ5705
北千住の予備ホームに停車中のモハ5705です。この日の3039ㇾは701+5701+704+5704+705+5705でした。

5705-532-26.jpg
S60.4.26 鷲宮~花崎 試7343ㇾモハ5705
杉戸工場の出場試運転を撮影したものです。この日は試運転マークは付いていませんでした。

705-209-19.jpg
S67.6.7 越谷 5039ㇾクハ705
クハ705はS28汽車会社製でクハ721と誕生しました。モハが直角カルダンでしたがS37.11に吊掛け式に改造され台車交換を行っていますが、クハ705はTT-3を履いたままです。S41.1にクハ721から705に改番されました。

705-211-2.jpg
S57.6.7 姫宮~東武動物公園 5056ㇾクハ705
乗務員室窓の桟はありません。

705-532-25.jpg
S60.4.26 鷲宮~花崎 試7343ㇾクハ705
これも杉戸工場の出場試運転を撮影したものです。試運転マークは付いていません。

今回はモハ5703~5705とクハ703~705の車両写真を紹介させていただきました。写真を並べてみると結構違いがあるのが判りますね。何かお気付きの点がありましたら、コメントをお願い致します。
いつも沢山の方々にご覧ただき、ありがとうございます。
スポンサーサイト

団体専用列車と57型 前編

 こんにちは。
昨日、今日と301編成を使用した団体専用列車を撮影してきました。西新井と草加からの乗車で鬼怒川温泉まで団体のお客様で昨日(1/12)は草加駅での客扱いを、本日(1/13)谷塚駅で撮影しました。
帰ってから写真を見ていたら、同じ様な写真を撮った記憶が甦ってきました。写真を探してみると丁度30年前に草加駅から57型の団体専用列車で鬼怒川温泉に向け出発する写真がありました。

IMG_0040_20140113153602790.jpg
H26.1.13 草加 5157ㇾ301-6~301-1

9703-373-1.jpg
S59.4.29 草加 3039ㇾ703+5703+701+5701+705+5705
同じ様なアングルで撮影しています。30年の間に草加駅も高架複々線となり近代的になりました。この写真では、正に高架工事中です。

IMG_0068.jpg
H26.1.13 草加~松原団地 5157ㇾ301-1~301-6
草加駅を出発して鬼怒川温泉に向かいます。最近はこの様な団体列車の設定も少なくなりました。

95705-373-3.jpg
S59.4.29 草加~松原団地 3039ㇾ5705+705+5701+701+5703+703
こちらも同じ様なアングルの写真がありました。30年の間に沿線の風景も大きく変貌しています。日比谷線直通の2000系の姿も見えます。

IMG_0097.jpg
H26.1.13 谷塚 5162ㇾ301-1~301-6
戻りの列車は谷塚で撮影しました。12時15分頃谷塚を通過しましたが、まだ側面に陽が回っていませんでした。

95702-757-31.jpg
S63.8.23 谷塚 3058ㇾ臨時快速、団体専用「林間学校号」5702+702+5705+705+5700+700
S63.8.9に竹ノ塚~草加間の高架複々線工事が完成しています。その直後に撮影したものですが、57型の背後い高層マンションはありません。青い空がいっぱいに広がっていました。


当時、一般の団体列車には57型が使われました。学生団体では57型の他に78型・8000系・5000系も使用されました。
57型は12両の小世帯で、私が子供の頃は53型と伴に伊勢崎線の急行「おりひめ号」に使われていました。S44に1800系が就役すると53型は一般車に格下げされましたが、57型は日光線の急行や団体用として残り、H3に引退するまで2ドアクロスシートのままでした。
2回に分けて57型12両について紹介したと思いますが、車両中心の写真のみのとし、走行写真については別の機会に紹介したいと思います。今回は、モハ5700~5702とクハ700~702を紹介します。

5700-K028-10(780505)
S53.5.5 新田~蒲生 モハ5700
モハ5700はS26日本車両製です。日光線の特急列車として活躍しました。5700.5701.700.701は「猫ひげ」と呼ばれる湘南タイプの流線型でしたが、モハ700はS35.2に半流の貫通型に改造されています。
この写真を撮影した当時は、前面に雨どいが無く車体のカーブが良く判ります。また、アルミサッシ化も行われていません。

5700-276-15.jpg
S58.5.24 春日部 3039ㇾモハ5700
雨どいが取付された後の姿です。車両の表情が変わり、53型等の旧型車の表情に近くなりました。側面の窓についても戸袋はHゴム、その他の窓は全てアルミサッシになっています。

5700-317-26.jpg
S58.10.29 春日部検修区 モハ5700
春日部検修区に佇むモハ5701、今の安っぽい電車と違い貫禄がありますね。

5700-434-5.jpg
S59.10.9 北春日部 回3054ㇾモハ5700
乗務員ドアは、この時点では桟付きになっていました。57型の乗務員ドアは引き戸では無く、客ドアの様にスライド式のドアでした。

5700-543-9.jpg
S60.5.28 姫宮~東武動物公園 3039ㇾモハ5700
東武動物公園手前の水田で、サイドデビューを捕えました。

700-37-29.jpg
S58.10.29 春日部検修区 クハ700
続いてクハ700です。モハ5700と同様にS26日本車両製です。こちらも流線型でしたが5700と伴にS35.2に貫通の半流型に改造されています。製造された当時はモハ5700と同じFS106台車でしたが、S37.11にモハ5801の直角カルダン台車KS105に台車交換しています。モハ5801は57型のFS106を履きモハ3376に更新後もモハ5700型と同じ台車を履いていました。

700-345-26.jpg
S59.2.26 田沼 回5642ㇾ~回5643ㇾクハ700
鉄道友の会東京支部の20周年記念として、浅草~葛生間で運転された記念列車です。葛生到着後に田沼まで一往復撮影用の回送列車が運転されました。当時の佐野線は貨物輸送が盛んで各駅に側線を有していました。

700-434-1.jpg
S59.10.9 北春日部 回3054ㇾクハ700
クハ700もモハ5700と同様に客室の窓は全てアルミサッシになっていましたが、乗務員ドアは、桟付きになっています。

5701-425-2.jpg
S59.9.12 春日部検修区 モハ5701
モハ5701はS26汽車会社製で、5700と同様に流線型で誕生しています。急行格下げによりS35.3に半流の貫通型に改造されました。しかし5701+701は廃車まで客室窓のアルミサッシ・Hゴム化は行われず最期まで原型を保っていました。廃車後に登場時の流線型に戻され、東武博物館に保存されています。

5701-747-5.jpg
S63.2.29 北春日部 回2090ㇾモハ5701
前の写真とは、反対側の側面です。浅草へ回送され折返し、臨時快速急行「おじか号」になります。

701-333-17.jpg
S59.1.20 牛田~北千住 5542ㇾクハ701
クハ701は、モハ5701と同じS26汽車会社製です。流線型でしたがS35.3にモハ5701と伴に半流の貫通型に改造されてます。また、台車についても41.2にモハ5800と台車交換を行い、FS105台車を履いています。

701-374-24.jpg
S59.5.4 春日部検修区 クハ701
モハ5701と同様に客室窓は木枠のままでHゴムやアルミサッシ化は行われていません。トイレの窓は小窓に改造されています。

701-460-21.jpg
S59.12.13 北千住 3039ㇾクハ701
北千住の下り予備ホームで退避中です。検査を出て間が無いのか車体が光っています。
廃車後もモハ5701と東武動物公園駅構内の旧杉戸検車区内に保管されていましたが、保存される事無くH21に北館林で解体されています。直角カルダン用の台車FS105は上毛電鉄に引き取られています。

701-778-33.jpg
H1.1.25 下今市 クハ701
引退も迫った平成に入ってからの撮影です。57型は厚いサボ受けが付けられていました。

5702-434-8.jpg
S59.10.2 北春日部 回3054ㇾモハ5702
モハ5702はS26汽車会社製で製造時は、モハ5710として誕生しましたが当初から半流貫通型でした。
5700.5701の半流貫通化、5720.5721の吊掛式はの改造により形式を区別する必要がなくなったため、S40.1にモハ5702に改番されています。

5702-677-5.jpg
S61.9.20 下今市 3054ㇾモハ5702
モハ5702もモハ5701同様、客室窓のHゴムやアルミサッシ化が行われず最期まで木枠のままでした。
ただ、S59の時点で乗務員室窓に桟はありませんが、S61の写真を見ると桟付になっています。

702-137-7.jpg
S56.8.17 春日部 クハ702
クハ702はS26汽車会社製で製造時は、クハ710として誕生し当初から半流貫通型でした。モハ5702と同様の理由によりS40.1にクハ702に改番されています。

702-198-22.jpg
S57.5.2 下今市 クハ702
台車は、S40.12にモハ5704(旧モハ5720、S40.1改番)と台車交換を行い東芝製の直角カルダン用の台車TT-3を履いています。また客室の窓も最期まで木枠のままでした。

702-433-28.jpg
S59.10.9 北春日部 回3054ㇾクハ702
乗務員室の窓については、時期により桟があったり無くなったりしています。この部分は破損等ににより検修区で交換が行われていたのかもしれません。

702-517-30.jpg
S60.3.31 春日部検修区 クハ702
検修区の裏から塀越しに撮影したものです。車体が綺麗なので検査を出てから日が余り経っていないのでしょうか。57型の検査は杉戸工場が担当してました。乗務員室窓は桟付きになっています。

今回はこの辺までとします。次回は5703~5705と703~705を紹介したいと思います。
いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

大師線の正月輸送

 こんにちは、2014年が明け2度目の更新になります。
1月1~3日の間、大師線では毎年恒例の正月ダイヤで運転されました。この3日は普段1本の電車がピストン輸送をしている大師線が2本体制となり運転間隔を詰めて運転されます。
今年2014年も1月1.2日に大師線を撮影してきました、過去の写真を含め紹介させていただきます。

S570101 8655 8669
S57.1.1 西新井 右8655+8555 左8669+8569
前に紹介したことある写真ですが、S57のお正月に撮影したものです。セイジクリームの8000系が並び片方は非冷房です。車掌も乗務していた時代なので、確認用のミラーなどが無くホームもスキッリしています。

S620101 11203
S62.1.1 西新井 11203+12203
平成の初め頃まで、大師線の運用に10000系の2両固定が良く入っていました。10000系の2両固定は空転が多く運転士から嫌われていたようです。ある日、滑走して西新井のストップに突入する事故を起こし、10000系は大師線の運用に入らなくなりました。

S620101 12202 12203
S62.1.1 西新井 右12202+11202 左12203+11203
この日は、2本とも10000系の運用でした。当時4本だけの10000系2両固定のうち2本が並んでいます。
大師前駅は早くから無人駅になり、西新井駅の大師線ホーム手前の階段上に自動改札機を設置して大師前駅の改札業務を行っていました。当時正月の三が日と初大師の1/21は大師前駅に係員が配置され、大師前駅で出改札業務が行われ近距離区間の硬券が発売されました。

H210103 8570 8130
H21.1.3 西新井 8570.8130
ずっと最近の写真になり、H21のお正月です。この時は、まだ初期更新の東武顔が残っていました。8130編成は正月明けの1/9に北館林に廃車回送され、この時が最期の活躍でした。

H250101 634-22 8668
H25.1.3 西新井 8668+8568 634-22+634-21+634-12+634-11
去年のお正月の撮影です。スカイツリーが出来て6050系から改造されたスカイツリートレインと顔を合わせた8668です。正月以外は、2番線に電車が入るのは13時過ぎの車両の入替の時だけです。

H260101-1.jpg
H26.1.1 西新井 左8668+6568 右8670+8570
今年も1月1~3日まで、ヘッドマーク付の特別ダイヤでの運転が行われたので撮影に行ってきました。
ホームの先端付近はワンマン運転によりミラーやテレビカメラなどが設置され、煩い状態でスキッリした写真は撮れなくなりました。

H260101-2.jpg
H26.1.1 西新井 右から8670+8570 8668+8568 臨回C5801ㇾ8677+8577
お正月の臨時ダイヤが施行されると、大師線の8000系は変運用となり車両交換が行われません。1番線の8570編成は、12/31の13時過ぎに亀戸から回送されて来て、大師線の運用に就きましたが1/4の13過ぎまで車両交換は無く大師線を走り続けます。2番線の8668編成は臨時運用で1/1の10時半頃に春日部支所より回送されてきて大師線の運用に就きます。1/3まで大師線を走り続けて特別ダイヤの終了する1/3の16時過ぎに春日部支所へ回送されます。1/1~3まで大師線に居るものの特別ダイヤの時間帯(10時半~16時頃)以外は、パンタを降ろし西新井駅の2番線に留置されます。
もう一つ8000系の姿が見えます。本来は亀戸から回送されてきた8000系が西新井駅2番線に到着して大師線の運用に入りますが、大師線は三が日車両の入替が無いため臨時回送として西新井を通過して直接北春日部に向かいます。
何でこんな手前でシャッターを押しているのと思われるかもしれません。1番線の大師前行は、回送の通過する数十秒前に発車するため、起動を開始してホームから離れ様としています。このアングルがギリギリの3並びでした。

H260101-3.jpg
H26.1.1 西新井 右8668+8568 左臨回5801Cㇾ8677+8577
8668と8677が並んだところでシャッターを切りましたが、既に1番線の8670は2両目をホームに残すのみで同じアングルに入れることは出来ませんでした。8577編成はスピードを上げ西新井駅を通過していきました。

H260101-4.jpg
H26.1.1 西新井 左8570+8670 右臨回5801Cㇾ8577+8677
振り返って、発車してく大師線の8570を撮影すると去っていく8577を同じアングルに納めることが出来ました。
亀戸線からの回送の8000系が西新井駅を通過するのは、車両故障等による回送を除けば年に3回しかありません。

H260102-1_201401051630420e6.jpg
H26.1.2 西新井 右8670+8570 左8668+8568
翌日、もう少しスキッリした写真は撮れないかと場所を探しみました。環七を越えて撮影地を探し、多少はスッキリとした写真が撮れる場所を発見しました。ビルの陰で暗いのと、かなりの望遠レンズを使用しているためピントはイマイチです。

H260102-2.jpg
H26.1.2 西新井 右から8670+8570 8668+8568 臨回C5801ㇾ8675+8575
そうこうしているうちに、今日も亀戸からの回送がやってきました。信号機や標識など邪魔なもの多いですが何とか8000系を3本顔を揃えて撮影することが出来ました。

H260102-3.jpg
H26.1.2 西新井 右8670+8570 左臨回C5801ㇾ8677+8577
環七の陸橋の下の差し掛かると、下り急行線を行く8675と西新井を発車した大師線の8670が顔を揃え並走しました。
期待していませんでしたが、ナイスな1枚でした。良く高崎などで蒸気同時発車などのヤラセで並走する写真を見ますが、自分ではそんなものより価値のある1枚に思えました。

春日部支所に所属する8000系ワンマン車は5編成です。普段は5編成で4運用を担当するため予備が1編成あります。しかし正月は臨運用が増え、5本配置の5本使用で予備無しとなるため検修関係者の苦労は、絶えません。車両故障でも起こせば館林からワンマン車を借入たり、正月の時期に検査が合わない様に検査計画を立てたりと大変だと思います。

今回は、大師線の正月輸送について紹介させていただきました。
いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。
今年も色々な写真を紹介していきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

明けましておめでとうございます。

 2014年、明けましておめでとうございます。

昨年は、沢山の方々にご覧いたたきありがとうございました。また多くのコメントをいただきました事をお礼申し上げます。
今年の東武の旧型電車のみならず、色々な写真を紹介していきますので、どうぞよろしくお願い致します。


Image98.jpg
S59.8.19 春日部検修区 左から5704+704.303+7305+305+7305+310+7310.11601+12601+13601+14601+15601+16601
73型の通学臨電が終了し、73型が完全に引退するのを機に有志で開かれた「73型お別れ会」の一コマです。
東上線での運用終了後に、伊勢崎線の通学輸送の助っ人としてS59.3.28に303+7305+305+7305+310+7310の編成は森林公園から春日部に転属し、4.9から東武動物公園~加須間の通学臨電として東上線の73型が消えた後も活躍してきましたが、7.20をもって通学臨電は終了となりました。その後春日部検修区に留置されていましたが、廃車回送が決まり73型が春日部検修区を去るのを前にして、73型の長年の活躍を労うため有志でのお別れ会が開かれました。
57型や当時最新鋭の10000型と並んだ73型ですが、貫禄は十分で長年の重責を果たした安堵の表情が窺えます。
東武ファンの方が作った、「惜別」のヘットマークも誇らしげです。
翌8.20に303+7305+305+7305+310+7310編成は、東武動物公園駅に向け帰らぬ旅に出ました。このクハ303に限って言えば、東武動物公園駅構内に長期留置された後S63.2に解体され姿を消しています。

今年もどうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。