スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8000系東武顔車両(原型顔)の紹介 第8回(最終回)

 こんにちは。
8000系東武顔の紹介も今回で、8回目になります。間もなく、鉄コレの一般発売も始まりますので、今回で8000系東武顔は最終回にしたいと思います。

610516-5056-8131+8515.jpg
S61.5.16 板荷~下小代 5056ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」8131+8231+8331+8431+8515+8615
つつじの花の咲きほこる中を、8131の臨時快速が浅草へ向かいます。修学旅行帰りの生徒達の想い出を乗せ帰路につきます。

S49-4.jpg
S49.4 春日部 8100型車番不詳
オレンジ・ベージュ、非冷房時代の8000系です。春日部駅も随分とのんびりしています。方向幕が壊れサボを使用しています。

371-5-8101.jpg
S59.4.17 東武動物公園 498ㇾ8101+8201+8301+8701+8801+8401、621ㇾ845+7846+846+7845+870+7870
8000系のトップナンバーとクハ845の顔合わせです。クハ845他はこの時点では館林検修区の配置で、準急や各停のみの運用でしたが、数週間後に春日部検修区に転属し通勤快速や臨時快速の運用に返り咲きました。10月末までの僅かな期間でしたが、最期の輝きを見せた時期でした。

374-27-81110.jpg
S59.5.4 松原団地~新田 652ㇾ81110+82110+83110+87110+88110+84110
松原団地~新田の中間地点です。今は外環が出来て、当時の面影はありません。

375-22-8101_201312092303216a7.jpg
S59.5.5 東武日光 3058ㇾ臨時快速「たびじ」8101+8201+8301+8701+8801+8401
前に一度紹介した写真です。GWの多客臨に使われる8000系のトップナンバー8101、セイジクリームの塗装も中々のものです。

386-7-8444.jpg
S59.6.3 春日部検修区 8444+8344+8244+8144、7310+310+7303+305+7305+303
春日部検修区の収容線で8444と通学臨電用の7310が並びました。7310が春日部に助っ人に来たのは約5ヵ月間でした。短い間の出会いでした。

392-30-8609.jpg
S59.6.20 和戸~久喜 538ㇾ8609+8509+8457+8857+8757+8357+8257+8157
伊勢崎線の朝のラッシュの8両編成です。一つ前の久喜駅で国鉄東北本線に乗換える客も多く、車内の混雑は一旦落ち着いています。

395-16-8490.jpg
S59.6.29 西新井工場 8490他と入換車
西新井工場のピット線で森林公園の8490と無番入換車の並びです。沢山の車両のメンテナンスを行ってきた西新井工場ですが、今ここはマンションが建っています。

522-13-8431.jpg
S60.4.8 西新井 回8351ㇾ8431+8331+8231+8131
春日部検修区所属の8431編成の出場回送です。セイジクリームが綺麗に塗装されています。

525-3-8465.jpg
S60.4.13 鉢形~玉淀 55ㇾ8165+8265+8365+8765+8865+8465
桜の咲く玉淀付近で撮影した8165編成です。この後、57ㇾでは7881+881+7882+882の新栃木後パンコンビがやってきました。

538-3-84117.jpg
538-4-81117.jpg
S60.5.15 竹ノ塚 上3037ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」84117+88117+87117+83117+82117+81117
          下3037ㇾ81117他と946S3065他
竹ノ塚で撮影した臨時快速「たびじ」、修学旅行の生徒を乗せ日光へ向かいます。一緒に並んだ営団3000系も懐かしいですね。

565-23-84108.jpg
S60.7.22 西新井 453ㇾ84108+83108+8218+8118
8000系4両編成の準急羽生行、春日部検修区の運用でした。81108編成はS56.2アルナ工機製、73型の置換え用に投入された車両です。

565-35-8163.jpg
S60.7.22 西新井 回8341ㇾ8463+8863+8763+8363+8263+8163
森林公園所属の8163編成の西新井工場からの出場回送です。8163編成が出場すると7.24には、森林公園の8106編成が入場しました。

568-25-8127.jpg
568-26-8427.jpg
S60.7.26 鷲宮~花崎 546ㇾ8127+8227+8327+8427
この日は、モニ1473の試運転でしたが、その際に撮影したものです。8127編成はこの後10.9に西新井工場へ入場し、10.23に出場していますが、セイジクリームのまま出場しています。

599-9-8139.jpg
599-10-8643.jpg
S60.10.20 西新井~竹ノ塚 456ㇾ8139+8239+8339+8439+8543+8643
館林検修区の運用です。8139はS61.11.7に西新井工場で検査を受けた際に新塗装となり、11.20に出場しています。

605-2-8552.jpg
S60.11.5 姫宮~東武動物公園 211ㇾ8552+8652+8559+865+8545+8645
新栃木の8000系の運用です。全て旧塗装のブツ6編成です。S60.9に8543編成から新塗装化が始まり、この頃からポツポツと新塗装車が出てきた頃です。

638-9-8141.jpg
S61.4.10 新田~蒲生 453ㇾ8141+8241+8341+8441+8558+8658
これは、春日部検修区の運用です。下り方の8558編成は、S61.1.21に西新井工場を新塗装で出場しました。

640-8-8172.jpg
S61.4.18 新田~蒲生 451ㇾ8172+8272+8372+8772+8872+8472
草加市と越谷市の境界付近で撮影しました。高架複々線工事のため側道の取付工事が始まっています。

641-13-8127.jpg
S61.4.21 東武動物公園~幸手 638ㇾ8127+8227+8327+8427+8578+8678
78型が消え、この日の撮影のメインは6000系と6050系の混色編成でした。

642-15-84114.jpg
S61.4.25 栗橋~新古河 230ㇾ81114+82114+83114+87114+88114+81114
春日部検修区所属の貫通6両固定、81117編成です。S58.3に新製された編成で、新製からそろそろ3年が経過した頃です。

649-14-8103.jpg
S61.5.22 東武金崎~楡木 3037ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」8103+8203+8303+8703+8803+8403
5,6月は修学旅行シーズンのため、臨電のヘットマークは「たびじ」が多く、7、8月になると「林間学校」、9、10月になると、また「たびじ」が多くなります。

649-23-8103.jpg
S61.5.22 東武金崎~楡木 3054ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」8103+8203+8303+8703+8803+8403
先程、3037ㇾで下った8103編成が3054ㇾで戻ってきました。窓から顔を出す悪ガキの姿が見えます。

720-26-8171.jpg
S62.5.4 姫宮~東武動物公園 554ㇾ8171+8271+371+871+8871+8471
太田発の準急浅草行です。8171編成がS61.11.22に西新井工場を出場してますが、セイジクリームのままでしたが上部灯は外されています。

721-13-8577.jpg
S62.5.22 西新井 1212Dㇾ8577+8677
新塗装で上部灯付きの8577編成ですが、S60.12.6に西新井工場を出場しています。2両固定はS60.9の8543編成以後、新塗装で出場しています。新塗装で上部灯付きは2両固定以外に無かったように思います。しかし、出場車を全てチャエックしている訳では無いので、真相は不明です。

726-22-8133.jpg
726-23-8433 8459
S62.7.22 谷塚 上回8248ㇾ8133+8233+8333+8433
         下回8248ㇾ8433他と829ㇾ8459+8859+8759+8359+8259+8159
8133編成の西新井工場入場を捕えたもので、セイジクリーム、上部灯付き、車番入りは希少なパターンでしたが、本線では東上線以上に少なかったと思います。8133編成はS60.10.20にセイジクリームで西新井工場を出場していますが、車番は出場後に追加されたものと思われます。それに対し、8159編成ははS61.11.8に西新井工場を出場しています。新塗装で上部は撤去されています。この塗替え時に色々なパターンが存在し、全貌は不明です。

728-16-8153.jpg
728-17-8680.jpg
S62.8.11 春日部 3060ㇾ臨時快速「たびじ」8153+8253+8353+8453+8580+8680
夏の多客臨での臨時快速です。鬼怒川公園発で往路はサボを使用したため、8153の車掌側の窓にサボが見えます。後ろの8680はサボと方向幕のW表示です。8580編成は2両固定のラストナンバーですが、更新はされず早い時期に廃車になってしまいました。

733-8-8666.jpg
733-9-81108.jpg
S62.11.1 明神~下今市 3037ㇾ臨時快速「たびじ」8666+8566+84108+83108+82108+81108
秋の多客臨の臨時快速で、「東武日光、新藤原行」で下今市で日光線と鬼怒川線に分かれます。
81108編成は新栃木で、宇都宮線のワンマン車として使われています。8566編成の方は、東上線に転属後に東武顔の8112編成と伴に、H22.5に廃車されています。

733-10-8153.jpg
S62.11.1 板荷 3039ㇾ8153+8253+8353+8453+8538+8638
こちらも多客臨で快速「東武日光・鬼怒川公園行」です。板荷駅を通過し、分割駅の下今市を目指します。

733-18-81108.jpg
S62.11.1 板荷~下小代 3060ㇾ81108+82108+83108+84108+8566+8666
3037ㇾで下った編成が戻ってきました。81108編成は浅草到着後、折返し221ㇾ通勤快速「東武日光・東宇都宮行」になるため、また日光へ戻ってきます。

733-26-8160.jpg
S62.11.13 姫宮~東武動物公園 448ㇾ8160+8260+8360+8760+8860+8460
8160編成は8125編成と同じパターンのセイジクリーム、上部灯無し、車番入りです。前回の検査は、S61.6.11に西新井工場を出場しています。

750-9-8616.jpg
750-10-8130.jpg
S63.4.1 和戸~久喜 443ㇾ8616+8516+8430+8330+8230+8130
更新後の8516、8130編成です。8516編成は、更新出場したのがS62.3.28で8130編成の更新出場はその2日後でS62.3.30でした。

752-1-84117.jpg
752-2-81117.jpg
S63.4.29 北越谷 3037ㇾ臨時快速「新藤原行」84117+88117+87117+83117+82117+81117
地平時代の北越谷駅を通過する、GWの多客臨です。81117編成はS63.3.4に西新井工場を検査出場したばかりでした。

753-4-8133.jpg
753-5-8622.jpg
S63.5.5 樅山 3037ㇾ8622+8522+8433+8333+8233+8133
GW多客臨の快速「新藤原行」です。S62.7.22に谷塚駅で入場回送を撮影した8133編成です。S63.8.3に新塗装となり西新井工場を出場しています

758-13-8545.jpg
S63.8.25 西新井~竹ノ塚 413ㇾ8545他と1501T2113他
新栃木検修区の8545が、2113「草加行」を抜きにかかります。この時は、新栃木の8000系にも「南栗橋」の方向幕が入っていました。

765-23-8141.jpg
S63.9.7 西新井~竹ノ塚 242ㇾ8141+8241+8341+8441+8528+8628
複々線区間を行く、東武宇都宮発の準急「浅草行」です。8141編成は新塗装になり、S62.3.14に西新井工場を出場しています。

8000系の東武顔を8回に渡り、紹介させていただきました。他にも写真はありますが、この辺で終わりにしたいと思います。この項を紹介するに当たり、8000系の写真を探しましたが自分でも色々な写真を撮っていた事に気づきました。以前は野田線の撮影をしていても、8101や8106の初期車が中心で8145や8157等のナンバーが来ると、余り面白い車ではないなと思いシャッターを切らないこともありました。いかし、色々な経歴を持つ車両が今も野田線で使われている事い気づき、どの車も見てもとても愛おしい気持ちになりました。野田線の10000系や60000系が入り新しい車両にバトンを渡し引退する日も近いと思いますが、最期まで無事故で頑張ってほしいと思います。

いつも沢山の方々にご覧いただき、ありあがとうございます。
何かお気付きの点がありましたら、遠慮無くコメントをお願い致します。

234-14-8516.jpg
S57.11.12 松原団地 回8346ㇾ8558+8658+入換車+8517+8617
最期は以前に使用した写真ですが、西工の無番入換車の出場回送の写真で締めくくりとします。

ありがとうございました。
次回もお楽しみに。







スポンサーサイト

8000系東武顔車両(原型顔)の紹介 第7回

 こんにちは。
また、続けて更新します。もう8000系の東武顔はうんざり、旧型電車をやって下さいとのご意見のあると思いますが、も少しお付き合い下さい。

L063-32-8603.jpg
S61.4.25 栗橋~新古河 234ㇾ8545他
渡良瀬川の土手をバックに新栃木の8000系がやってきました。手前の川が旧川と言い渡良瀬川の旧流です。
8545編成は新栃木の8000系の中で唯一、館林からの転入車でした。更新によりモハ8845とサハ8745に改造され8145編成の中間に組み込まれ、野田線で使われています。

8154-810607.jpg
S56.6.7 森林公園 8164+8264+8364+8764+8864+8464寄居発急行池袋行
矢印式の方向幕も懐かしい、寄居~池袋間の急行です。この後のネガにも寄居発の急行池袋行が写っていますが、こちらは、803+7817+817+7803+842+7842の編成でした。

304-8-8619.jpg
S58.8.15 新田~蒲生 3060ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」8619+8519+8445+8345+8245+8145
春日部検修区の8000系の運用です。3060ㇾは、折返し221ㇾの通勤快速「東武日光・東武宇都宮」行になるたなめ5050系や78型で運転される事が多かった列車です。この日は8000系でガッカリしたのを覚えています。

307-27-84100.jpg
S58.8.28 西新井工場 84100、7835
西新井工場に入れていただき、撮影したもので森林公園から入場していたクハ84100と館林から入場してた7835が並んでいました。7835は検査入場で更新は翌年の4月でした。

307-19-8659.jpg
S58.8.28 西新井工場 8659+8559
ことらも前の写真と同じ日の撮影です。8559編成は森林公園検修区の車両ですが、冷房改造のため入場していました。遠くにモニ1473も姿が見えますが、現行色のセイジクリームにブルーの帯を巻いた試験塗装になっていました。

349-26-8135.jpg
S59.3.11 北坂戸~東松山 9ㇾ「むさしの」8135+8235+8335+8435+8119+8219+8319+8419+8511+8611
10両編成ですが、4両しか入っていません。これは、この後に来る越生線の回送列車を撮るためにアングルを決めていたからです。この後、回4002ㇾで310+7310+847+7847を撮影しました。

350-21-8606.jpg
S59.3.13 東松山~森林公園 1205ㇾ8606+8506+84106+83106+82106+89106+89105+83105+82105+81105
この写真も越生線の回送列車を撮影の際に撮ったものです。坂戸から回4001ㇾ7851+851+7887+887がやって来ました。

398-27-8653.jpg
S59.7.11 羽生 350ㇾ8653+8553+8426+8326+8226+8126、回8346ㇾ7848+848+7304+362+7308+361+7887+887
第1回目で7.9の7325編成回送の際の並び写真を紹介しましたが、7.11は7304編成ですが、控え車7848も350ㇾの8653も同じでした。

402-32-8601.jpg
S59.7.19 春日部 回8346ㇾ8601+8501
森林公園所属の8501編成の、西新井工場への回送です。サボ受けに急行・準急のサボが裏返しにして入れてあります。サボが入っているところを見ると、入場でなく他の車両を迎えに行くのでしょうか。

410-7-8673.jpg
S59.8.5 牛田 654ㇾ8673+8573+84108+83108+82108+81108、221ㇾ7838+838+7845+846+7846+845
幸手発の各駅停車8673と通勤快速7838が並びました。通勤快速は春日部検修区の運用ですが、S58末に更新のため春日部の78型の配置が無くなり、78型が通勤快速に入ることは無くなりました。S59.5に館林の78型が全車春日部に転入し、更新や森林公園転出までの僅かな期間78型の通勤快速が復活しました。この編成は7820型で統一された綺麗な編成です。

491-27-8552.jpg
S60.2.20 西新井~竹ノ塚 241ㇾ8552+8652+8557+8657+8559+8659
新栃木の8000系による東武宇都宮行です。今では、浅草口で東武宇都宮行の方向幕が見れるのは特急「しもつけ」号だけです。普通電車だと南栗橋まで行かないと東武宇都宮行は見れません。それも朝の1本209ㇾは新栃木の8000系です。

500-32-8618.jpg
S60.3.6 松原団地~新田 839ㇾ8618+8518+8668+8568
春日部検修区の4両運用に入った、ブツ4です。高架複々線工事のため線路脇が用地買収され更地になっています。

500-33-8616.jpg
S60.3.6 松原団地~新田 試7853ㇾ8616+8516
前の写真と同じ日の撮影です。この列車は西新井工場の出場試運転では無く、動揺測定の試運転列車です。

509-36-8558.jpg
S60.3.20 新越谷 839ㇾ8558+8658+8508+8608
春日部検修区のの4両運用です。この運用は、同じ車両が長期間入ることは少なく数日で入換えがありあました。普段顔が出ない8500や8400など翌日に撮影に行くと、もう番号が変わっていることが多かったと思います。

542-15-8508.jpg
S60.5.24 和戸~久喜 452ㇾ8508+8608+8516+8616
これも春日部検修区の4両運用で、この日は8508が浅草方の先頭でした。8500型は、4両運用の他に亀戸・大師の運用でも捉えることが出来ました。

542-30-8458.jpg
542-31-8158.jpg
S60.5.28 竹ノ塚 3037ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」8458+8858+8758+8358+8258+8158
8158編成はS47アルナ工機製です。今でも野田線で頑張っています。本線から8000系が消え6両固定は野田線のみで、60000系の増備や10000系の転配が進めば8700.8800もお役御免でしょうか。

545-13-8576.jpg
S60.6.7 草加 回D6025ㇾ8576+8676
亀戸線の運用を終え、春日部検修区に帰る回送列車です。草加駅の高架線の工事が進んでいますが、まだ地上のままです。

546-30-8117.jpg
546-31-8417.jpg
S60.6.14 姫宮~東武動物公園 546ㇾ8117+8217+8317+8417
この日の4両運用は、4両固定の8117編成でした。この編成は殆ど春日部を離れることなくH21に廃車になっています。

556-5-8118.jpg
S60.6.24 北春日部 838ㇾ8118他、回8346ㇾ872+7872+874+7874
森林公園の7872.7874の更新入場です。森林公園の車両とは言っても、元は新栃木に所属し本線に馴染み深い車両です。7872は半年前にDRC1751編成と併結して走ったのも記憶に新しいところでしたが、お別れです。

592-2-8488.jpg
592-3-8187.jpg
S60.10.7 東武動物公園 回8341ㇾ8484+8384+8284+8984+8983+8383+82838183、下は8483と1117T2107森林公園の8000系8両固定編成の出場回送です。8483と2107が顔を揃えましたが、同じ8両固定でも普段は顔を会わすことはありません。

602-8-8538.jpg
S60.10.31 西新井 1002Dㇾ8538+8638
8538編成はピカピカです。それもそのはず、10.26に西新井工場を出場したばかりでした。この時点で新塗装は、8543.8542とこの8538でした。

641-19-81117.jpg
S61.4.21 東武動物公園 740ㇾ81117+82117+83117+87117+88117+84117、147ㇾ6111+62116116+6216+6158+6258
同じ東武顔の8000系、6000系ですが前照灯や上部灯の位置などが微妙に違いますね。

642-14-8560.jpg
S61.4.25 栗橋~新古河 215ㇾ8560+8660+8556+8656+8557+8657
新栃木の8000系ですが、下り方の2両8557編成のみ新塗装になっています。利根川の土手で新古河方です。新古河駅からここまで徒歩で約1時間です。

674-4-8645.jpg
S61.8.31 幸手~南栗橋 213ㇾ8645+8545+8652+8552+8660+8560
新塗装をサンドイッチした混色編成です。この数日前の8.26に南栗橋駅が開業しました。

710-23-8118.jpg
S62.2.17 谷塚 回8346ㇾ8118+8218+8318+8418
館林検修区の8118編成の西新井工場への入場回送です。谷塚駅も高架線になっていますが、複々線にはなっていないで退避線がある暫定的な配線です。

713-2-8557.jpg
S62.3.18 野州大塚~壬生 213ㇾ8557+8657+8545+8645
以前紹介した写真は、2枚とも混色編成でしたが今回は4両とも新塗装になっています。前回の写真で旧塗装だった8545編成もS61.9.13に新塗装となり、西新井工場を出場しています。

717-29-8677.jpg
717-30-81107.jpg
S62.4.22 鷲宮~花崎 539ㇾ8677+8577+84107+83107+82107+81107
モニ1473の杉戸工場出場試運転を撮影しに行った際に、撮ったものです。モニ1473が入場している間、西新井工場入換の代替車として館林検修区の3050系2両固定が貸し出されていました。

720-13-81117.jpg
720-14-8172.jpg
S62.4.29 和戸~久喜 上443ㇾ81117+82117+83117+87117+88117+84117、下448ㇾ8172+8272+8372+8772+8872+8472
旧塗装から新塗装への過度期にあたり、やって来る車両の色が違い待っていても楽しい時期でした。

738-11-8138.jpg
S63.1.10 草加 8138他
臨時快速の運用を終わり、北春日部へ帰る回送です。大きな「回」の字のみのサボが入っていますが、以前は57型が回送の時にこのデザインのサボを付けていました。

740-18-8472 8404
S63.1.19 草加 左各駅停車東武動物公園行8472+8872+8772+8372+8272+8172、右準急伊勢崎行8404+8804+8704+8304+8204+8104
草加駅も高架線になりましたが、仮ホームです。マンション等も殆ど無く、高い建物はディマートしか写っていません。

753-14-8456.jpg
S63.5.30 西新井工場 8456他
西新井工場に入場中の森林公園8156編成です。メモもを見ると5.10に入場して6.3に森林公園に帰っていきました。8156は東上線を出る事無く廃車になっていて、本線には馴染みの薄い車です。
この日西新井工場に居たのは、定期検査で新栃木の8559、七光台の3125、春日部の2113でしたが、その他改造中の七光台2181や更新工事で春日部の8101、森林公園の8114の姿も見えました。

757-24-8676.jpg
S63.8.19 草加 8676他と並ぶ929T2117他
草加まで高架複々線が完成し、草加駅も綺麗になりました。2000系の「草加」行も懐かしいですね。
来年、竹ノ塚付近の高架線工事のため竹ノ塚駅の折返し線が一部撤去されるのに伴い、昼間の竹ノ塚折返しの浅草行が草加折返しになるらしいです。また「草加」のサボが見られそうです。

780-1-81114.jpg
H1.2.1 姫宮~東武動物公園 回6413ㇾ81113+82113+83113+87113+88113+84113+8137+8237+8337+8437
回送とは言え、8000系の10両編成は壮観ですね。

780-7-8556.jpg
H1.2.1 姫宮~東武動物公園 215ㇾ8556+8656+8559+8659+8557+8657
新栃木の8000系ブツ6です。この2両固定の3本は既に廃車となています。他の固定編成に比べ2両固定は廃車が進んでいます。

781-18-8552.jpg
H1.1.23 谷塚 240ㇾ8552+8652+8554+8654+8545+8645
これも新栃木の8000系ですが、この日は2102編成の西新井工場への回送を撮影に来ました。この後に回8248ㇾで2102+2202+2352+2252+2552+2652+2302+2402が西新井工場へ向かいましたが、廃車前提にため列車無線等は既に外されていました。2552+2652は2080系改造のため、西新井工場で外され他の6両は2.1に北館林に廃車回送されました。

786-32-8116.jpg
H1.3.8 草加 823ㇾ8116他、1124T2109他
雪の草加駅で8000系と2000系が並びました。この時、2000系は廃車が始まっていて2109編成もH4.4に廃車になっています。

793-28-8642.jpg
H1.5.5 柳生~藤岡 251ㇾ8642+8542+84109+83109+82109+81109
この頃になると、更新が進み新しい顔の8000系も増えてきました。板倉東洋大学前駅はまだ開業していません。

今回も8000系の東武顔を紹介させていただきました。今回は40枚以上になってしまい見る方も、ウンザリするかと思います。最期までご覧下さいました方、ありがとうございました。
あと2週間程で、8000系の鉄コレが発売ですね。どんな編成にしょうかと楽しみなところですが、やはり4+2の6両編成が本線系統では一般的ですね。
次回は8000系東武顔の最終回です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

8000系東武顔車両(原型顔)の紹介 第6回

 こんにちは。
8000系東武顔車両(原型顔)の紹介も6回目になりました。今回も同じ様な写真ですが、8000系の東武顔を紹介していきます。

L041-30-8707.jpg
S61.7.13 五反野~梅島 8653他準急伊勢崎行、3018他各駅停車北春日部行
複々線区間で準急が各停を抜き去ります。営団3000系は非冷房で窓が少ししか開かず、とても暑い電車でした。

110-1-8137.jpg
S56.4.29 春日部 8137他準急浅草行
この日は、57型の快速急行「だいや」を撮影にきました。その際に撮影したものですが、8137編成はこの時点で春日部検修区の所属です。後に館林に移りますが、この時点で館林検修区は全て73.78型で8000系の配置はありません。

145-19-8470.jpg
S56.9.14 久喜~鷲宮 8470+880+8770+8370+8270+8170
以前に同じ場所で撮影した8101編成を紹介しましたが、同じ日に撮影したものです。この日は、終焉間近の7806編成を撮影にきました。メモを見ると7845の4両編成や7801、7891なども写していました。本当に良い時代でしたね。

258-3-8622.jpg
258-4-8146.jpg
S58.3.23 鷲宮~花崎 539ㇾ8622+8522+8446+8346+8246+8146 準急太田行
8622を先頭とした準急列車です。8622は、末期は2つ前で紹介した8137と編成を組み野田線で活躍していました。H21.4に8137と伴に廃車となり北館林に回送されました。8146編成は、更新時に8546編成を中間車改造し6連となり、野田線で使われていましたが、今年の7月廃車になっています。

284-10-8469.jpg
S58.6.11 羽生 543ㇾ8469+8869+8769+8369+8269+8169、回8346ㇾ7325+360+7327+325
森林公園から杉戸工場に入場する7325編成と本線の準急8469編成です。73型の検査尾は、森林公園、館林とも全て杉戸工場の受持ちで、森林公園の73型が秩父鉄道を回送し入出場していました。

303-12-81107.jpg
S58.8.12 東武動物公園 81107+82107+83107+84107+8571+8671各停浅草行、843+7843+871+7871+884+7884準急羽生行
S58の夏の撮影ですが、この時期7860型が集中的に更新入場しています。この写真撮影の数日後、8.15には春日部検修区の7861.62編成が西新井工場に入場しています。

393-33-8102.jpg
S59.6.20 東武日光 5054ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」8102+8202+8302+8702+8802+8402、3054ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」886+7886+884+7884+885+7885
以前にピクチャ-パズルn3並びで紹介した写真です。右端には5700の姿も見えます。3054ㇾは予定臨でダイヤにも記載されいます。それに対し5054ㇾは盛りスジでダイヤに記載はありません。3054ㇾと5054はㇾ、ほぼ続行で浅草方面に向かいます。

394-12-8102 8103
S59.6.20 東武日光 5054ㇾ8102+8202+8302+8702+8802+8402、3056ㇾ8103+8203+8303+8703+8803+8403いづれも団体専用臨時快速「たびじ」
78型が発車した後に回送で、3056ㇾに充当される8103編成が入ってきました。初期車同志8102と8103が顔を揃えました。その時は何でもない光景でしたが、今からすると夢にような並びですね。

431-1-8579.jpg
S59.9.27 春日部検修区 入換中の8579+8679+7001
クエ7001の月検査が終わり、検査線からいつもの留置線に戻るところです。月検査が終わるのをずっと待っていましたが、入換が始まった頃には日も暮れかけていました。お彼岸を過ぎ、日が短くなっていました。

431-34-8607.jpg
S59.10.2 姫宮~東武動物公園 回6251ㇾ8607+8507+8446+8346+8246+8146
新栃木への定期回送列車です。この日は、解体のため西新井~東武動物公園駅に回送される7844+844の回送を撮影に来ました。この後、回8341ㇾで7839+839+7844+844を撮影しました。7844が去ると残る7820型は春日部検修区に7839.7845.45、森林公園に7848.7849が残るのみとなりました。

459-25-8153.jpg
S59.12.7 姫宮~東武動物公園 629ㇾ8153+8253+8353+8453
8153編成は8150台の4両固定車で唯一、春日部検修区に新製配置された車両です。現在も8542編成と組み野田線で使われいます。8453は運転室の機器を撤去していますが、運転台は残っています。

475-21-8609.jpg
S60.1.9 西新井 回8249ㇾ8609+8509
春日部検修区の8509編成の、西新井工場への入場回送です。8509編成は初期に更新されたため、更新後も東武顔を残していました。最期は七光台へ転属し廃車となっています。野田線で活躍した数少ない東武顔の1両です。

495-9-8558.jpg
495-10-8618.jpg
S60.3.1 久喜~鷲宮 452ㇾ8558+8658+8518+8618
羽生発の準急で4両編成の運用です。この後、回8346ㇾで7888+888が更新のため、西新井工場へ向かいました。78型の更新も終盤にさしかかっていました。

496-4-8430.jpg
S60.3.1 西新井 回8351ㇾ8430+8330+8230+8130
検査を終え西新井工場を出場する8130編成です。更新後も東武顔が残った車両ですが、写真は更新前の姿です。

509-17-84111.jpg
509-18-81111.jpg
509-29-81111.jpg
S60.3.16 武州唐沢~越生 81111+82111+83111+84111 1枚目3037ㇾ、2枚目3040ㇾ、3枚目3049ㇾ
梅が咲く越生線での撮影です、残り少なくなった78型を撮影に行った際のものです。この時点で残っていた78型は、7872~7877.7879~7886.7889の28両になっていました。この日越生線には、81111編成に他に7889+889+7876+876、7886+886+7877+877が運用に入っていました。

536-11-8127.jpg
S60.5.11 春日部 450ㇾ8127+8227+8327+8427
この編成も初期更新のため、更新後も東武顔が残った車両です。更新前の一コマですが、これもこの後に上がってくる回8346ㇾ881+881+885+7885を待っている間に撮影したものです。この時期に伊勢崎線沿線に開校した私立高校は最低の学校ばかりでした。窓から出た腕が生徒の質を物語っています。

568-27-8621.jpg
S60.7.26 鷲宮~花崎 341ㇾ8621+8521+8416+8316+8216+8116
A準急の伊勢崎行です。種別幕がまだ白幕のままでした。

584-26-8543.jpg
S60.9.26 新田~蒲生 回8249ㇾ8543+8643
初めて新塗装となった、8543編成の出場回送です。当時の配置区である館林検修区へ向かいます。

587-21-8484.jpg
S60.9.24 姫宮 回8346ㇾ8484+8384+8284+8984+8983+8383+8283+8183
東上線用の8両固定編成の西新井工場入場回送です。8両固定は西新井で検査を担当していたため、時折本線を走る姿を見ることが出来ました。

590-12-8624.jpg
S60.10.4 春日部 815ㇾ8624他と回6813ㇾ12201他
春日部駅での並びです。本線の10000系も新製から1年9ヵ月となりましたが、また配置両数はたったの32両でした。

598-3-8538.jpg
598-4-8638.jpg
S60.10.16 梅島 回8248ㇾ8538+8638
西新井工場への入場回送です。H21.5に廃車になっています。

598-14-8601.jpg
S60.10.19 鷲宮~花崎 回8341ㇾ8601+8501+5602+5502+5402+5302+5202+5102
5102.5502編成の春日部から森林公園への転属回送です。8501編成が伴車として連結されています。冷改後の5000系が秩父鉄道を回送する時は、必ず8501編成が連結されていました。

658-1-8656.jpg
S61.6.20 新古河~栗橋 236ㇾ8656+8556+8659+8559+8657+8557
新栃木の8000系で、東武宇都宮発の浅草行です。S60.11に新栃木に8000系が転属し78型を置換えました。この時、新栃木には2両固定車ばかり集まるため、春日部・館林・森林公園で車両の入替が行われました。写真の編成に連結されている車両でも、8556.8557編成は春日部から8559編成は森林公園からの転入車でした。最終的には8556.8557へ戻り、8559も森林公園へ戻り廃車になっています。

658-32-8403.jpg
S61.6.25 竹ノ塚 回5075ㇾ8403+8803+8703+8303+8203+8103
回送列車ですが、「たびじ」のマークが付いています。折返しの客扱いに備え、浅草駅で「たびじ」のマークを付けたようです。5075ㇾとはイレギュラーな列番ですが、どこまでの回送だったのでしょうか。

707-28-8171.jpg
S62.2.3 鐘ヶ淵~堀切 349ㇾ8171+8271+8371+8771+8871+8471
線路には少し雪が残っていますが、とても寒い日でした。

728-11-8110.jpg
S62.8.11 小川町 49ㇾ8110+8210+8310+8710+8810+8410
セイジクリーム塗装の8110編成ですが、上部灯とサボ受けが残っています。青で前面に「8110」の車番も書き込まれいて、塗装変更時の中で数少ないパターンでした。8110編成は今も野田線で現役です。

728-13-8165.jpg
S62.8.11 森林公園 1157ㇾ8165+8265+8365+8765+8865+8465、1168ㇾ11805+12805+13805+14805+15805+16805+17805+18805
8165編成も前の写真の8110編成と同じパターンです。この日は9000系の新製車搬入を撮影に来た際撮ったものです。9000系(9707~9009)は5153編成に牽引され寄居~森林公園間を回送されました。

734-10-8540.jpg
S62.11.23 竹ノ塚 347ㇾ8540+8640+8129+8229+8329+8429
竹ノ塚止まりの直通電車を降り、ホームで電車を持っていると館林の8000系の準急が通過しました。あれ、いつもと違うぞと思シャッタ-を押しました。普通は浅草方に4両固定、伊勢崎方に2両固定が連結されるはずが逆になっていました。後で確認したところ、8129の方向幕が故障したため編成を組み替えたとの事でした。

737-16-8140.jpg
S62.12.17 和戸~久喜 348ㇾ 8140+8240+8340+8440+8553+8653
この日、3050の試運転と東上の8両固定出場を撮りに来ました。回8341ㇾ81105編成を試7344ㇾ3155編成を撮影しました。

737-20-84108.jpg
S62.12.17 和戸~久喜 回8341ㇾ84106+83106+82106+89106+89105+83105+82105+81105
前の写真の後に撮影した、森林公園8000系8両固定の出場回送です。今ではこの編成は2つい分割され宇都宮線のワンマン車として活躍しています。

752-4-8675.jpg
S63.4.29 杉戸高野台 回3037ㇾ8675+8576+8445+8345+8245+8145
GWの臨時快速の送り込み回送です。まだ開業して日の浅い杉戸高野台駅で撮影しました。

752-20-8518.jpg
752-21-8618.jpg
S63.5.2 西新井~大師前 8518+8618
大師線で運用中の8518編成です。大師線は本線と東上線を結ぶ西板線の一部として開業したため、複線用の用地があり架線柱なども一部複線用のものが使われていました。

793-2-84110.jpg
793-4-81110.jpg
H1.5.5 板荷~下小代 3037ㇾ臨時快速「鬼怒川公園」行84110+88110+87110+83110+82110+81110
GWの臨時快速です。野岩鉄道の開通により、臨時快速の行先は、東武日光から鬼怒川線方面にシフトしています。

今回は、8000系東武顔の第6回でした。
いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。
何かお気付きの点がごじましたら、コメントをお願い致します。


にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

8000系東武顔車両(原型顔)の紹介 第5回

 こんにちは、続けて更新致します。
このところ、6000系や8000系と新性能電車に偏っていますが、あと何回かお付き合い下さい。

L052-31-8610.jpg
S61.11.3 草加 3037ㇾ臨時快速会津高原行81108+82108+83108+84108+8560+8660
野岩鉄道が開通し、8000系も臨時快速に会津高原まで行くようになりました。方向幕はありませんのでサボを使用します。しかし、3時間以上の乗車でロングシートでトイレ無しはいかかがなものでしょうか。

8161-800202.jpg
S55.2.2 森林公園検修区 8161+8261+8361+8761+8861+8461
78型の更新が始まり、館林の7816.14を更新した5102編成が森林公園に配属されました。鉄道友の会で5102編成の撮影会が行なわれ、その際に撮影しました。この日の8161編成は、予備で電留5番留置でした。

257-18-81117.jpg

S57.3.21 千住(貨 K5307ㇾヨ110+81117+82117+83117+87117+88117+84117+ED5062
81117編成の新車搬入による甲種輸送です。国鉄からの授受は久喜で行われ、千住(貨)で折返して西新井に向かいます。81117編成はS58.3の新製となっていて81118~81120より後の新製です。8両固定の81115編成、2両固定の8579編成と並び8000系の再新鋭車です。

303-3-8160.jpg
S58.8.12 和戸~久喜 8160+8260+8360+8760+8860+8460準急浅草行
モニ1473の杉戸工場出場試運転の折に撮影しました。春日部いは6両固定の8157~8160が配置されていましたが、これらの編成は新製時から冷房車として登場しました。8000系の冷房車はクーラーがギンギンに効いていました。

362-1-8138.jpg
S59.3.29 東武動物公園 回8341ㇾ8138+8238+8338+8438
方向幕を外され、春日部から森林公園への転属です。森林公園に残った73系を置換えるため本線に10000系が新製投入され、8165が3.28に8138が3.29にそれぞれ森林公園に転属して7304.7325編成を置換えました。7310+7303の6両は春日部へ転入し、S58.7まで加須行通学臨電に使われ73型として最期の活躍をしました。

366-26-8574.jpg
S59.4.8 武州唐沢 3037ㇾ8574+8674+8532+8632
S59.3.30を持って73型が全て廃車になりました。(通学臨電用を除く)73型が去った越生線を訪ねてみました。梅林は綺麗な花をつけていましたが、73型はもう来ません。それでも気を取り直して78型や5000系、8000系を撮影して帰りました。この日は、写真の8000系の他に7851+851+7887+887と5501+5601+5502+5602が運用に入っていました。

412-36-8616.jpg
S59.8.15 春日部 回6239ㇾ8616+8516+8459+8859+8759+8359+8259+8159、試7301ㇾ7881+881
春日部駅で回送8616と試運転7881が並びました。7881+881は当時新栃木検修区に配置されていました。新栃木の78型で後パンタは7881と7882の2両だけでした。この3ヵ月後新栃木から78型が撤退しました。

518-5-8660.jpg
S60.4.2 西新井~竹ノ塚 241ㇾ8660+8560+8652+8552+8618+8518
浅草方2両は新栃木の車ではありません。入場等による車両不足のため春日部検修区から借入をしていた様です。

520-15-8412.jpg
520-16-8112.jpg
S60.4.3 草加 回8341ㇾ8412+8812+8712+8312+8212+8112
森林の8112編成の出場回送です。8112編成には縁があるのか前回の入場時に続き、今回も捉えることが出来ました。

647-33-8458.jpg
647-34-8158.jpg
S61.5.17 板荷~下小代 回3037ㇾ8458+8858+8758+8358+8258+8158
団体臨電への送込み回送です。下り方8458の方向幕は「準急・浅草」でした。今こんな所で撮影していたら直ぐに線路内立入で緊急停止ですね。

648-5-8141.jpg
S61.5.17 板荷~下小代 回3039ㇾ8141+8241+8341+8441+8558+8658
学校関係の臨時は週末になると、下りの設定が少なく上りだけの場合が多くなります。この日も下りは、3037、3039と回送で下って行きました。

651-14-8166.jpg
S61.5.28 東武金崎~楡木 3037ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」8166+8266+8366+8766+8866+8466
8166編成がヘットマークも誇らしげに、思川鉄の土手を駆け上がって行きました。

652-4-8167.jpg
S61.6.2 北鹿沼~板荷 3037ㇾ団体専用臨時快速「たびじ」8167+8267+8367+8767+8867+8467
これも団体用の臨時快速です。前に書いた8157~8160の他に8166~8172の6両固定も続番で春日部検修区に配置されていました。この8167編成はS50年代に入ってからの新製車です。高校通学の頃、草加を7:57に出る準急館林行は館林検修区持ちの旧型車両で、7810~14.16などオンボロ車両が来てしかも激混みでしたが、その後に来る幸手行には新車の香りをプンプンさせた新車の8000系が来たのを覚えています。
北鹿沼のディアレイクCCにアプローチする道から撮影しましたが、今は電柱や電線がうるさくなり、この様な写真は撮影出来ません。

657-16-8554.jpg
657-17-8552.jpg
S61.6.15 野州大塚~壬生 上213ㇾ8554+8654+8560+8660、下234ㇾ8552+8652+8556+8656
6000系のサヨナラ撮影会の後に、宇都宮線の思川鉄橋で撮影しました。213ㇾ234ㇾと混色が立て続けにやってきました。先頭はいずれも新塗装ですが、良く見ると上の8554は上部灯無し、下の8552は上部灯付きとなっています。今でもここでは8000系を撮影することが出来ます。新栃木の8000系は後期の車両ばかりで人気はイマイチです。今のうちにその活躍を記録しておきたいものです。

740-27-8501.jpg
S63.1.20 小菅 回8346ㇾ8501+8601
森林公園8501編成の西新井工場入場回送です。この入場時に上部灯もサボ受けの無い状態でしたが、前回はS61.2~3にかけて川越工場に入場していますが、この時点で上部灯が撤去されたのか、その後検修区で撤去したのかは不明です。上部灯の撤去は雨水浸入対策として入場時い行っていましたが、森林公園の車は検修区でサボ受けの撤去をしているのでその時に同時に行われた可能性もあります。
S63.2.2に8501編成は西新井工場を出場して森林公園に回送されました。

745-16-8171.jpg
S63.2.10 西新井~竹ノ塚 634ㇾ8171+8271+8371+8771+8871+8471、2117T2110+2210+2360+2260+2560+2660+2310+2410
複々線区間で8171と2110がすれ違います。2000系も廃車が始まり、2110編成は最初に廃車となった編成です。この月を持って廃車となり2550+2660のみ2080系に改造されています。

746-22-8557.jpg
S63.2.16 西新井~竹ノ塚 8557+8657+8559+8659+8545+8645
新栃木の8000系ですが、全て新塗装車で組成されています。

756-31-8659.jpg
756-32-8552.jpg
S63.8.15 西新井~竹ノ塚 413ㇾ8659+8559+8654+8554+8652+8552
前後にサボが入った新栃木の8000系ですが、臨時快速ではありません。準急「南栗橋」行です。南栗橋駅はS61.8に開業しましたが、新栃木の8000系に南栗橋行の運用ありませんでした。S63.8に草加までの高架複々線化が完成しダイヤ改正が行われ新栃木の8000系にも南栗橋行の運用が設定されましたが、方向幕が間に合わず暫くの間サボを使用していました。

757-14-8191.jpg
757-15-8623.jpg
S63.8.15 谷塚 上3064ㇾ臨時快速8191+8291+8391+8491+8523+8623、下8623と16633の並び
高架複々線が完成後の谷塚駅で撮影した、8191の臨時快速です。この頃になると「たびじ」のマークが付くことは殆どありませんでした。

780-3-8159.jpg
H1.2.1 姫宮~東武動物公園 回6211ㇾ8159+8259+8359+8759+8859+8459+81108+82108+83108+84108
ラッシュ終了後の南栗橋への回送列車です。

780-5-8623.jpg
H1.2.1 姫宮~東武動物公園 回6417ㇾ8623+8523+8618+8518+8401+8801+8701+8301+8201+8101
これも前の写真と同様に、ラッシュ終了後の南栗橋への回送列車です。この日は2102編成が廃車のため6両で西新井から北館林に回送され、その折に撮影した写真です。

781-21-8527.jpg
H1.2.30 太田 929ㇾ8527+8627
小泉線、太田~東小泉間の区間運転の運用に入った館林の8527編成です。昔は東小泉駅は信号所で太田からの列車は全て西小泉まで行っていました。下野から引継の1601+1602が使われていました。今でも朝1往復、太田~西小泉間の運転があります。

782-15-8680.jpg
782-16-8580.jpg
H1.2.1 西新井~竹ノ塚 回6025ㇾ8680+8580
亀戸線のラッシュを終え、北春日部に帰る8580編成です。2両固定のラストナンバーですが、更新される事無く一番最初に廃車されてしまいました。(サハ8900を除く)

790-29-8677.jpg
H1.5.3 下今市 3043ㇾ臨時快速「新藤原」行8677他
GWの多客臨です。新藤原の方向幕が無いためサボを使用していました。

793-6-84113.jpg
793-7-84113.jpg
H1.5.5 新鹿沼~北鹿沼 3058ㇾ臨時快速浅草行81113+82113+83113+87113+88113+84113
この日はGWで臨時快速が多数運転されていましたが、下り3037ㇾは81110編成、送り込み回3039ㇾは8570など8000系の再新鋭車多数が使われていました。

796-18-8653.jpg
796-19-8128.jpg
H1.7.6 和戸~久喜 349ㇾ8653+8553+8428+8328+8228+8128
A準急の伊勢崎行です。「伊勢崎」に方向幕も懐かしいですね。8111編成のイベントに行くと幕回しで「東武日光・東武宇都宮」の表示は良く出しますが、準急「伊勢崎」などは全然やりませんね。準急「伊勢崎」「太田」「羽生」などの方が日常的に想います。1時間に1本は見られましたからね。なら、準急「東武宇都宮」はどうかと言うと、宇都宮線は4両しか入れないので新栃木で2両を切り放しするので、6両固定の8111ではダメですね。

今回も8000系の東武顔について、長々と紹介させていただきました。メモや記憶を頼りに書いていますが、曖昧な点の多々あります。もし間違いや気が付いた点がありましら、遠慮なくご指摘下さい。また、私は東武の社員でも関係者でもないので、記載した内容は自分で記録したものや、現場の社員の方々にお聞きしたものです。
今日は南栗橋のイベントですが、午後から子供を習い事に連れて行かなければならず参加出来ません。鉄コレも買いたいし、写真も撮りたいところですがとても残念ですね。

いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。
次回も8000系東武顔です。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。