スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モハ7880+クハ880について

 こんにちは。
前回の東上サボの紹介の際に主役となった、モハ7880編成について紹介したいと思います。
7880+880は、S35.9日本車両で製造されました。最初の配属は西新井電車区でした。その後、電車区の移転により西新井から春日部に移動し、S47.1の時点では春日部検修区に配置されています。時期は不明ですが、新栃木検修区に転属しています。私が写真を撮り始めたS50年代には、新栃木検修区に配置され浅草~東武宇都宮間の準急列車や日光・宇都宮線のローカル運用に就いていました。

153-20.jpg
153-21.jpg
S56.10.10 明神~下今市間での撮影です。この日は2両で日光線のローカル運用に就いていました。日光の山並みや杉並木をバックに、吊り掛けの唸りも高らかに私の前を駆け抜けていきました。この時は、日光線のロールは7870型と3070系の交互で数往復の運用がありましたが、次のダイヤ改正で3070系の運用が増え7870型は夕方の1往復だけになってしまいました。

221-8.jpg
221-9.jpg
S57.8.24 西新井~竹ノ塚間で西新井工場の出場試運転、試7302ㇾを撮影したものです。試運転の丸サボを付けピカピカの7880+880です。

221-13.jpg
221-14.jpg
S57.8.24 定番の撮影地北千住~小菅間で試7303ㇾです。この試運転撮影後、3037ㇾ臨時快速「林間学校」号の7871+871+7865+866+7866+865が通過しました。

137-15.jpg
S56.8.18 五反野~梅島間での撮影で7880+880+7874+874+7877+877の東武宇都宮行です。当時は1時間に1本東武宇都宮行の設定がありましたが、草加13時台だけは館林の運用で新栃木行でした。

377-1.jpg
S59.5.16 東武動物公園駅での撮影で252ㇾ7880+880+7873+873+7882+882の準急浅草行です。この運用は6両ですが、新栃木の78型の運用で10時台に浅草で折り返す運用は4両編成で、非常に混雑したのを覚えています。

426-32.jpg
S59.9.26 安塚~西川田間で452ㇾ7880+880+7875+875です。この日は、宇都宮線内の折返し運用に就いていました。

427-5.jpg
S59.9.26 前の写真と同じく安塚~西川田間での撮影で451ㇾ線内折返し運用です。

427-14.jpg
S59.9.26 東武宇都宮駅での撮影です。左が452ㇾ栃木行7880+880+7875+875、右が254ㇾ準急浅草行7874+874+7877+877です。宇都宮線は日中3ヘッドで、準急浅草行と新栃木・栃木・藤岡行との交互の運転でした。

442-12.jpg
442-13.jpg
S59.10.23 野州平川~野州大塚間で241ㇾ7880+880+7875+875の編成です。浅草からの準急列車は東武動物公園より各停ですが、準急のサボは付けたままでした。

442-20.jpg
S59.10.23 壬生~国谷間で254ㇾ7880+880+7875+875です。稲刈りの終わった田んぼの脇を7880の準急浅草行が駆け抜けました。

456-5.jpg
S59.11になると、新栃木検修区の7870型の春日部、森林公園への転属が始まりました。まず第1陣として11.7に7873~7875が春日部検修区へ転属、7880編成も7877.7879編成と伴に11.24森林公園に転属となりまいした。
写真は、S59.11.24 羽生駅での撮影で秩父デハ100型と東上へ転属する、回8443ㇾ7879+879+7877+877+7880+880です。

456-7.jpg
S59.11.24 羽生での撮影で入換えで秩父鉄道線に入線し、回8003ㇾとなります。入換中の7879+879+7877+877+7880+880の編成です。

456-12.jpg
S59.11.24 武川駅で8003ㇾのクハ880です。ここでは秩父鉄道の貨物列車と交換です。

456-16.jpg
S59.11.24武川駅を発車する回8003ㇾ880+7880+877+7877+879+7879です。

565-13.jpg
565-14.jpg
森林公園に転属した7880編成は、越生線や東上線の北部ローカル運用で使われました。しかし、その活躍も永くは続かず更新入場の日を迎えました。
S60.7.19 西新井~竹ノ塚間回8346ㇾで西新井工場へ向かう、7880編成です。クハ880の姿が近づいてくると運転台で、白い手袋をした左手が上がりました。良く見ると運転台にはM運転士の姿がありました。M運転士は撮影中に良く声を掛けてくてました。78や57型の自動ブレーキの扱いについては、天下一品で78型無き後も最期まで57型に乗務していました。

565-19.jpg
S60.7.19 西新井駅で回8347ㇾ7880+880です。西新井駅に到着し、ユックリと西新井工場へ入って行きました。

567-23_20130821215617e21.jpg
567-24.jpg
567-25.jpg
S59.7.24 姫宮~東武動物公園間で回8341ㇾ3672+3572+7880+880です。7880編成は西新井工場で5070系に流用される制御機などを下し、解体のため東武動物公園駅構内の経理部杉戸倉庫に向かいます。前に3070系のところで1度紹介しましたが、解体される78型の西新井~東武動物公園間の回送には牽引車として78型や5050系が使われましたが、この日に限って新栃木の3572編成が牽引しました。

567-32.jpg
567-33.jpg
S60.7.24 東武動物公園駅構内での撮影です。東武動物公園駅に到着した7880編成は同駅構内に経理部杉戸倉庫の解体線に押込まれました。約25年の活躍に終止符を打ち静かに消えていきました。7880編成永い間ご苦労様でした。

今回は、7880編成の新栃木時代、東上への転属、更新入場の様子を紹介させていただきました。新栃木に配置の78型は全て7870型で78系では一番新しい車両でした。面白みに欠け末期まで余りカメラを向けることはありませんでした。それでも、78型臨時快速の撮影などのため板荷や明神などに行く際に7870型の日光ローカルに乗車しました。車内はガラガラでしたが、吊り掛けの唸りを上げ、力強く日光線の勾配を登って行ったのが昨日の事の様に想い出されます。一杯に開かれた窓からは涼しい風が入ってきました。

いつも沢山の方にご覧いただき、ありがとうございます。








スポンサーサイト

東上サボについて

 こんにちは。
今回は、森林公園配置の73・78が付けていた、パタパタ式のサボの内容について紹介致します。
S60.4.15に森林公園検修区を見学する機会があり、880+7880+885+7885の編成を撮影する事が出来ました。
その際にクハ880に付いていたパタパタ式のサボを全て表示し、撮影させていただきました。この時点で森林公園に73型の姿は無く、残っていたのは、全て7870型で新栃木や春日部からの転属してきた車両でした。車番は、7872~7876.7889~7883.7885.7889の12編成24両です。78型として一番末期の頃の写真です。撮影した880+7880+885+7885の編成のうち7885編成が7881編成と伴に翌月の5.11に、7880編成は7.19に西工への帰らぬ旅に出ました。
今回は写真中心になります。それでは紹介して参ります。

01上板橋ー池袋
上板橋⇔池袋 角の部分は黄色です。

02成増ー池袋
成増⇔池袋 角の部分は緑色です。

03志木ー池袋
志木⇔池袋

04上福岡ー池袋
上福岡⇔池袋 角の部分は青です。

05川越市ー池袋
川越市⇔池袋 丸枠の部分は赤です。

06森林公園ー小川町
森林公園⇔小川町

07森林公園ー池袋
森林公園⇔池袋

08小川町ー池袋
小川町⇔池袋

09寄居ー池袋
寄居⇔池袋

10寄居ー森林公園
寄居⇔森林公園 両脇の線は緑です。

11回送
回送

12小川町ー寄居
寄居⇔小川町 両脇の線は赤です。

13川越市
川越市 丸枠の部分は赤です。

14越生ー池袋
越生⇔池袋 角の部分は緑です。

15越生ー坂戸
越生⇔坂戸 角の部分は緑です。

16池袋
池袋 両脇の線は黄色です。

以上の16種類のサボが入っていました。
その他、中央のサボ受けには「急行」「準急」のサボを入れます。

17-k003-15
S54.6.7 森林公園駅急行のサボを入れたクハ817、急行の文字は赤です。
編成は817+7803+303+7817+842+7842でした。

18-319-26.jpg
S58.11.11 新河岸駅 2328ㇾ準急のサボを入れたクハ310、準急の文字は青です。
この時の編成は、310+7313+315+7310+848+7848+850+7850でした。

今回は、78型末期の東上サボについて紹介させていただきました。同じ写真ばからヅラヅラ並べ面白みに欠けた思いますが、普段目にすること無かった表示についてもご覧いただけたと思います。
いつも沢山の方にご覧いただき、ありがとうございます。

東武の電気機関車(後編)

 こんにちは。
前回東武の電気機関車(前編)でED611からED5015までを紹介しました。今回は後編でED5016以降の機関車を紹介致します。前回、ED5016だけは写真が見つかりませんでしたが、東上転属後の写真が1枚見つかりました。これでED4010、ED4020、ED5000、ED5010、ED5060、ED5080型は全機写真が揃ったことになります。

5016-L022-3.jpg
S61.10.17 川越市~霞が関間で撮影した9001ㇾED5016です。S36.3日立製です。ED5016は、杉戸機関区に配置され本線の貨物列車を牽引していました。東上線の貨物輸送終了直前にED5017と伴に、坂戸機関区に転属し東上線の貨物輸送の最期を飾りました。東上線貨物輸送の終了に伴い、S61.10に廃車となりました。

5017-689-29.jpg
S61.10.17 下板橋駅での撮影で9003ㇾED5017です。東上線の貨物輸送廃止によりヘットマーク付で運転されました。東上生抜きのED5012~5015が既に廃車となり、杉戸より転属のED5016.5017が最期を飾るのは皮肉なものです。この日はホキ5700で統一された綺麗な編成でした。こちらも61.10で廃車となっています。

5018-541-14.jpg
S60.5.21 東武動物公園駅の撮影でK302ㇾED5018です。S36.3日立製です。廃車は61.10です。

5019-249-19.jpg
S58.2.22 鷲宮~花崎間での撮影でK328ㇾED5019です。S36.3日立製です。この写真の撮影時は国鉄貨物の縮小前で、車扱貨物を扱っていたため、いかにも貨物列車といった編成です。館林や川俣の貨車を連結しています。廃車はS61.10でした


5020-426-20.jpg
S59.9.17 西新井駅での撮影でK5308ㇾED5020です。S37.4日立製です。この日は78型の更新車である5173~5673の甲種輸送を牽引して西新井工場へやってきました。5173編成を西工に押込み、国鉄E6294を牽き東武動物公園に向かいます。廃車はS61.10でした。

5021-617-33.jpg
S61.1.12 杉戸機関区で撮影したED5021です。S37.4日立製です。この年S61.10に廃車となっています。

5022-303-2.jpg
S58.8.12 和戸~久喜間での撮影でK681ㇾED5022+ヨ214です。S37.4日立製です。廃車はS62.4でした。

5023-169-26.jpg
S57.1.12 久喜駅での撮影でED5023です。S37.5日立製です。当時、国鉄貨物との中継は主に東武久喜駅と国鉄鷲宮貨物ターミナル間で行われていました。廃車はS62.3です。

5024-235-13.jpg
S57.11.22 千住貨物駅で撮影したED5024です。ED5010型のラストナンバーでS37.5日立製です。千住貨物駅の荷扱い線は、本線から墨堤通りと京成線を越えたところにありました。入換を終えたED5024が、墨堤通りの車を止め、本線側に戻ってきました。操車掛が誘導し、構内掛添乗しています。千住貨物駅の荷扱い線の跡はマンションが建っています。ED5024は、S62.4に廃車となりました。

5061-107-3.jpg
ここからは、ED5060型です。S56.4.6 春日部駅での撮影でED5061です。S37.7東芝製で、廃車はH9.10です。ED5061~5065は重連運転用に改造されていたため、末期まで残りました。

5062-257-24.jpg
S58.3.21 五反野~梅島間での撮影でED5062です。S35.7東芝製で、廃車はH9.10でした。この日が8000系の甲種輸送を担当しました。編成は、ED5062+8679+8579+84117+88117+87117+83117+82117+81117でした。

5063-519-22.jpg
S60.4.2 東武動物公園駅での撮影で、K610ㇾED5063+5064です。ED5063はS35.7東芝製で廃車はH15.10で本線貨物輸送の最期まで残った機関車です。隣りには解体となる7886編成を牽引してきた877+7877が停車しています。

5064-210-17.jpg
S57.6.7 姫宮~東武動物公園間での撮影でK383ㇾED5064+5063です。ED5064はS35.7東芝製で廃車は、H9.10です。K383ㇾはセンメトの専用貨で千住貨物発羽生行で羽生から秩父鉄道に継送されていました。

5065-387-16.jpg
S59.6.4 越谷駅での撮影でK5306ㇾED5065です。S35.7東芝製で廃車はH8.10です。5070系の甲種輸送を牽引し西工へ向かいます。編成はED6065+ヨ14276+5171+5271+5371+5471+5571+5671+ヨ6512でした。5070系の第一編成の到着です。

5066-302-29.jpg
S58.8.12 鷲宮~花崎間でK310ㇾED5066です。S35.7東芝製です。ED5060型の中では一番早く国鉄貨物縮小の煽りを受け、S59.1に廃車されています。S59.2の売却対象車の展示会の際には、運転台部分を切り取られていましたが、売れたかどうかは不明です。

5067-122-8.jpg
S56.6.28 春日部駅での撮影でED5067です。S38.10東芝製ですが、ED5066に次いで2番目にS62.4に廃車となっています。現在でも宇都宮市にある子供総合科学館に保存され、姿を見ることが出来ます。

5068-212-21.jpg
S57.6.13 西新井駅での撮影でK5307ㇾED5068です。S38.10東芝製で廃車はH1.1です。この日は8000系の新製車を牽き西新井にやってきました。81113+82113+83113+87113+88113+8411+8576+8676を西新井工場に押込みヨ214と東武動物公園へ帰ります。

5069-377-30.jpg
S58.5.19 東武動物公園駅での撮影でK606ㇾED5069です。S38.10東芝製です、廃車はH3.11です。廃車後三岐鉄道に譲渡されましたが、復活する事無く解体されています。

5070-374-8.jpg
S59.5.4 東武動物公園駅での撮影でK300ㇾED5070です。S38.10東芝製で廃車はH3.11です。廃車後にED5069と伴に三岐鉄道に譲渡されました。こちらはED459として竣工し、改造はされていますが今でもその姿を見ることが出来ます。

5071-145-24.jpg
S56.9.14 鷲宮~花崎間での撮影でED5071です。S41.5東芝製で廃車は、H5.3です。牽引しているのは、チキ80000で大叶線の大叶駅までの生石灰の輸送列車です。

5072--452-14.jpg
S59.11.7 姫宮~東武動物公園間でK616ㇾED5072です。S41.5東芝製で、廃車はH8.10です。業平橋までの砕石輸送の列車です。

5073-248-2.jpg
S58.2.7 羽生駅での撮影でK681ㇾED5073です。ED5060型のラストナンバーとしてS41.9東芝製です。廃車はH8.10です。

5081 82 5024-235-15
S57.11.22 千住貨物駅での撮影でK383ㇾED5081+5082と入換のED5024が並びます。ED5081~5083は、S45.1東芝製で新東京国際空港公団所有の機関車で、成田空港建設のための砕石輸送用として主に葛生~佐野間で使われました。S53.11成田空港の砕石輸送が終了し3両とも東武鉄道に譲渡されています。貨物輸送終了まで使用されH15.10に廃車となりましたが、三岐鉄道に譲渡されています。

5082-177-26.jpg
S56.6.4 春日部駅での撮影でED5082です。経歴はED5081と全く同じです。廃車後にED5081と一緒に三岐鉄道に譲渡されています。

5083-293-11.jpg
S58.7.13 春日部~北春日部間での撮影K383ㇾED5083+5081です。ED5083の新製から廃車までの履歴はED5081.5082と同じですが、廃車後は北館林荷扱所で解体されています。この機関車が東武の電気機関車のラストナンバーとなります。

5083-374-10.jpg
最期はS59.5.4の撮影で久喜~鷲宮間をのんびり走るK302ㇾED5083です。車扱貨物で石油、セメント、ワム車を連ねています。S50年代の末までこの様な車扱の他にセメント、石油、砕石輸送など沢山の貨物列車が走っていて、久喜~羽生間では20本以上の貨物列車が走り40両近い数の電気機関車が在籍していました。そのな貨物列車が東武鉄道から消え既に10年が過ぎようとしています。今回は2回に分け、ED611.E3001.ED4011.4012.4021.4022.ED5011~5024.ED5061~5073.ED5081~5083の39両の機関車を紹介させていただきました。
このところ、73.78型から遠ざかってしまったので、また73.78に戻り色々と紹介したいと思います。それにモニも忘れていません。
いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。

東武の電気機関車(前編)

 こんにちは、久々の更新となります。
78型や3000系の記事を書いていると、電機機関車についても沢山の車両を撮影していることが判りました。
古くは日光軌道のED611から始まり、廃車が早かったED4001、ED3002.3003、ED5051.5052を除けば殆どの車両の写真が出てきました。ただ、残念なことにED5016のみ写真がありませんでした。
今回は、東武の電気機関車について紹介致します。

611-S4107.jpg
最初は、日光軌道のED611です。S41.7に西参道付近で撮影しています。S30に東洋工業で製造されています。
S41に私は5歳ですので撮影したのは父で日光への家族旅行の折に撮影したものです。廃車後は、栗原電鉄に譲渡されましたが、廃線後に日光市内の方が購入し現存しているようです。

3001-k1-03.jpg
S49.4杉戸機関区で撮影したED3001です。この車両は総武鉄道からの引継車でED3001~3003の3両在籍していました。S47.6にED4001と伴にED3002.3003が廃車となり、残りはED3001のみとなりましたが殆ど使われること無く杉戸機関区に留置されていました。間もなく廃車になるらしいとの噂を聞き杉戸機関区で撮影させていただきました。確か、中学校の同級生のN君の父親が杉戸機関区の区長だったので撮影をお願いした記憶があります。

4011-217-3.jpg
次は凸型電機のED4010.4020型を紹介します。
S57.7.20 東武動物公園駅での撮影でED4011です。S20東芝製です。
専ら、業平橋や千住貨物駅の入換に従事していました。この写真は杉戸工場の出場試運転、試7372ㇾで加須から帰ってきたところです。試運転マークを付けています。廃車はS57.11でした。廃車後、旧今市市内の個人が購入し現存しているようです。

4012-299-5.jpg
S58.7.21 杉戸機関区で撮影したED4012です。ED4011同様S20東芝製で入換専用機でした。
他の仲間より一足早くS56.6に廃車になりました。この写真を撮影した時は、既に廃車となっており杉戸機関区に留置されていましたが部品取りのため、残されていたような感じでした。

4021-k10-12.jpg
S57.10.13 千住貨物駅での撮影でED4021です。ED4021はS23.7東芝製です。廃車はS59.3で廃車後に三郷市内の商業施設に売却されましたが、商業施設の閉鎖に伴い解体されています。

4022-173-26.jpg
S57.1.16 千住貨物駅での撮影でED4022です。ED4022がS23.7東芝製です。廃車はS57.11でした。
前の紹介しましたが、千住貨物駅や業平橋の入換機は早朝の定期貨物列車に連結され重連で回送されていました。

5001-k64-2.jpg
S49 越谷駅で撮影したED5001です。S25.6東芝製です。S53.11に廃車され三岐鉄道に譲渡されましたが、現役で頑張っています。S53.11にED5001.5051.5052の3両が廃車となっていますが、これは成田空港の建設のための砂利輸送用として使われていた、ED5081~5083の3両が成田空港の建設に関する輸送が終了したため、新東京国際空港公団から東武鉄道に譲渡されたためです。

5002-213-16.jpg
S57.6.29 千住貨物駅で撮影したED5002です。S23.7東芝製です。K5ㇾで次位にED4011が連結されています。ED5002は、国鉄貨物の合理化によりS59.2貨物駅が大幅に削減されたため、東武の貨物列車も大幅に削減され、S59.3に廃車されました。売却対象車となっていましたが、買い手がつかず解体されています。

5003-324-14.jpg
S58.12.6 東武動物公園駅での撮影でk681ㇾED5003です。S26.5東芝製です。ED5002同様に国鉄貨物合理化の煽りを受けS59.3に廃車されています。

5011-249-18.jpg
S58.2.22 鷲宮~花崎間でk355ㇾED5011です。ED5011はS32.7日立製です。S59.1に廃車となり売却対象となりましたが、買い手がつかず解体されています。本線系統では唯一のED5010型の初期タイプでした。

5012-336-17.jpg
S59.1.24 一本松~西大家間で9066ㇾED5012です。S32.7日立製で、ED5012~5015の4両は東上線坂戸機関区の所属でした。越生線の一本松~西大家間で日本セメントの専用線分岐していました。ED5012がS60.3に廃車となりました。

5013-541-16.jpg
S60.5.21 杉戸機関区での撮影でED5013です。S34.3日立製の機関車で、坂戸機関区に配置され東上線で活躍していました。S60.3に廃車となり、廃車後ED5012と伴に、杉戸機関区に回送され留置されていました。

5014-336-20.jpg
S59.1.24 一本松駅で9067ㇾED5014を撮影したものです。S34.3日立製です。ED5014はS59.9に廃車となりED5015と伴に杉戸機関区に回送され留置されていました。東上線の貨物列車全廃のS61.10の時点で登場生え抜きの機関車は全て廃車となっていて、本線から転属のED5016.5017が最期を締めくくっています。

5015-350-35.jpg
S59.3.13 坂戸駅で撮影した9023ㇾED5015です。トキを連ねた列車です。ED5015はS34.3日立製です。S59.9に廃車され杉戸機関区に留置されていましたが、幸運なことに東武博物館の保存車両として展示され、今でも美しい姿を見ることが出来ます。

今回はED5015までとします。残念ながら写真の無いED5016の除きED5017以降の機関車を後半で紹介したいと思います。
早いもので東武から貨物列車が消え、早いもので10年が経ってしまいました。今、東武の各駅で駅の改良や複々線化が進んだのは、貨物扱いの用地があったことが大きく現在の設備は貨物扱いの遺産のうえに出来上っていると言っても過言では無いと思います。

いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。