スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新栃木8000系の本線仕業

 こんにちは。

今回は、新性能電車を取上げます。
新栃木の8000系の本線仕業について紹介したいと思います。新栃木には、宇都宮線用として8000系ワンマン車が8編成配置されています。いずれも後期の車両ばかりで、Sミンデンの台車に方向幕はLEDで人気は今ひとつです。運用は専ら栃木~東武宇都宮間の仕業ですが、早朝に新栃木~南栗橋~東武宇都宮の本線仕業があります。
200ㇾ~205ㇾの運用です。この仕業は昔は新栃木~藤岡(回送)、藤岡~東武宇都宮の仕業でしたが藤岡駅の始発ホーム閉鎖により同駅の運転取扱いが廃止されたため、折返しが出来なくなり南栗橋まで延長されました。5050系電車が健在の頃からの運用です。その昔は、朝夕は藤岡駅から県都宇都宮へ向かう始発の列車が多数設定されていて、現在も藤岡駅に始発ホームが残っています。しかし、レールは本線と切り離されホームも閉鎖されています。

0716.jpg
2011年3月11日東日本大震災が発生し、多くの方が犠牲となりました。また、地震の影響により発生した原発事故のため、各地の原発が使用休止となり電気が足りなくなる事態となったのは、記憶に新しいと思います。節電のため間引き運転をしたり、両数を少なくして運転し節電ダイヤが組まれした。
日光線も南栗橋~新栃木間の列車が平日に限り、5往復が運休となり3往復が4両編成に減車されました。このお知らせは南栗橋駅に貼ってあったもので、4両編成の3往復はなんと新栃木の8000系の仕業でした。
2009年の12月末に春日部支所の8000系ワンマン用(2両)を除き引退しました。この時から日光線は朝の1往復を除き8000系の仕業が無くなってしました。久し振りに昼間8000系が見られる様になりました。

0715-220-81115.jpg
0715-220-84116.jpg
H23.7.15 柳生駅の撮影です。220ㇾで81115~841115の4両編成がやってきました。この81115編成は森林公園配置の8両固定でしたが、4両固定2本に改造され新栃木にやってきました。

0715-224-8190.jpg
H23.7.15 新大平下駅での撮影です。224ㇾ8190~8490の編成です。これも8両固定だったものを4両固定2本に改造され、新栃木に転属していたものです。
写真に渡り線が写っています。新大平下には日立の大きな工場があり折返し列車が設定されていた頃の名残です。

0715-227-84115.jpg
0715-227-81115.jpg
H23.7.15 板倉東洋大前駅での撮影です。上は227ㇾ84115他、下は231ㇾ8190他です。これらの8000系は宇都宮線用のワンマン対応車ですが、日光線内は車掌が乗務してます。

0811-220-81116.jpg
H23.8.11 柳生駅での撮影した220ㇾです。81116他の編成ですが、先頭のクハ81116は4両固定化に伴い、サハ89116をクハ化したもので8000系インフレナンバーの最高値でした。

0811-227-84116.jpg
H23.8.11 板倉東洋大前駅での撮影です。227ㇾ84116他の編成です。当時日光線は日中の時間帯に毎時3本の列車が設定されていました。東武動物公園以北が各駅停車となる区間快速が1本と南栗橋~新栃木の折返し電車が2本でした。節電ダイヤで区間快速と普通1本の毎時2本となりましたが、それでもガラガラでした。

0811-231-84106.jpg
0811-231-81106.jpg
H23.8.11 柳生駅231ㇾ84106~81106です。新栃木の8000系は下り方のクハ8400に貫通幌が残っていて精悍な顔つきをしています。森林公園配置の同じワンマン車4両固定は下り方の幌が撤去されていて、顔にしまりがありません。

0813-200-81115.jpg
柳生駅の写真が多いですが、H23.8.13に撮影した200ㇾ81116他の編成です。

0814-200-8189.jpg
H23.8.14 柳生駅撮影した200ㇾ8189編成他です。宇都宮線開通80周年のヘットマークが付いています。この8189編成が新栃木の最若番です。

0814-205-8489.jpg
H23.8.14 板倉東洋大前駅です。205ㇾ8489他の編成ですが1つ前の写真の折返しです。宇都宮線開通80周年のヘットマークが付いています。

0820-200-8189.jpg
H23.8.20 新古河駅での撮影で200ㇾ8189編成他です。

0820-205-8489.jpg
0820-205-8189.jpg
H23.8.20栃木駅での撮影です。205ㇾ8189~8489の編成です。東武宇都宮行はこの205ㇾを除き栃木又は新栃木での折返しとなります。そんため栃木駅発の列車は全て2番線からの発車で、3番線から出るのはこの205ㇾが唯一でした。

0820-205-8189-2.jpg
H23.8.20 新栃木での撮影で205ㇾ8189他と1106ㇾ100系に並びです。100系にも「上を向いて頑張ろう日本」のヘットマークが付いています。

0822-421-8189.jpg
H23.8.22 栃木駅での撮影で、421ㇾ8189他と宇都宮線のクイーン特急「しもつけ」350系との並びです。新栃木には、350系4両固定が3本配置されていて特急「しもつけ」他に臨時特急「きりふり」や「ゆのさと」に使用されます。

0909-212-81115.jpg
H23.9.9 栗橋駅での撮影212ㇾ81115他の編成です。栗橋駅にはJR線直通電車のための連絡線があります。写真に写っているのは、上下線の渡り線でこの手前でJR線への連絡線が分岐します。

0909-212-81115-2.jpg
H23.9.9 南栗橋駅での撮影です。212ㇾで到着した81115編成は栗橋方の引上げ線に入り折り返しを待ちます。
現在は栃木方面から到着した電車は、幸手方のY線で折り返すようになりました。

0909-219-84115.jpg
0909-219-81115.jpg
H23.9.9 栗橋~新古河間での撮影です。219レ84115~81115の編成です。この区間は駅間が長く6.7キロもある区間です。

0909-220-81116.jpg
0909-220-84116.jpg
H23.9.9 栗橋~新古河間で、220レ84116~81116の編成です。栗橋から新古河の間で利根川橋梁を渡ります。国鉄東北本線は埼玉から茨城に入りますが、東武は利根川橋梁の北側も埼玉県で新古河駅は北川辺町にあります。

0909-224-81115.jpg
0909-224-84115.jpg
H23.9.9 栗橋~新古河間での撮影で、224ㇾ81115~84115編成です。この81115編成は、森林公園の工事や入場による車両不足のため森林公園に貸出されたこともありました。

0909-227-84116.jpg
0909-227-81116.jpg
H23.9.9 栗橋~新古河間での撮影で、227ㇾ81116~84116編成です。

0909-231-84115.jpg
H23.9.9 南栗橋~栗橋間での撮影で、231ㇾ81115~84115編成です。夕方の231ㇾが新栃木に向け発車してしまうと、節電ダイヤ8000系4連の運用は終了です。節電ダイヤの3往復は朝のラッシュが終わり新栃木区に入区する運用の間合いを利用して設定されていました。

0927-219-84116.jpg
H23.9.27 柳生~板倉東洋大前間で撮影した219ㇾ84116他です。秋のの交通安全週間が始まりヘッドマーク付でやってきました。

0927-220-81115.jpg
0927-220-81115-2.jpg
H23.9.27 柳生~板倉東洋大前間での撮影です。谷田川橋梁の南側で撮影した220ㇾ81115編成です。
この谷田川の土手には閉鎖された踏切があり、そこから撮影しました。昼前から午後のは早い時間が順光です。

0927-224-81116.jpg
0927-220-84116.jpg
H23.9.27 柳生~板倉東洋大前間、224ㇾ81116~84116です。212レ~219ㇾで新栃木~南栗橋を1往復した編成は、午後の224ㇾ~231ㇾでもう1往復します。秋の交通安全週間マーク付編成が戻ってきました。

0927-227-81115.jpg
H23.9.27 柳生~板倉東洋大前間、227ㇾ81115他です。220ㇾ~227ㇾは1往復のみの仕業です。H23.10頃に10000系又は30000系の6連に戻され、8000系4両の運用は朝の定期1往復の他に節電ダイヤは2往復のみとなりました。

0927-231-84116.jpg
0927-227-81116.jpg
H23.9.27 柳生駅での撮影です。231ㇾ84116~81116編成です。秋の交通安全マークを付ています。

0929-220-81115.jpg
H23.9.29 板倉東洋大前駅に進入する、220ㇾ81115他です。

0929-224-81106.jpg
H23.9.29 藤岡~静和間224ㇾ81106他です。国道55号線の陸橋からの撮影です。

0929-231-84106.jpg
0929-231-81106.jpg
0929-231-81106 105
H23.9.29 静和駅での撮影です。231ㇾ84106~81106編成です。3枚目の写真は、1126ㇾ105編成が並んでいます。

まだ続きがありますが、量か多くなってしまったのでこの辺で一旦区切ります。残りの分は追って掲出します。
新栃木の8000系を撮影していて、殆ど他の撮影者とはお会いしませんでした。またネット等にも余り取上げられていません。確かに8000系としては後期の車両ばかりで面白みに欠けるかもしれませんが、沿線の風景も美しく素晴らしいロケーションです。現在、森林公園に残る8000系も下り方の2両固定を除けば、新栃木の8000系達と同じ時期に製造された車両です。ネット上で盛んに取り上げられていますが、ただなくなるから撮るのでしょうか。
もう少しなくなるものばかりに偏向せず、他の8000系達にも目を向けてほしいものです。

今年のダイヤ改正で南栗橋~新栃木間の列車が一部を除き全て4両化され、運用も分離されました。数年後にはこの区間の全てワンマン運転になるかもしれません。そのとき、10000系のワンマン改造車で宇都宮線との直通運転が行われ、8000系が一気に置き換わるかもしれませんね。今の内にコツコツと撮影しておきたいと思います。
また、この区間(南栗橋~新栃木間)では南栗橋工場の出場試運転が行われます。時折、館林、七光台、春日部、森林公園の8000系などの試運転も見られ、とても楽しい区間です。
しかし、そんな時だけ訳の判らないマニアが出没して撮影しています。試運転とかネタものにしか興味が無いのか悲しい人達です。

いつも沢山の方々にご覧戴きありがとうございます。
続きは、追ってアップ致します。お気づきの点がありましたら、コメントをお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

モハ7806編成、最期の活躍

 こんにちは。
仕事が忙しくて、1ヵ月以上も更新が出来ませんでした。
また、コメントを戴いた方々にもコメントの返信等が出来ず、大変失礼致しました事をお詫び致します。
今回は、モハ7806編成の最期の活躍を追い撮影した写真を紹介致します。

①7806-7906-k004-5
東武動物公園駅の引上げ線で撮影した、モハ7806でS54.6の撮影です。この時は検査出場したばかりらしく車体が綺麗でした。右側に貨車が沢山止まっていますが、これは杉戸検車区です。国鉄ですと貨車区や客貨車区にあたる組織になります。沢山の私有貨車を保有していた東武鉄道ならでは組織です。

②7806-7906-k-004-8
これもS54.6に東武動物公園駅の引上げ線で撮影しました。晴れていると逆光になりますが、曇っていると綺麗な形式写真が撮れました。モハ7806はS28.10ナニワ工機製です。更新前は、春日部検修区に所属していました。

③7806-7906-k004-13
引上げ線でクハ5601と並びました。この年、7800型の更新が開始され、5101、5501編成が春日部検修区に配属されました。クハ5601は前回紹介しました、クハ810の更新車です。

④7806-7906-k004-14
同じ春日部検修区所属のモハ7809との並びです。この時点で春日部検修区所属の7800型は、7800.7801.7806.7809の4本でし。春日部検修区所属車では、S55の秋に7809編成が一番最初に更新入場しています。

⑤7806-109-16
S56.4.26 春日部駅での撮影です。S56.4.26は日曜日でした。GWの臨時快速の運転が始まっています。この列車は3060ㇾで前4両は東武日光発、後ろの2両は鬼怒川公園発でした。この日の編成は、7806+806+7831+832+7832+831でした。「たびじ」のヘットマークも誇らしげです。

⑥7806-109-23
3060ㇾが春日部を発車し、北千住へ向かいます。西日を受け車体が綺麗に輝いています。前の写真と同じS56.4.26春日部駅での撮影です。春日部には、17時01分着、02分発でした。終点浅草に到着後、221ㇾ通勤快速東武日光・東武宇都宮行で折返しします。そのため、臨時快速の運転の無い日でも、回6220ㇾで北春日部~浅草間の運転がありました。

⑧7806-130-3
⑦806-130-2
モハ7806とクハ806もサイドデビューを紹介します。S56.7.25 谷塚~草加間での撮影です。
この場所は、東武鉄道の社宅と変電所があり空地が残っていました。

⑦7806-120-2
S56.6.15 春日部駅での撮影です。この日は、各駅停車に運用されています。編成は、7806+806+7845+846+7846+845でした。左端に白い制服を着た車掌さんが写っています。DRCの乗務する車掌さんで、当時は特急は春日部停車などありませんので、便乗で浅草まで行って乗務していました。国鉄で言う「乗客専務(カレチ)」の様な存在で、DRCに乗務出来たのは車掌は春日部車掌区、運転士は春日部電車乗務区の選抜されたエリートだけだったとの話です。

⑨7806-127-21
S56.7.14 鐘ヶ淵~堀切間での撮影です。各駅停車幸手行の運用で、7806+806+7828+827+7827+828の編成です。この辺は今でも余り風景は変わっていません。線路脇にフェンスが出来、パックにはスカイツリーがそびえています。マンションも多くなりましたね。

⑩7806-128-1
S56.7.14 谷塚~草加間での撮影です。各停運用についていて編成は、7806+806+7828+827+7827+828の編成です。草加駅を出てすぐのところですが、現在は昔の面影は全くありません。
良くこの様な後追いの写真を見せると、同じファンの方から邪道だと言われました。機関車ファン(カマ屋)から見るとそうなんでしょうかね。でも自分は後追いは、全く邪道だと思いません。東北本線のEF57が牽く普通列車や播但線のDD54の牽く普通列車など、確かに機関車先頭の写真は良いですが旧型客車が軽やかかなジョイントの音と伴に去って行く風景は捨てがたいものです。

⑪7806-134-17
S56.8.7 春日部駅での撮影です。臨時快速の無い日の通勤快速の送り込み回6220ㇾを撮影したものです。この時期、一般多客臨の設定はありませんが団体専用の臨時快速「林間学校」号が運転される日もありました。この日は、1本前の予定臨3058ㇾが8000系の「林間学校」号でした。

⑫7806-134-21
S56.8.7 牛田駅で撮影した221ㇾ通勤快速東武日光・東武宇都宮行です。春日部駅で回送を撮影してから牛田に向かいました。この日の編成は、7806+806+7828+827+7827+828でした。7806は7828の4両固定と編成を組む事が多かったと記憶しています。

⑬7806-134-27
S56.8.8 谷塚~草加、前日通勤快速で日光と宇都宮に向かった編成は翌日の上り通勤快速220ㇾで上ってきます。これは、昨日春日部と牛田で撮影した編成です。通勤快速は、新栃木まで日光・宇都宮線内を各駅に停車してきます。新栃木からは、栃木・新大平下・藤岡・新古河・幸手・東武動物公園・春日部・北千住と停車し、北千住からは各駅に停車していました。北千住着は8時30分で都心に通勤するには少し遅い時間で、混んでいましたが激混みではありませんでした。ある日東武の方に、この通勤快速は都心に通勤するには設定時刻が遅くないかと訪ねたところ、東武本社の社員が、通勤し易い時間に設定されている東武本社の通勤快速だと冗談交じりに答えてくれました。でも業平橋8時44着良い時間ですね。

⑭7806-135-32
S56.8.13 北越谷~大袋間での撮影です。この日も7806+806+7828+827+7827+828でした。この場所も北越谷までの高架複々線化で大きく変わっています。どの辺だったのか今では良く判りません。

⑮7800 7806-135-27
S56.8.13 春日部駅での撮影です。各駅停車浅草行7800+800+7833+834+783+833と並んだ、幸手行7806+806+7828+827+7827+828の編成です。7800型も少なくなってきていて7800型同志を並べるのは苦労しました。7806の脇に立っているのは、有名な「おしぼりお姉さん」です。冷房車も少なかったので、春日部や北千住等の主要駅で運転士や車掌に冷たいおしぼりを渡していました。高校生などのアルバイトの女性でした。

⑯7806-141-26
21 7806-141-25
S56.9.5 越谷駅での撮影です。越谷駅の中線で準急の退避でしょうか。北春日部行のサボが足りないのか、手書きの紙を張り付けています。この様な表示は、特に珍しいものではありませんでした。

⑰7806-144-13
S56.9.9 姫宮~東武動物公園間で撮影した7806+806+7828+827+7827+828です。夏が終わり、稲が穂を付けてきています。9月上旬でまだ暑い日でしたが、夕方になり涼しい風が吹いてきました。そんな中、余命僅かの7806が軽やかに駆け抜けていきました。

⑱7806-144-18
S56.9.10 谷塚~草加間で撮影した7806+806+7828+827+7827+828です。サイドを撮影した写真より少し谷塚方になり線路の反対側です。上り線に閉塞信号機が見えますが、次の信号機が谷塚駅の場内信号機だったと思います。今は、何の面影もありません。

⑲7806-144-20
S56.9.10 前の写真と同じ日に草加~松原団地間で撮影してます。編成は同じ、7806+806+7828+827+7827+828でした。この場所は松原団地駅から少し草加方に行った所で伝右川鉄橋の手前です。高架複々線化工事が始まり、線路が手前側に寄せれています。以前はこの付近まで、松原団地駅に隣接した草加荷扱所(貨物駅)の引上線が来ていました。

⑳7806-144-21
S56.9.10 松原~新田間での撮影です。この日は草加市内で3度目の撮影だったようです。以前にも書きましたが、この場所には東京外環自動車道が通っていて昔の面影は全くありません。便利にはなりましたが、失ったものの方が大きい様な気がします。車ばかり増え嫌な世の中です。

22 7806-145-15
23 7806-145-16
24 7806-145-17
S56.9.14 鷲宮~花崎間で撮影した7806+806+7828+827+7827+828です。準急羽生行でこの辺まで来ると車内は空いてきています。当時伊勢崎線系統に日中は準急列車が3本でした。浅草発で毎時01分が羽生行、17分は伊勢崎行、31分が太田行でした。その他47分発、日光線東武宇都宮行がありました。日中の伊勢崎行はA準急で東武動物公園を過ぎも、久喜・加須・羽生・館林・足利市・太田にのみ停車し、太田からは各停でした。
浅草駅で23分後に発車した急行「りょうもう」を春日部で退避した後は、伊勢崎線内は急行に続行する形で並行ダイヤになっていて、中々の俊足でした。

25 7806-145-20
S56.9.14 久喜~鷲宮間での撮影です。のこ前の鷲宮~花崎間で撮影した7806+806+7828+827+7827+828の羽生からの折返しです。鷲宮から15分位久喜方に戻ったところで、用水路に沿って走っていました。今この場所は、用水路の護岸工事が行われいます。

26 7806-146-1
S56.9.14 何枚か前の写真と同じ場所で、松原団地~新田間です。編成も同じ7806+806+7828+827+7827+828でした。こちらは、各停用丸サボを付けた幸手行です。モハ7806の最期の活躍については、今回はこの辺で終わりにします。近日中に続篇を出したいと思っています。
いつも沢山の方々にご覧戴きありがとうございます。最初にも述べました通り、このところ仕事が忙しくて更新が出来ず申し訳ありませんでした。今後は、古い写真では東武以外のものも、また最近撮影している写真等も紹介して行きたいと考えています。(850系の写真は、評判が今一つでした。)
何かお気づきの点がございまあしたら、コメントをお願い致します。
ありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。