スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東上線の73型2両固定編成

 こんにちは。
年も押し迫ってきましたが、久しぶりの更新になります。
今回は、東上線に短い期間のみ存在した73型の2両固定編成について紹介致します。

昭和50年代の73型の配置を見ると、4両固定11本は森林公園に2両固定7本が館林に配置されいて東上線は全て4両固定、本線は2両固定となっていました。更新当初は東上線にも2両固定の配置があったと思いますが末期は全て4両固定のみ配置でした。東上線のの73型全廃を目前にしたS58.12~S59.3の短い期間でしたが、森林公園に2両固定の73型が活躍しました。

326-27.jpg
本線から2両固定の73型が転属した訳ではありません。森林公園配置の4両固定の73型のうち1編成が中間2両を抜かれ2両固定となりました。2両固定化されたのは、写真の7310+315+7313+310の編成です。この写真はS58.12.17の撮影で中間車を抜かれる直前です。坂戸駅での撮影で越生線3017レに使用中です。
この後、S58.12.23付で中間の7313+315が廃車となり2両固定化されました。この時点で何故中間車のみ廃車して2両固定にしたのか分かりませんでしたが、後に7303編成と組み6両で本線は転属し通学臨電として使用されるための処置だった事が分かりました。

250-5.jpg
250-6.jpg
その時に廃車された、モハ7313とサハ315です。いづれもS58.2.23の撮影で検査のため杉戸工場に入場し、出場回送を東武動物公園駅で撮影したものです。この2両は廃車後、森林公園検修区の片隅で解体されました。
この編成の検査票のメモがありますが、全検56-5 要検58-2いずれも杉工となっていました。

それでは、2両固定化された7310+310の写真も紹介します。S58.12の時点で森林公園の73型は18両が廃車となり池袋口での運用は無くなりました。東上線の北部ローカルと越生線のみの運用となっています。しかし、2両編成の単独運用などありませんので7820型の2両固定と組み4両編成で運用されました。
348-12.jpg
S59.3.6 武蔵嵐山~小川町で撮影した101レです。7847+847+7310+310の4両編成を組んでいます。本線転属までの間、川越工場への整備入場の時を除きほとんど7847編成とコンビを組んでいたようです。

348-14.jpg
S59.3.6 上の写真と同じ区間、武蔵嵐山~小川町間での撮影で104レです。当時この場所に行くには小川町駅から小川パークヒル行のバスの終点で下車した記憶があります。

349-3.jpg
S59.3.7 男衾~鉢形間での撮影で45レです。

349-6.jpg
349-8.jpg
S59.3.7 男衾駅の撮影です。男衾駅には側線もありED5015の牽く工臨9050レも停車しています。

350-17.jpg
350-18.jpg
S59.3.12 武蔵嵐山~小川町での撮影で102レです。当時は朝夕は、入出庫以外にも森林公園~寄居の区間運転が結構ありました。

349-29.jpg
349-28.jpg
S59.3.11 北坂戸~東松山で撮影した、越生線への送込みの回4002レです。編成は最初の写真と変わっていません。

350-19.jpg
S59.3.13 武蔵嵐山~小川町で撮影した104レです。編成は7847+847+7310+310で変わらず7310の顔が出ることはありませんでした。2/13から5日間、7848+848+7310+310の4両で川越工場へ臨時入場しています。本線転属に向け整備にための入場だったと思われます。

350-27.jpg
350-28.jpg
S59.3.13 森林公園駅での撮影です。朝のラッシュが終わり森林公園検修区に入区します。

349-16.jpg
日付が前後してしまいましたが、S59.3.7 鉢形~玉淀間で撮影した52レです。東上線の有名撮影地の一つ玉淀鉄橋での撮影です。
鉄コレから東武の73型(クリーム)が出ていますが、編成は7320+320で館林検修区の編成をモデルにしています。東上線の73型の編成を作りたいところですが、中間車の発売が無いため工作力の無い私には切継ぎは難しところです。でもこの4両編成なら出来そうです。73型2セットとシークレットの7329を使用して、後パンの7320のFS10台車をシークレット7329のTR25交換して7310+310の出来上がり、シークレットの7329は押込み型のベンチレーターなのでFS10を履かせればモハ7847擬きになります。クハ300には、もう一両余っている7320のFS10台車を履かせ、ベンチレーターをモデルワムさんから発売の押込み型ベンチレータに取替れば、クハ847擬きとなり東上線のローカル4両タイプの完成です。厳密には床下機器など実車と相違点も多いと思いますが、雰囲気は出せそうな気がします。いかがでしょうか。

362-14.jpg
S59.3.28に7310+310は7303+305+7305+303の編成と6両に組成され、通学臨電に使用のため春日部検修区に転属となりました。東上線の73型2両固定は僅か3か月の活躍でした。
写真はS59.3.28 秩父鉄道西羽生~武州荒木間で撮影した回8002レです。全てグローブベンチレータで統一された73型の6両編成です。
73型の通学臨電については、以前に何回かに分け紹介していますので、そちらの記事をご覧下さい。
森林公園に配置されていた他の73型についても全てS59.3末で運用を終了しました。

前回の2000系の記事についてのコメントで「快速」や「準急」の幕についてのコメントをいただきました。
下の2点の写真については、方向幕を操作した「やらせ」写真ですが、車掌側の運用番号を表示させる箇所に「準急」と「快速」が、中央の方向幕にも「準急」の表示が入っていました。
Image15_20121230131012.jpg
Image37.jpg
今年もあと1日となりました。沢山の方々に当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。
どうぞ来年もよろしくお願い致します。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

快速急行「おじか」

 こんにちは。
12月に入り、浅草13時発の快速急行「ゆのさと277号」鬼怒川温泉行が運転されています。
S55年頃浅草発13時50分発の「おじか1号」、14時50分発の「おじか3号」が運転されていたのを想い出しました。いずれも土曜日運転の臨時列車でした。当時はまだ週休2日となっておらず、土曜日が半ドンのため土曜日の午後に鬼怒川方面に向かう快速急行列車が運転されていました。

IMG_0180.jpg
草加駅を通過する5277レ「ゆのさと277号」352編成です。

150-36.jpg
S56.9.26 新田~蒲生間で撮影した1027レ「おじか1号」です。「おじか1号」は春日部検修区の5700型の運用でした。5700+700+5702+702+5704+704の編成です。

648-25.jpg
こちらは、S61.5.17 板荷~下小代間での撮影です。この頃は列車番号が変わり2093レ列車名も「おじか193号」に変わっていました。5701+701+5700+700+5703+703の編成です。

780505.jpg
また古い写真に戻ります、S53.5.5 新田~蒲生間での撮影1027レ「おじか1号」です。モハ5700が最後尾でしすが、縦ドイも無くアルミサッシ化も行われておらず、美しい姿です。

346-14.jpg
鉄道友の会の20周年記念列車として運転され、館林検修区に入区し撮影会を行った際の写真です。この時は「友の会20周年」「おじか」「だいや」「林間学校」「かば園長」のヘットマークを付けての撮影会でした。S59.2.26の撮影で編成は5702+702+5704+704+5700+700です。縦ドイが付けられた後の姿です。

790602.jpg
最後は、6000系使用の「おじか3号」です。S54.6.2西新井~竹ノ塚間での撮影です。「おじか3号」は新栃木の6000系4両の運用でした。この日の編成番号はメモしていませんでした。

2106編成の廃車回送

 こんにちは。
今日、鉄道コレクションの2000系「セイジクリーム」が発売されました。中々良く出来ているように感じました。
以前の2000系の4・6連の回送の紹介をしましたが、その時紹介した2106編成の4両編成での廃車回送のカラー写真が出てきましたので紹介致します。以前紹介した白黒の写真と被っているものもあります。
撮影はいずれもS63.3.26です。

Image1.jpg
草加駅を通過する回8301レです。この時点で草加駅は高架になっていますが、複々線は竹ノ塚までです。

Image5.jpg
越谷駅に停車中の回8301レです。この回送は、西新井工場から北館林荷扱所まで回送され東武動物公園までは自力回送されました。

Image9.jpg
Image10.jpg
北越谷駅を通過する回8301レです。このスジは、西新井工場の出場試運転のスジを東武動物公園まで延長したもので、北春日部までは試7301レと同じスジでした。9時過ぎに西新井を出発して途中越谷に停車します。
越谷、北越谷と高架複々線化で目立った工事は行われていません。

Image11.jpg
東武動物公園駅へ到着し、パンタを下げ入換を待ちます。ここからは、電機牽引で北館林へ向かいます。

Image15_20121213223313.jpg
入換が開始されました、ED5064が2106編成を掴み緩急車の留置されている発車線に押込みます。
写真の右端に10030系は写っています。一番最初に入線した11431編成だと思われます。来る者、去る者が一瞬顔を合わせました。
Image16_20121213223408.jpg
緩急車が連結され、K5601レとなり北館林に向かいます。これは配給列車の扱いですが、この時にJR(国鉄)の貨物列車は全て緩急車が廃止されていました。緩急車の連結が無くなった貨物列車は、締りが無く詰まらない編成でした。また、JNRマークが外され汚らしいJRマークはベタベタと貼られ、この時期JRの写真を殆ど撮りませんでした。右端にモハ7876が写っています。連結面を出して留置されているので、既にクハ876は解体されてしまったようです。
Image19.jpg
ED5064に牽引され、花崎駅を通過するK5601レです。
いつも沢山の方々にご覧いただき、ありがとうございます。コメントなども沢山の方々よりいただいていますが、多忙のためコメントの返事が中々出来ず、申し訳ありません。
今日は、お休みが取れたので南栗橋工場の出場試運転を撮りに行ってきました。館林所属の802編成(3両)が新栃木まで試運転を行いましたが、このごろ試運転などを撮りに来ている方も多いようですが、今日は撮影している人とは全く会わず、平和な1日でした。試運転の写真も機会がありましたら、紹介致します。
ありがとうございました。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。