スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春日部検修区4両運用(その2)

 こんにちは。
前回は春日部検修区の78型4両運用について紹介しましたが、S58に入ると春日部検修区に残っていた7820型、7860型のなどの更新が進み、更新がまだの車両でも館林検修区へ転属となりS58年末の時点で春日部検修区の78型は配置が無くなりました。S59に入り、7835と7871編成が3.15付で春日部検修区に配置替えとなりましたが、4.6には更新入場してしまったので、直ぐに78型の配置は無くなりました。
しかし、S59.5館林検修区の78型運用終了により78型28両が春日部検修区に転属となり78型が最後の輝きを見せた年でした。この年より、5070系への更新修繕が急ピッチで行われため78型の活躍も長続きはしませんでした。S59.10の時点で新栃木検修区の78型も運用を終了し、一時的に新栃木から78型10両の転入がありましたが、森林公園への再転出で、S59末で春日部検修区の78型は定期運用を終了しています。

Tc5453 810926
5050系への更新が進み78型の配置が減ってくると、5050系が4両運用に入ることが多くなりました。
S56.9.26 春日部駅で撮影した452レ5453+5353+5253+5153です。この編成は7805.07の更新車です。

Tc5656 820401
S57.4.1 草加駅で撮影した839レ 5656+5556+5655+5555です。7823.24編成の更新車です。

378-14.jpg
378-15.jpg
S59.5.21 春日部駅で撮影した839レ 7886+886+7883+883です。森林公園に新栃木の7870型が転属が始まったのがS59.11からですが、それより先に7883はS59.6に7886はS59.7に森林公園に転属しています。

389-31.jpg
S59.6.11 松原団地~新田間で撮影した839レ 838+7838+883+7883です。今まで田んぼだったところですが、外環の建設のため耕作が終わり荒地になっていました。

400-8.jpg
S59.7.13 和戸~久喜間での撮影445レ 7833+834+7834+833です。7833編成ですがこの後7.19に更新のため西新井工場に入場しています。入場を控え4両単独の組成となったため、4両運用に入ったものと思われます。4両貫通の綺麗な編成です。

431-10.jpg
S59.9.28 草加~松原団地間447レ 7884+884+7839+839です。高架複々線化の工事も進んでいます。

452-27.jpg

S59.11.13 梅島~西新井間452レ 839+7839+884+7884です。この場所は今でも有名撮影地として紹介されています。この7839編成は本線の7820型として最後まで残り、S59.11.26に更新入場しています。S59.12.7に森林公園の7848.7849編成が更新入場し、7820型は消滅しました。

455-14.jpg
455-15.jpg
S59.11.16 和戸~久喜間で撮影した452レ 839+7839+884+7884です。7839が最期の活躍をしています。これが私が最期に撮影した春日部検修区の4両運用の写真となりました。この日(S59.11.16)時点で春日部検修区に所属していた78型は、7839.7873.7874.7875.7884の10両でした。7873.7874.7875はS59.11.7に新栃木から転属してきましたが、S59.12とS60.2に森林公園へ再転出しています。また7884は最期まで春日部残り、更新種車解体のための西新井~東武動物公園間の回送の牽引車として本線最期の78型として活躍し、S60.4.22更新のため入場しています。
スポンサーサイト

春日部検修区4両運用(その1)

 こんにちは。
今回は、春日部検修区の4両運用の写真を紹介します。S54当時春日部検修区には4両編成の運用が2運用ありました。運用番号は忘れましたが、春日部検修区は300番台の運用番号でした。
1つは、北春日部874レで出庫し浅草へ979レ~980レ竹ノ塚を1往復して浅草で駐泊し翌朝527レで伊勢崎へ折返し346レで浅草に来た後に445レ~452レで羽生を1往復して839レの北春日部入庫の運用で専ら78型が使用されました。
もう1運用は北春日部を870レで出庫して浅草へ折返し585レで館林入庫、翌朝831レで太田へ行き折返し546レで浅草へ、629レ~640レで幸手を1往復した後に453レで羽生まで行って回送6454レで北春日部入庫の運用でした。こちらは専ら8000系の運用となっていました。
それでは、4両運用に入った78型の写真を紹介します。

7800 7906
S54.6 春日部駅での撮影です。546レで珍しく8000系の運用に入りました。編成も7800+800+7801+801と7800型の後バン車を編成組み合わせた非常に珍しい編成でした。検査か何かで車両が足りずこの様な編成が出来たのでしょうか。僅か数日間のことでした。

801 7906
こちらは、S54.6幸手駅での撮影です。546レで78型の4両を確認した後に幸手駅で撮影しました。編成は前の写真と同じです。クハ801の運転台窓上にベンチレーターが残っています。クハ801の顔を撮影できたのは、これが最初で最後でした。この後幸手駅には631レ~642レで館林検修区の7813+813+7815+804+7804+815のオール7800型の編成が入ってきました。7800Dayでした。

145-13.jpg
S56.9.14に久喜~花崎間で撮影した452レです。この日の編成は7845+846+7846+745でした。

125-18.jpg
S56.7.23に鷲宮~花崎間で撮影した452レ7861+862+7862+861の編成です。サハ862が台車交換前でTR25を履いているのが判ります。数日後に7861編成は6両運用に入っていました。

135-15.jpg
S56.8.13 春日部駅での撮影です。452レ7865+866+7866+865の編成です。

151-18.jpg
S56.9.28 春日部駅での撮影です。452レ829+7830+830+7829の編成です。この編成は、西新井工場を出場したばかりなので4両運用に入ったようです。

157-27.jpg
S56.11 草加~松原団地839レ 7806+806+7868+806の編成です。更新入場を控えた7806編成は最期を飾るように連日4両運用に入りました。高架複々線化工事が始まっています。

157-33.jpg
S56.11.17松原団地~新田間839レ 7806+806+7867+867

156-37.jpg
156-35.jpg
S56.11.9 和戸~久喜 445レ7806+806+7868+868 4両運用入っている間に相棒が7867と7868で入れ替われいます。

158-17.jpg
S56.11.28 鷲宮~花崎 452レ7806+806+7867+867

158-23.jpg
S56.11.28 新田~蒲生 839レ7806+806+4867+867

158-7.jpg
S56.11.27 竹ノ塚839レ 7806+806+7867+867

157-13.jpg
S56.11.10 和戸~久喜 452レ 7806+806+7868+868

158-26.jpg
S56.11.30 西新井~竹ノ塚 452レ 7806+806+7867+867

157-4.jpg
S56.11.9 新田~蒲生 839レ 7806+86+7868+868 草加市と越谷市の堺の綾瀬川鉄橋付近です。当時、草加から越谷に入ると駅付近以外はまだ田園風景が残ってました。

157-24.jpg
S56.11.10 草加 839レ 7806+806+7868+868

166-32.jpg
S57.1.4 春日部 452レ 7833+834+7834+833

167-4.jpg
S57.1.5 鷲宮~花崎 452レ 7833+834+7834+833

167-35.jpg
S57.1.6 新田~蒲生 452レ 7833+834+7834+833

237-26.jpg
S57.12.28 鷲宮~花崎 452レ 7829+830+7829+830

今回は春日部検修区の78型4両運用について紹介しました。この後、春日部検修区の78型は更新の進捗に伴い順次館林検修区に転属てしまい春日部検修区の4両運用は5050系や8000系ばかりとなりました。しかし、S59.5に館林検修区の78型の運用終了により78型が春日部検修区に戻り、S59.11までの間再度78型の4両運用を見ることが出来るようになりました。この時の写真もありますので、次回紹介したいと思います。



2000系の4・6両編成

 こんにちは。
鉄道コレクションで東武2000系のセイジクリームのセットが発売されることにいなりました。
セイジクリームの時代は営業列車は全て8両編成でしたが、2080系となる中間車を抜き4両や6両で回送ながら本線を走行したことがあります。

630326.jpg
2080系への改造のため中間車を抜いた2106+2206+2306+2406の4両編成です。製造時の編成に戻り西新井工場から北館林に廃車回送されました。S63.3.26 回8301レ 越谷

6303262.jpg
6303263.jpg
東武動物公園駅まで自力回送され、東武動物公園から北館林までは電気機関車牽引で回送されました。上の写真は東武動物公園駅に到着し入換を待つ2106他です。
下は、入換が完了しED5064+2406+2306+2206+2106+ヨ107の編成で北館林に向かいます。
K5601レ S63.3.26 東武動物公園駅での撮影です。

010201.jpg
010201 (2)
次は6両での回送です。西新井工場で2080系の種車になる2552+2652を抜き6両で北館林へ回送されました。
編成は2102+2202+2352+2252+2302+2402の両です。先頭車の無線アンテナが外されています。
H1.2.1 姫宮~東武動物公園間でに撮影で回8301レです。

010201 (3)
東武動物公園からはED5063に牽引され、北館林へ向かいます。H1.2.1 東武動物公園K5601レ

6305302.jpg
630530.jpg
最後に2081編成の試運転の写真です。上の写真は姫宮~東武動物公園間で下の写真は杉戸高野台駅での撮影です。撮影日はいづれも、S63.5.30でDRCの試運転スジで新栃木まで往復しました。
2080系は七光台に配属されましたが、短命で終わっています。


サハ820型紹介

 こんにちは。
今回はサハ820型を全車紹介します。7820系には本来サハ820型という形式はありませんでした。
全車ともクハ820型からの改造で中間車化された車両です。サハ822.824.826.827.830.832.834.846の8両ありましたが、最初の3両は踏切事故復旧の際に中間車化されています。S43頃よりATSの取付に伴う4両固定化が始まり、この時点で5両が運転室の機器を撤去して暫定中間車となりました。S40年代の末期には5両とも完全な中間車に改造されています。T822 820116
T822 820310
サハ821です。S32.4 日本車両の東京支店製です。この車両は、S43.7にATS取付に伴い暫定中間車となり、後に中間車化されいます。S47.1の時点で館林検修区の配置で運転台はまだ撤去されていません。S48~49頃中間車化されたと思います。上の写真はS57.1.16、下の写真はS57.3.10といずれも鐘ヶ淵駅での撮影です。

T824 820105
T824 820108
サハ824です。S32.4 ナニワ工機製です。この車両もATS取付に伴いS43.9に暫定中間車となり、S40年代の末に中間車化されています。S55頃まで森林公園の配置で東上線で活躍していましたが、S56頃には春日部検修区に転属しています。7820型としては一番早く更新されS57.1.13に西新井工場に更新入場しています。
上の写真はS57.1.5 春日部駅で下の写真はS57.1.8 鐘ヶ淵駅で撮影しました。

T826 820319
サハ826です。この車両は片側しか撮影していません。S32.11 日本車両東京支店製です。この車両もATS取付に伴いS43.12に暫定中間車となり、後に中間車化されています。S57.3.19 鐘ヶ淵駅での撮影です。この時点でサハ802の更新の際に履き替えたと思われるNL-1台車を履いています。サハ826更新の際にクハ870と台車交換を行い、NL-1台車はクハ870に流用されました。

T827 810905
サハ827です。S33.1 ナニワ工機製です。この編成(4両固定)のみクハとサハの番号が入れ替わっています。これは踏切事故復旧の際に中間車化されたためです。中間車化はS41.4です。クハから暫定中間車にはならず直接サハ化されています。この車両のみ旧運転台側の妻面に標識掛けが残っていました。7800型では何両かありましたが7820型では、このサハ827が唯一でした。対をなすモハ7827には標識掛けは残っていないのに不思議なものです。S56.9.5 越谷駅での撮影です。

T830 820503
サハ830です。S32.11 ナニワ工機製です。S40.10踏切事故復旧の際に中間車化されています。一番早くサハに改造された車両です。S57.5.3 鐘ヶ淵駅での撮影です。

T832 820223
T832 870214
T832 870225
サハ832です。S32.11日本車両東京支店製です。S43.6にATS取付に伴う4両固定化により暫定中間車となり、S40年代の末期に完全な中間車に改造されています。S58.2に更新のため西新井工場に入場しましたが、この編成から解体場所が西新井工場内から杉戸に変更となり、5050系に流用される制御器などの主要機器を取り外した後に他の78型(末期は5050型、3070型)に牽かれ杉戸へ回送され解体されるようになりました。
上の写真はS57.2.23、中段の写真はS57.2.14の撮影で場所はいづれも鐘ヶ淵駅です。一番下の写真は解体のため杉戸へ回送されるところで、S58.2.25 西新井~竹ノ塚での撮影です。本線上でサハ(クハ)832の顔が約15年振りに出たところです。

T834 820306
T834 840719
サハ834です。S33.8 ナニワ工機製です。この車両もATS取付に伴いS43.6に暫定中間車となり、S40代末期に中間車化されています。S47の時点で森林公園に配置され東上線で活躍していました。暫定中間車時代にシールドビーム化されていない一灯のヘットライトが残っていて、完全に中間車化されたことが、鉄道ファン誌に載っていました。更新は遅くS59.7まで活躍していました。上の写真はS57.3.6 鐘ヶ淵駅で、下の写真はS59.7.19に北春日部駅で撮影したものです。

T846 820310
T846 841018
T846 841025
上の写真はS57.3.10 鐘ヶ淵駅での撮影、中段はS59.10.18越谷駅での撮影です。最下段の写真は解体のため杉戸の解体線に入いれられ、解体が始まる前に撮影させて戴きました。旧運転側の妻面を入れた形式写真を撮影することが出来ました。S59.10.25の撮影です。
最後はサハ846です。S35.1ナニワ工機製です。S42.6に踏切事故復旧のため中間車化されています。S56.7にサハ805ご更新入場した際に台車交換を行いNL-1台車を履いていました。この編成のクハ845もクハ807と台車交換を行いNL-1を履いていました。7800系列の4両固定の編成で最後まで残りS59.10に更新入場しています。

今回はサハ820型を全車紹介させて戴きました。いつも沢山の方々に見て戴きありがとうございます。
また、コメントも沢山戴きありがとうございます。忙しいのと分からない事が多いのとで、中々コメントに返答できず申し訳ありません。どうぞよろしくお願いい致します。

モハ7865について

 こんにちは。
このところ、仕事が忙しく中々更新が出来ず申し訳ありません。
今回は事故復旧車で78型唯一の高運転台となった、モハ7865について紹介します。

121-7.jpg
モハ7865は、7860型の一員としてS33.12日立製作所で製造されています。モハ7860型は7861~7868の8編成が作られ試験塗装車として4パターンの塗装でデビューしたことは有名です。S43頃より4両固定化され、7865編成は中間に7866編成を組み込み7865+866+7866+865の編成となりました。中間に組み込まれた7866と866は、最初のうちは野田線の8000系の様に運転室の機器を撤去しただけでしたがS40年代の末に運転台を撤去して完全な中間車になっています。
モハ7865はS45.10の踏切事故復旧の際して、高運転台となり復旧されました。永い間、春日部検修区に配置されていましたが、春日部検修区には4両運用は2運用しかなく中々先頭に立つ姿を撮影できませんでした。
この写真は、S56.6.18 北千住~小菅間での撮影で、445レ準急羽生行です。

S49.jpg
オレンジ・ベージュの時代の写真も1枚ありました、S49 杉戸駅での撮影です。野田線にモハ5310を撮影に行ったときのものです。6両運用の中間に組み込まれていました。

120-16.jpg
120-25.jpg
120-24.jpg
120-27.jpg
モハ7865の写真は、結構紹介されていますが4両固定の他の車両の写真が載っている事は少ないので他の車両についても紹介します。一番上からモハ7865、モハ7866、サハ866、クハ865の順です。7866の方も7865と同じ、S33.12日立製です。4枚ともS56.6.15北千住駅での撮影です。当時北千住駅には、牛田方に予備ホームがありここで退避を行っていました。839レ北春日部行です。

120-5.jpg
S56.6.15 春日部駅での撮影です。452レ準急浅草行ですが、当時準急は15分おきで4両だと混雑していました。

120-34_20121103233738.jpg
S56.6.18 草加駅での撮影で、346レ伊勢崎発の準急浅草行です。地平時代の懐かしい草加駅です。

121-16.jpg
これも前の写真と同じ、S56.6.18の撮影で谷塚~草加間です。こちらは、452レ羽生発の準急浅草行です。

121-22.jpg
先程、準急浅草行で上った452レは839レで折返してきます。これで北春日部へ帰り運用は終わりです。前の写真と同じS56.6.18の撮影で、草加駅に停車中の839レです。この写真は高運転台になったのと反対側を撮影しました。こちら側は特に変わっていない様に見えます。

M7865-020(810818).jpg
S56.8.18 五反野~梅島間での撮影です。複々線の区間で遠くに736レモハ7801が小さく見えます。当時は複々線区間は北千住~竹ノ塚間だけでした。

120-29.jpg
S56.6.16 北千住駅での撮影で、346レ伊勢崎発準急浅草行です。改良前の北千住駅で懐かしい雰囲気が漂っています。

M7865-023(820223).jpg
S57.2.23 和戸~久喜間での撮影です。普段はこの様に中間に組み込まれることが多かったです。

M7865-027(810318).jpg

M7865-029(810318).jpg
S56.3.18に松原団地~新田間で撮影しました。839レの北春日部行です。この当時草加市内にもこの様な田園風景が残っていました。当時の春日部検修区4両運用で78型の運用は、北春日部から527レで伊勢崎へ折返し346レで浅草へ来て、445レ~452レで羽生を一往復して839レで北春日部に入庫おなるパターンでした。

M7865-021(811126).jpg
S56.11.26 松原団地駅での撮影です。西新井工場に入場し、出場試運転を行っているところです。試7301レです。これが7865にとって最後の入場になりました。

811126.jpg
この試運転はカラーでも記録していました。試7302レで越谷駅に戻ってきたところです。車体が綺麗に塗装され美しい姿となっています。

M7865-022(811127).jpg
本来ですと、試運転を行った日の夕方に所属区に回送されるのが常ですが、試運転の翌日西新井工場を訪ねてみると7865は出場しておらず屋根の補修を行っていました。数日後屋根の補修が終わり春日部検修区に帰っていきました。この後の7861や7863編成の時は試運転日の午後に出場しています。

280-15.jpg
ついに7865とのお別れの日が来てしまいました。S58の5月末7865編成は更新のため西新井工場に入場しました。丁度、熊谷線の廃線と重なり7865の入場回送は撮れませんでした。S58.6.1に7838編成に牽引され解体のため杉戸へ回送されました。S58.6.1 西新井~竹ノ塚 回8041レ 7838+838+7865+866

280-27.jpg
283-3.jpg
S58.6.1 杉戸に回送され解体線に押込まれました。下の写真は、S58.6.5の撮影です。既にサハ866の姿は無く7865も約25年の仕事を終え、間もなく姿を消そうとしている瞬間です。

811105.jpg
最期に、S56.11.5に鷲宮~花崎間で撮影したカラー写真で締めくくります。踏切事故からの復旧と波乱万丈の人生でした。増え続ける、通勤・通学客の輸送に活躍し誰にも見送るらことも無くヒッソリと消えて行った電車達、本当にご苦労様でした。彼らの活躍は忘れません。今に私の心の中で73.78型電車は走り続けています。






プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。