スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7870型前パン編成

 こんにちは。
今回は、7870型の前パンタ車について紹介します。7870型はモハ7870編成からモハ7889編成まで20編成が製造され、S35.8に製造されたモハ7871~7880の10編成が前パンタ車です。
M7871 820824
7870型の前パンタ車は、7871編成を除き新栃木検修区に配属されていました。7871編成は春日部検修区に配置され快速「たびじ」「林間学校」通勤快速などの優等列車に使われることもありました。
写真はS57.8.27 北千住~小菅間での撮影で3037レ快速「林間学校」7871+871+7865+866+7866+865

M7881 7882 841028
7872~7880編成は新栃木検修区に配置されていました。浅草~東武宇都宮間の準急列車の他に宇都宮線と日光線のローカルの運用に就いていました。
写真はS59.10.28 野州大塚駅の撮影です。浅草からの準急列車243レ7872+872+7875+875(右)と線内の折返し運用452レ7881+881+7878+878(左)の交換です。

ここからは、各編成ごとに写真を紹介していきます。
M7871 810628
Tc871 840328
モハ7871とクハ871の編成です。この編成はS35.8日車東京支店で製造されました。写真を撮り始めたS50年代の初め他の7870型前パン編成は、この7871を除き全て新栃木に配置されていましたが、この7871編成は唯一春日部検修区の配置でした。その後更新の進捗により館林検修区に転属となりましたが、S59.3.15に春日部検修区にに戻りました。翌月S59.4.6更新のため西新井工場へ入場しました。7870型では一番早く更新されました。
上 S56.6.28 春日部
下 S59.3.28 北春日部

M7872 850109
Tc872 850109
モハ7872とクハ872です。S35.8日車東京支店で製造されました。
S40年代より新栃木検修区に配置されていました。S59.11の新栃木検修区の78型置換えに伴い、春日部検修区に移動しましたが、翌年S60.2.8に最期の活躍場所である森林公園検修区に移動しました。春日部区時代にDRC1720系の入場の際の控え車として1751+1752+1753+1754+872+7872の編成で本線を走行したこともあります。またモハ7872はサボ受けがかなり下に付いていて遠くからでも7872である事が分かりました。S60.6.24の更新のため西新井工場に入場しました。写真は上下ともS60.1.9 西新井での撮影です。
M7873 820219
Tc873 850202
モハ7873とクハ873です。前述の7872編成と同様の動きをしており、S35.8に日車東京支店で製造され新栃木検修区で活躍していましたが、S59.11に春日部検修区へ、S60.2.8には森林公園検修区へ移動しています。S60.8.5更新のため西新井工場へ入場しました。
上の写真はS57.2.19 春日部駅での撮影。
下はS60.2.2春日部検修区での撮影です。春日部検修区に転属後は、余り運用に入ることはありませんでした。S60.1より予備車扱いとなり廃車回送などの控え車等に使われた程度で、程なく森林公園に転出しました。

M7874 840920
Tc874 850624
モハ7874とクハ874です。S35.8に日車東京支店で製造され、S40年代より新栃木検修区で活躍していました。S59.11に春日部検修区に移動、S60.2.8には森林公園に移動し7872.7873と行動を伴にしていました。S60.6.24に7872編成と伴に更新のため西新井工場へ入場しました。
上S59.9.20 西川田駅での撮影です。 241レ7874+874+7877+877です。宇都宮線内は有効長が20m4両分しかなく浅草から6両編成でやってきた準急列車は、下り方2両を新栃木駅で切り離します。
下S60.6.24 武州荒木 回8002レ更新のため874+7874+872+7872の編成で西新井工場へ向かいます。

M7875 851016
Tc875 851016
モハ7875とクハ875です。S35.8に日車東京支店で製造されました。永い間新栃木検修区で活躍していましたが、S59.11に春日部検修区に転属し同年12.25に森林公園は再転出しています。更新は遅くS60.10.16に西新井工場へ入場しました。写真は更新入場の際に撮影したもので、S60.10.16の撮影です。上が熊谷駅、下が羽生駅での撮影です。森林公園転属後の姿のためエアホースやサボ掛けが東上仕様になっています。

M7876 850206
Tc876 850206
モハ7876とクハ876です。S35.8に日車東京支店で製造されました。新栃木検修区で活躍後、S57.11に春日部検修区に同年12.27には森林公園へ移動しています。更新は78型の中で最も遅くS60.10.28でした。写真は、上下ともS60.2.6の撮影で森林公園へ転出後に西新井工場へ検査入場するため回送されてきたものです。この車両が78型としては最期に検査出場した編成です。S60.2.8 羽生での撮影回8346レです。また、この編成は杉戸へ回送後に保存前提で保管されていましたが、結局解体されてしまいました。とても残念でたまりません。

M7877 820405
Tc877 820405
モハ7877とクハ877です。S35.8にナニワ工機で製造されました。新栃木検修区で活躍新栃木検修区で活躍のあとS59.11.24に新栃木検修区から直接森林公園検修区へ転属しています。更新のため、S60.3.28に西新井工場へ入場しました。写真は上下とも新栃木時代に検査のため西新井工場へ入場した際に撮影したものです。S57.4.5 西新井での撮影です。荷電運用のあったS58までモニが検査のため不足するとこの7874編成などが日光線の荷電運用に入ることがありました。

M7878 841115
Tc878 841028
モハ7878とクハ878です。S35.8にナニワ工機で製造されました。7878とゴロが良い番号でした。他の車両と同様に永い間新栃木に所属していました。S59.11.15新栃木から森林公園へ移動しました。更新は以外と早くS60.2.1には西新井工場に入場しています。上の写真は森林公園転属の際に撮影したものでS59.11.15 羽生駅での撮影です。回8341レ~回8001レ7878+878+7881+881+7882+882の編成で回送されました。下の写真は新栃木時代のものでS59.10.28安塚駅での撮影です。線内折返し運用の452レ栃木行で878+7878+881+7881の編成です。

M7879 841124
Tc879 841013
モハ7879とクハ879です。S35.8ナニワ工機で製造されました。他の仲間達と同様に新栃木検修区に配置されていましたが、S59.11.24に森林公園は転属しています。S60.9.12に更新のため西新井工場に入場しました。
上の写真は、S59.11.24に森林公園に転属の途中鷲宮駅で撮影しました。この日、回8443レで7879+879+7877+877+7880+880の編成が新栃木から森林公園へ配置換えとなり回送されました。この写真を見ると東上用のサボ掛けは設置されていませんし、エアホースも本線仕様のままです。
下の写真はS59.10.13 西新井~竹ノ塚間での撮影です。241レ準急東武宇都宮行で879+7879+881+7881+877+7877の編成です。

M7880 840516
Tc880 850719
7870型前パン車の最後はモハ7880とクハ880です。7877~7879と同じくS35.8ナニワ工機製です。7880編成も永い間新栃木検修区に配置されていましたが、S57.11.24に森林公園に転属となっています。更新のため、S60.7.19に西新井工場へ入場しています。
上の写真はS59.5.16に東武動物公園駅で撮影したものです。242レ準急浅草行で組成は、882+7882+373+7873+880+7880でした。下の写真はS60.7.19 西新井~竹ノ塚間での撮影です。更新のため午後の入場スジ回8346レで西新井工場へ向かいます。永い旅路も間もなく終着駅です。

以上、7870型の前パンタ車を全車紹介しました。この他本線関係では、7870型の後パンタ車の7881.7882が新栃木に7883~7886.7889が春日部・館林に配置されていました。いずれ後パン車についても紹介したいと思います。
いつも沢山の方々に記事を読んでいただき、ありがとうございます。
スポンサーサイト

クエ7001最期の入場(S60.10)

 こんにちは、今回はクエ7001の最期の入場の様子を紹介します。

578.jpg
クエ7001の1エンド側の、ヘットライトが落ちてしまったらしいとの情報を聞き春日部検修区に様子を見に行きました。そこには、1エンド側のライトが落ちてしまい不様な恰好になったクエ7001の姿がありました。入場も近いしこのままにしておき、入場の際に修理することになった様です。S60.9.1 春日部検修区

586-1.jpg
S60.9.24にクエ7001は杉戸工場に入場することになりました。この時点で78型は残り6両、クエ7001が総括制御出来る相手は57型しかいません。検査を通さずに廃車になるかもしれないと思っていましたが、幸い検査入場することが決まりホッとした想い出があります。検査入場の際の牽引車は総括制御の出来る57型では無く5050系でした。S60.9.24 春日部検修区 5657+5557+7001
586-2.jpg
クエ7001のライトは落ちたままでした。車体の汚れが目立ち老朽化は否めません。

586-3.jpg
北春日部~東武動物公園間の短い区間の回送のため撮影地は限られています。撮影地へ向かう電車の車内からも撮影しました。

587-1.jpg
587-2.jpg
587-3.jpg
撮影は、定番の姫宮~東武動物公園間です。
回8743レのスジで5657+5557に牽かれ、クエ7001がやってきました。本線上の1エンド側を撮影するのは初めてです。でも残念なことにヘットライトがありません。S60.9.24 姫宮~東武動物公園

出場は、10.7と分かりました。出場前日の日曜日に杉戸工場を覗いてみました。
正門のすぐ傍に、ピカピカになったクエ7001が留置されていました。意を決し当直の社員さんに撮影のお願いをしてみました。正門の近くと言うこともあり許可を戴くことが出来ました。
591-1.jpg
591-2.jpg
591-3.jpg
591-4.jpg
最初に2エンド側、その後1エンド側を撮影しました。1エンド側のヘットライトも綺麗に修理されていました。S60.10.6杉戸工場

591-5.jpg
591-6.jpg
591-7.jpg
模型を作る方の参考に、側面を拡大(分割)して撮影した写真を掲載します。この3枚は海側の側面です。S60.10.6 杉戸工場

591-8.jpg
591-9.jpg
この2枚は2エンド側の運転台付近を撮影したものです。向かって左は運転室で右側はトイレです。
S60.10.6 杉戸工場

591-10.jpg
591-11.jpg
591-12.jpg
この3枚は山側の側面を拡大(分割)して撮影したものです。床下機器や無蓋部分の削面の様子が良く分かります。良く見ると無蓋部分側面の右端に手すりがついています。これは、連結手が貨車に飛乗りブレーキをかける際に掴まる手すりです。貨車だとこの部分の下に側ブレーキが付いています。おそらく無蓋貨車の側板を流用したものと思われます。S60.10.6 杉戸工場

592-1.jpg
前回の出場の時と同じ様なアングルですが、無蓋部分のドアが開いていて中の様子が分かります。室内には棚の様なものがあり、荷台にはクレーンがあるのが分かります。S60.10.6 杉戸工場

592-2.jpg
592-3.jpg
592-4.jpg
翌10.7に出場回送がありました。牽引は5654+5554でした。この車は7801+801を更新した車です。
夕方の回送スジ、回8750レで回送されました。総括制御の出来ない5050系と連結のためエアーホース以外は繋がれていません。しかし、クエ7001のパンタグラフは上がっていました。
この後、クエ7001は入場する事無くS61.3.31付で廃車になってしまいました。この日の回送がクエ7001にとって最期の本線走行だった様ようです。廃車後、暫く春日部検修区に留置されていましたが車体を分割してトレーラーで北館林荷扱所に運ばれ解体されてしまいました。
昨今、8111編成が動体保存されることになりましたが、モハ3210の面影を残すクエ7001をいとも簡単に解体してしまったのは残念でなりません。
S60.10.7 姫宮~東武動物公園 回8750レ 5554+5654+7001

熊谷線キハ2003の回送

 こんにちは。熊谷線のキハ2000の検査業務は杉戸工場で行われていました。熊谷から秩父鉄道の貨物列車に併結され羽生へ、ここで東武の貨物列車に継走され東武動物公園へ運ばれていました。出場時にはこの逆のルートで東武~秩父の貨物列車に継走され輸送されたようです。
杉戸工場では、何回かキハ2000型の姿を目にしましたが入出の回送は撮影していません。熊谷線廃止後のS58.6.3にキハ2003の杉戸への回送を撮影しました。なお、キハ2001については5月中に杉戸へ回送され、熊谷線の最終日にはキハ2002.2003の2両が運用されていました。もう1両のキハ2002については、杉戸へ輸送される事無く妻沼町に保存されました。

28101.jpg
28102.jpg
熊谷から羽生までは、秩父鉄道の貨物列車に併結されます。当時、秩父鉄道の羽生~熊谷間にも東武鉄道へ継走される貨物列車が走っていました。S58.6.3 新郷~武州荒木間も撮影です。204レで牽引はデキ501でした。

28105.jpg
羽生では、貨物列車から一旦切放され入換を行い、東武鉄道の貨物列車に継走されます。秩父鉄道側の入換が終わりキハ2003が単独で留置されました。キハ2003の美しい姿の形式写真を撮影することが出来ました。S58.6.3羽生

28103 7889
ここでキハ2003は東武本線の車両達と出会います。モハ7889の準急列車がキハ2003を出迎えました。S58.6.3羽生

28104.jpg
今度は上り方の踏切から撮影しました。左からキハ2003.クハ883.ED5063・クハ8153が並んでいます。東武の貨物列車への継走を待ちます。 S58.6.3 羽生

28201.jpg
28203.jpg
入換が終わり、東武鉄道の貨物列車の最後尾に連結されました。牽引するのは、箱型電機では最古参のED5002でした。
S58.6.3羽生

28202 8671
羽生発車前には、8000系とも並びました。K620レで杉戸へ向かいます。S58.6.3 羽生

28204.jpg
28205.jpg
K620レの走行は、鷲宮~花崎間で撮影しました。ED5002が軽やかに駆け抜けていきました。S58.6.3

28206.jpg
途中、久喜駅で退避のため停車します。6月といえども暗くなってきて撮影も苦しくなってきました。国鉄東北本線のホームからの撮影です。S58.6.3久喜

28207.jpg
杉戸に到着後、キハ2001と並んで留置されました。その後、キハ2001は解体されキハ2003は船橋市の個人に売却され学習塾として使われていたようですが解体され現存しません。今残っているは、旧妻沼駅の近くに保存されいるキハ2002のみとなってしまいました。

クエ7001、昭和58年10月の入場

 こんにちは。今回はクエ7001のS58.10の入場について紹介します。
今回もクエ7001が入場したとの情報を聞き、春日部検修区に出場日を確認しました。
出場は10.5と教えていただき撮影に行きました。今回の撮影日は全てS58.10.5です。

31301.jpg
31302.jpg
午後になると春日部検修区から牽引車となる7884+884が回送されて来ました。
この7884+884の編成は、78型の更新の進捗により春日部から館林に転属となります。S59.5に館林検修区の78型が全て春日部検修区に転属になった際に、春日部検修区に戻りました。S59.3からS60.2にかけて7870型が森林公園検修区に配置換えとなり東上線で最後の活躍をしました。春日部検修区に配置時に更新された7870.7871編成の他にこの7884編成は最期まで森林公園には転属しませんでした。S60.2には、春日部検修区の78型の配置はこの7884編成だけになりました。森林公園から更新のため入場した78型を西新井から解体のため杉戸へ回送する際の牽引車として春日部に残ったようです。しかし、この7884編成もS60.4.22に更新のため西新井工場へ入場しました。
S58.10.5 東武動物公園

31401.jpg
夕方近くなると、入換動車に牽かれクエ7001が工場から出てきました。7884+884と組成を行うため入換作業が始まりました。

31402.jpg
31403.jpg
31404.jpg
入換作業の際に東武動物公園駅の跨線橋から、普段は見ることの出来ないクエ7001の屋根やパンタ周り、荷台の様子を撮影することが出来ました。模型をやっている方はどうぞ製作の参考にして下さい。
跨線橋の金網が写り込み、見苦しい写真ですがお許し下さい。S58.10.5杉戸工場

31405.jpg
31406.jpg
31407.jpg
次の3枚は、同じく東武動物公園の跨線橋から撮影したものですが、車両全体を入れ角度を変えて撮影しました。春日部検修区に留置されている時は、検査時などを除き荷台に幌をかけてしまうので、中々荷台の様子を見ることが出来ません。荷台の妻面は、救援車に改造された時に作られたものなので、近代的な感じでした。S58.10.5杉戸工場

31408.jpg
31409.jpg
31410.jpg
夕方、回8750レで春日部検修区に戻ります。884+7884+7001の編成でしたが、今回はクエ7001のパンタは上がっていませんでした。S58.10.5 姫宮~東武動物公園
撮影していたのは、私一人だけでした。この頃、東武の写真を撮りに行っても一緒に行動していた友人や、顔見知りの人以外の人と会うことはほとんどありませんでした。
この後、クエ7001は廃車となるまでの間にもう一度杉戸工場に入場しています。S60.10のことですが、この時は既に78型の姿は無く、5050系に牽かれての入場でした。この時の写真も機会があれば紹介します。
いつも沢山の方に見ていただき、ありがとうございます。


コメントにお答えします。

 こんにちは。
沢山の方からコメントをいただき、ありがとうございます。
今回はいただいたコメントに関する内容について書きたいと思います。

キハ2000ですが、コメントに書かせていただいた通り、杉戸工場を出場する際に伊勢崎線での試運転は行いません。杉戸工場の構内で試運転を行った後、貨物列車に併結され熊谷まで回送されます。熊谷到着後に妻沼までの回送が試運転を兼ねているのか、妻沼機関区に到着後に再度試運転を行うのかは分かりせん。122-810628-1.jpg
S56.6.28杉戸工場の前を通りかかると、3050系と伴にキハ2001の姿が見えました。

122-810628-3.jpg
この日は、日曜日で工場はお休みです。普段は工場で撮影をお願いしても許可される事はありません。
休日は、工場の社員の方が当直しているだけで作業は行っていないので撮影をお願いしてみました。キハ2001だけなら良いとの事で工場内に入りました。工場内にはキハ2001、3050系の他にED5019が入場していました。

122-810628-2.jpg
ピカピカのキハ2001の形式写真も撮影することが出来ました。S56.6.28の撮影です。

続いて57型の写真です。

702-840101.jpg
千葉機械区様いただいた、コメントの通り臨時の「だいや」「おじか」号は浅草駅の1番線から発車する事が多く
この写真の「だいや」号も1番線にヘットマークを銀色に輝かせて停車していました。S59.1.1 浅草 クハ702

110-810429-5703.jpg
こちらは、まだ縦樋の付く前の姿です。
S56.4.29に春日部駅で撮影した快速急行「だいや」号、モハ5703です。
列車種別が急行→快速急行に替わりヘットマークの列車種別がシール貼りになっています。

790604.jpg
最後に川越工場にあった、クハユ290型の廃車体です。32型の更新修繕で不要になったものです。
春日部検修区のクエ7001をモハ3210に復元し、このクハユ290と組ませ保存して欲しいと考えましたが、いずれも解体され実現はしませんでいた。S56.6.4の撮影です。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。