スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

73.78型のサボ受けについて

 こんばんは。
今回は、73.78型のサボ受けついて質問がありましたので紹介したと思います。
自分自身では5種類のタイプを確認しています。

1-188-861.jpg
一番多いタイプは、1枚だけ入れられるものですが上部にも横桟がありクリーム色(車体色)に塗装されています。このタイプが一番多く存在しました。写真はクハ861でS57.2.19春日部駅での撮影です。

2-188-831.jpg
これは、上記と同じタイプのものですが、ステンレス製で無塗装でした。クハ831のみで確認しています。S57.2.19春日部駅での撮影です。

3-187-886.jpg
このタイプも案外と多く存在しました。1番目と同じで1枚用で塗装されていますが、上部の横桟がありません。クハ886でS57.2.18に鐘ヶ淵駅での撮影です。

4-187-863.jpg
これは、前回紹介したクハ310と同じタイプで、厚みがあり複数のサボを収納出来るとようになっています。写真はクハ863でS57.2.18鐘ヶ淵駅での撮影です。この編成はモハ7863もクハと同じタイプのサボ受けでしたが、モハクハともこのタイプのサボ受けで揃っていた編成は僅かだったと記憶しています。

5-176-7821.jpg
これは、クハ863や310と同じで複数枚のサボを収納出来るタイプですが、上部の横桟がありません。このタイプはモハ7821のみ確認しています。7821は、常に中間に組成されていたため、学生等のいたずらで上部の横桟を折られた可能性もあります。当時の伊勢崎線沿線の高校生のモラルは最低でした。S57.1.25館林検修区での撮影です。

次にクハ310と同じタイプのサボ受けを持つ車両を紹介します
11-115-7882.jpg
モハ7882です。S56.5.18西新井駅での撮影です。当時は新栃木検修区の所属でした。
8-118-323.jpg
クハ323です。S56.6.10森林公園検修区での撮影です。この編成は森林公園で一番最初に廃車になった73型です。この撮影の翌日に杉戸へ廃車回送されています。また。7329編成とともに旧63型の車体から最初に更新された車両でもあります。
9-134-316.jpg
クハ316です。S56.8.8志木駅での撮影です。この編成も7323編成廃車あとに2番目に廃車されました。S57年度末で7329編成とともに廃車されました。
12-169-7823.jpg
モハ7823です。S57.1.12羽生駅の撮影です。この編成は7820型で1番早く更新されています。

10-209-870.jpg
クハ870です。S57.6.7越谷駅での撮影です。この編成も7870型で一番新しい車でしたが、最初に更新されてしまいました。

最後にクハ310の入場前と入場後の変化を記録した写真です。
6-247-310.jpg
この写真は前にも載せましたが、クハ310が杉戸工場に入場する際の写真です。S57.2.7羽生駅の撮影です。良く見ると1枚用に薄型のタイプのサボ受けを付けています。
7-250-310.jpg
同じクハ310ですが、出場回送の時の写真です。S58.2.23東武動物公園駅での撮影です。出場後サボ受けが複数枚収納の厚いタイプに交換されています。なぜサボ受けを交換したかは不明です。もしかすると前年に廃車の316、前々年に廃車の323ともに杉戸に回送されて解体されていますので、廃車発生品の貫通ドアごと交換されているかもしれません。
スポンサーサイト

モハ7310編成の現役時代

 こんばんは。
越谷市大間野に売却された、モハ7310編成の現役時代の写真を紹介します。319-1.jpg
S58.12までは池袋口の8連運用がありました。写真は、S58.11.11に川越市~霞が関間での撮影です。
310+7313+315+7310+848+7848+850+7850の8両編成、2205ㇾ急行森林公園行です。この年の12月の末に森林公園検修区の73型18両が廃車になり、池袋への運用は無くなりました。
319-2.jpg
こちらは、1枚目の写真と同じ日の撮影です。新河岸駅で撮影した2328ㇾ準急池袋行です。

324.jpg
10000系の試運転も始まり、73型の置換え間近の写真です。S58.12.8鶴瀬駅での撮影です。試7001ㇾ11802と並ぶ337ㇾクハ310です。
317.jpg
東上線の北部ローカル運用に入った7310他です。S58.10.24小川駅での撮影です。

350-25_20120518221303.jpg
これも東上線の北部ローカルに使用中のクハ310他です。104ㇾ森林公園S59.3.13撮影です。

326.jpg
越生線の仕業を終え、森林公園に帰るところです。回4001ㇾでS58.12.11の撮影です。この後12.23付で中間車の7313+315が廃車になり7310編成は2両固定になります。

349 (2)
中間車が廃車され2両固定となった7310+310です。7847+847と組み4連で東上線の北部ローカルの運用についています。S59.3.7男衾~鉢形間での撮影です。

349.jpg
この写真もS59.3.7の撮影です。男衾駅に進入する310+7310+847+7847です。

247-1.jpg
これは、杉戸工場へ入場するため秩父鉄道を走る7310編成です。回8002ㇾS58.2.7西羽生~新郷間での撮影です。

247-2.jpg
前の写真と同じ日に羽生駅で撮影した、クハ310他です。ここから回8346ㇾとなり、伊勢崎線に入ります。入場時は写真のように、東上線のサボは外され回送のサボのみ付けてきます。

248.jpg
伊勢崎線に入り杉戸を目指します。回8346ㇾ鷲宮~花崎間S58.2.7の撮影です。このあたりは現在でも余り変わらない場所です。

249.jpg
検査も終わりピカピカになりました。試運転は東武動物公園~羽生間を1往復します。小さくて分かりにくですが、回送のサボの他に前面車掌側の窓下に丸い試運転マークが付けられています。S58.2.22鷲宮~花崎間での撮影です。

250.jpg
試運転の翌日、森林公園に回送されます。羽生駅では秩父鉄道のデハ809と並びました。両方とも元63型でモハ7310は元モハ63222、デハ809は元モハ63250です。S582.2.23の撮影です。中間の7313+315は検査から1年も経たないうちに廃車されてしまいました。
次回は、7310編成の伊勢崎線通学臨電で活躍の様子を紹介したと思います。

モハ7310の搬出

 こんばんは。
今回はモハ7310の越谷市大間野への搬出を紹介します。

439-1.jpg

モハ7310は、廃車後に森林公園から回送されたものでは無く。S59.3に伊勢崎線の通学臨電に使用するため7303.05編成とともに春日部検修区に転属してきました。7/20に通学臨電が終了して役目を終えました。通学臨電終了後、春日部検修区に留置されていましたが、8/20に廃車のため杉戸に回送されてきました。

搬出は59.10.17に行われました。モハ7870が解体される奥で7310の台車をゴムタイヤに履き替える作業が行われています。

439-3.jpg
ゴムタイヤに履き替えた7310です。越谷市大間野への搬出の準備が続けられています。

439-2.jpg
トレラーが連結され搬出を待つばかりとなりました。

439-4.jpg
夕方、東武動物公園駅の構内を出発しました。狭い路地を通り国道へ向かいます。近所の人々が集まり搬出の様子を見物しています。路地を抜け広い道へ出たところで深夜まで待ち、深夜の国道4号線を越谷に向かいました。
上記の写真は全てS59.10.17の撮影です。

439-5.jpg
439-6.jpg
翌日、越谷市大間野へモハ7310を見に行ってきました。国道4号線沿いの空き地にモハ7310が鎮座していました。S59.10.18の撮影です。

638.jpg
その後、モハ7310は茶色に塗装され、ステーキハウス「ペコペコ」のお店になりました。傍には、東武ワラ1型やSLも置かれていました。S61.4.10の撮影です。
今でも、モハ7310はお店の建物に取り込まれて現存しているらしいとの事です。お店の床下からTR25台車が顔を覗かせています。外見からは車体の様子は全く分かりません。
また、7304がS59.12.26に361がS5912.27に7325がS60.1.9に三郷市早稲田に搬出されています。残念ながらこの3両は搬出時や搬出先でも全く撮影していません。

本線に回送された森林公園の73型

 こんにちは。
多忙な事に加えて体調不良などがあったため、前回の更新より1ヵ月以上経ってしましました。
また、コメントを戴いた方ににも対応ができず、申し訳ございませんでした。
今回は、森林公園区で廃車になった73型の本線回送について書きたいと思います。

S57の年度末で、7316.7329編成が廃車になった後、暫く73型の廃車はありませんでした。
しかし。S59年度末をもって森林公園の73型は、8000系や10000系の新車投入により置換えが決まりました。
S58.12.23付で7300.7315.7326.7328編成の4両固定4本と7310編成から抜かれた、7313+315の18両が廃車になりました。前回の廃車までは、除籍前に自力で杉戸工場(経理部倉庫)に回送して解体をしていましたが、杉戸では78型の解体も始まったためか森林公園検修区で解体されることになりました。
341.jpg
解体は、S58.2.13から始まりました。写真は解体中のモハ7315他で、2.14の撮影です。

その後解体は進まず、結局解体されたのは7300.7315編成と中間車の7315+313の10両のみでした。
350 -0001
350-2.jpg
この写真を撮影は、S59.3.12の撮影でこの時点では解体作業は行われていません。
326+7312+363+7326+312+7309+309+7308+300+7306の順で留置されているのを撮影したものです。

S59の年度末をもって残っていた73型も全て廃車が決まりました。幸運なことに7310+7303編成の6両は伊勢崎線の通学臨電に使われることになり、3.28に春日部検修区へ転属していきましたが、7304.7325編成は3.30付で廃車となっています。その後の73型は全て森林公園で解体されるものと思われました。
S59.6.8に森林公園の7847.7851編成が更新のため、西新井工場に入場するとの情報を聞き撮影に行きましたが、秩父線から来るはずの7847+7851が東武動物公園の構内に留置され、奥の方には7326編成が見えました。
388.jpg
写真は更新のため西新井工場に回送される7851+851+7847+847の編成で回8346ㇾです。

翌日、森林公園検修区になぜ7326編成は回送されたかを聞きに行ってみました。
森林公園検修区のT助役さんはいつも親切に対応してくれ、現在廃車となり森林公園区に残っている7304.7325.7326.7328は杉戸に回送して売却の対象車とするとの事でした。ただし、除籍済のため自力回送ができず78型で挟んで回送するとのことで2M6Tの8両編成の回送となることをお聞きしました。
その第一陣として、78型の更新入場を兼ねて6.7に7851+851+7326+363+7312+326+7847+847の編成で回送されたとの事でした。次回は7328編成で6.13に回送予定だとのことと、7月にも7325.7304の回送があるが、下旬にならないと回送の日時は決まらない旨お聞きしました。
340.jpg
340-2.jpg
売却と言っても他の私鉄等に売る訳ではありません。国鉄が59.2のダイヤ改正で余剰となった貨車や客車などを格安の値段で一般向けに販売を行ったところ、大好評だったため東武もそれに習いS59.2に電気機関車や貨車の販売を行いました。好評だったようで、73型も売却対象となり杉戸への回送が決まったとの事でした。写真は販売展示会の様子で、旧杉戸検車区の建物内で行われ、電気機関車や貨車が展示されています。S59.2.10撮影

391.jpg
6.13の7328編成の回送は、仕事のため撮影には行けませんでしたが、翌日に控え車の返却回送を鷲宮駅で撮影することが出来ました。7848+848+7887+887の編成で森林公園に帰るところです。S69.6.14撮影です。

7.9に7325編成、7.11に7304編成の回送が決まり撮影に行くことができました。
まず、7.9の回送で7848+848+7325+360+7327+325+7887+887の編成で回送されました。
396.jpg

397.jpg

397-2.jpg
1枚目は秩父線内の熊谷~持田間、2枚目は西羽生~新郷間、3枚目は羽生駅で撮影したもので、S59.7.9の撮影です。東上線では73.78型の8両編成は日常的に見られましたが、本線系統では6両が最長で回送とはいえ73.78型の8両編成を見たのは初めてでした。伊勢崎線内では、故障車両の救援など除き73.78型の8両は無かったと思われます。

7.11は、7304編成の回送を撮影しました。
398 -2
398.jpg
398-3.jpg
7.11は、7848+848+7304+362+7808+361+7887+887の編成での回送でした。
1、2枚目は、武州荒木~東行田間で3枚目は西羽生~新郷間での撮影です。

399.jpg
398-4.jpg
この日は、7848に急行のサボが付いたまま回送されてきました。東上線所属の73.78が本線を走るのは転属か入場の場合しかありません。この場合は東上線のサボは必ず外してきますので、東上線のサボを付けたまま本線を走るのは大変珍しいことです。
下の写真は、本線の準急列車と並んだところです。右から7839.7848.7838で、1年位前までは全車森林公園の所属でした。S59.7.11羽生
399-3.jpg
399-2.jpg
伊勢崎線内では、和戸~久喜間で撮影しました。秩父線はユックリと走っていましたが、伊勢崎線内は臨時回送列車のスジにのせるため2M6T編成では、かなり厳しいようで78型2両はり吊掛けの唸りも高らかに杉戸へ向かいいました、S59.6.11撮影

421.jpg
写真は東武動物公園駅構内に留置される、73型やED5010型などの廃車群です。73型の4両固定の中間車は売り物にならないためか早々と解体されています。左から7310.7304.7328.ED5014です。ED5014の後ろに7325がいます。S59.9.1の撮影です。
その後、7310が越谷に大間野に7304.7325.361が三郷市早稲田に搬出されています。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。