スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7890型全車紹介

 今回は7890型について紹介します。
7890型は、7800型に次いで古い車両で、モハ7890+クハ890の2両固定4本ののわずか8両です。S31.12に日本車両とナニワ工機で2本づつ製造されました。製造当初は7850型と呼ばれていましたが、7820型の増備が進み7850まで達してしまったためS34に7890型に形式変更されました。また、クハには全車WCが付いていましたが、S46.4に撤去されています。S38にはクハ890型は全車モハ7300型と台車交換を行いTR-25を履いています。

7894(810905).jpg
製造当初は全車、西新井電車区の配置だったと思われます。S47.1の配置表を見ると7891編成が春日部検修区の配置の他は、館林検修区の配置になっています。末期は全車館林検修区の配置でした。写真は、姫宮~東武動物公園間でS56.9.5の撮影です。7894+894+7823+824+7824+823の編成です。

7894(810312).jpg
この写真は、S56.3.12松原団地~新田間での撮影です。7894を先頭とした準急羽生行です。現在この付近は高架複々線化で当時の面影は全くありません。次に番号別に紹介します。

7891(810827).jpg
まず、モハ7891です。S31.12日本車両製です。S57に更新されモハ5256に生れ変わりました。写真は、西新井工場での検査を終え、館林検修区へ帰るところです。S56.8.27西新井

7892(820204).jpg
次はモハ7892です。こちらも7891と同じS31.12に日本車両製です。S57に更新されモハ5560に生れ変わりました。S57.2.4羽生。

7893(820130).jpg
お次はモハ7893です。こちらは、S31.12ナニワ工機製です。S57に更新されモハ5557に生れ変わりました。写真がS57.1.30竹ノ塚での撮影です。当時準急は毎時4本と少なく、各駅停車の運用も結構ありました。

7894(820520).jpg
モハの最後はモハ7894です。7893と同じS31.12ナニワ工機製です。S57に更新されモハ5356に生れ変わりました。S57.5.20春日部。次はクハを紹介します。

891(810827).jpg
891(810406).jpg
最初はクハ891です。S31.12日本車両製です。S38にモハ7320と台車交換を行いTR25を履いていました。S56.6に7320が廃車されたためか、S56.8の検査でFS10に戻っています。S56.8.27西新井
下の写真はTR25時代のクハ891です。S56.4.6東武動物公園。S57更新されクハ5156に生れ変わりました。

892(811021).jpg
892(810406).jpg
次はクハ892です。891と同じS31.12日本車両製です。S38にモハ7321の台車交換を行っています。モハ7321の廃車後、S56.10の検査でFS10に戻っています。写真は試運転中のクハ891でS56.10.21越谷での撮影です。
下の写真は、かなり遠目の写真ですがTR25時代のクハ892で姫宮~東武動物公園間、S56.4.6の撮影です
S57に更新されましたが、7890型の中では一番最後まで残りました。クハ5660に生れ変わりました。

893(820116).jpg
次はクハ893です。S31.12ナニワ工機製です。S38年にモハ7319と台車交換を行いました。モハ7319が廃車となった後も検査入場が無かったためFS10の戻されること無く、S57に更新されました。クハ5657に生れ変わりましたが、更新時に台車をFS10の戻しています。S57.1.16鐘ヶ淵駅での撮影です。7890型としては、一番早く更新入場しました。

894(820112).jpg
クハの最後はクハ894で、これも893と同じS31.12ナニワ工機製です。S38にモハ7318と台車交換しています。クハ893と同じく、FS10に戻されること無く更新されました。更新後はクハ5456に生れ変わりました。更新時に台車をFS10に戻しています。S57.1.12久喜

7891(810816).jpg
今回は7890型を紹介しました。わずか8両の小世帯の形式でした。末期は館林検修に所属していましたが、館林は当初4両固定の配置が少なく、2両固定×3の6両も多かったため春日部配置の2両固定車と違い組み換えによりクハ側の撮影も比較的容易でした。写真は伊勢崎線の準急運用で、7891+891+7821+822+7822+821の編成でのんびりと鷲宮~花崎間を走行しています。S56.8.16撮影

7893 7317(810807)
最後は、S56.8.7春日部での撮影です。同じ館林検修区所属の準急浅草行7893+893+7864+864+7864+863の編成と準急伊勢崎行に運用中の7317+317+7892+892+7894+894の編成が出会ったシーンです。
7890型は7800系の中でもとても地味な車両でした。
スポンサーサイト

モハ7820型中間車

 こんにちは。
今回はモハ7820型の中間電動車を紹介します。7820型はMTcが31編成製造され、新製時は中間電動車はありません。S32.4~S35.1にかけて日本車両とナニワ工機で製造されました。その後、事故復旧やATSの取付に伴う4両固定化により8両が中間電動車に改造されました。
事故h復旧により改造されたのが、モハ7827.7830.7846の3両です。S40.10、最初に7830が事故復旧により中間車化されました。いつ改造されたは詳しく分かりませんが、モハ7827がS42、、モハ7846はRF、S46.5月号の時点で中間車かされています。それ以外の車両は、S43にATS取付のため運転室機器を撤去して暫定中間車となっています。S48までに完全に運転台を撤去して中間車化されています。子供の頃、西新井工場で改造しているのを見たことがありますが、運転室側の妻面を一旦撤去して大掛かりな改造だなと思った記憶があります。また、サハ826は完全に中間車化されたにも関わらず、車内のプレートがクハ826のままだったもを覚えています。

7822 176
最初はモハ7822です。S32.4日本車両製です。4両固定後は、7821+822+7822+821の編成でした。この車両は中間に封じ込められた時期が遅かったのか、パンタの引き通しが第二エンドに廻っています。S57に更新されモハ5559に生れ変わりました。末期は館林検修区の所属でした。 S57.1.25館林検修区

7824 170
次はモハ7824です。S32.4ナニワ工機製です。4両固定化後は7823+824+7824+823の編成を組んでいました。この車両もパンタの引き通しが第二エンドに廻っています。末期は館林検修区に所属し、7820型に中にが最も早くS57.1.13に更新のため西新井工場に入場しています。更新後はモハ5556に生れ変わりました。 S57.1.13北春日部

7826 172
次はモハ7826です。S32.11日本車両製です。4両固定化後は7825+826+7826+825の編成を組んでいました。ATSの取付に伴い中間車化されたため、この車のパンタの引き通しが第二エンドに廻っています。末期は館林検修区に所属していましたが、S58に更新されモハ5357に生れ変わりました。 S57.1.16鐘ヶ淵

7827 141
次は、モハ7827です。S33.1ナニワ工機製です。この車両は、事故復旧のため早い時期に中間車化ており暫定中間車にはなっていません。そのため4両固定化の編成もこの編成のみイレギュラーになっていて7828+827+7827+828の編成でした。S57に更新されモハ5255に生れ変わりました。末期は春日部検修区に所属し、よく7806編成と組み通勤快速の運用に入っていました。 S56.9.5越谷

7830 191
次はモハ7830です。S32.12ナニワ工機製です。この車両は、事故復旧に伴い中間車化され最も早くS40.10に改造されています。そのためかパンタの引き通しは第二エンドに廻っていません。4両固定化後は7829+830+7830+829の編成を組んでいました。末期は、春日部検修区に所属しよく4両編成の運用に使われていました。S58に更新されモハ5562に生れ変わりました。 S57.3.6鐘ヶ淵

7832 187
次はモハ7832です。S32.11日本車両製、この車両はATSの取付に伴い、暫定中間車となりましたがパンタの引き通しは、第二エンドに廻っていません。中間封じ込めの時点で引き通し管の改造を受けていなかったためと思われます。4両固定化後は7831+832+7832+831の編成を組んでいました。末期は春日部検修区に所属していました。S58に更新されモハ5358に生れ変わりました。この編成から更新で西新井工場に入場後、主要機器を取り外し杉戸工場(正確には杉戸資材部倉庫と書いてありました。)に無動回送され、解体されるようになりました。 S57.2.14鐘ヶ淵

7834 403

7834 403 2
次はモハ7834です。S33.8ナニワ工機製です。この車両もATSの取付に伴う中間化された車両ですが、パンタの引き通しは第二エンドに廻っていません。4両固定化後は7833+834+7834+833の編成を組んでいました。S50年代には森林公園に所属していた時期がありましたが、春日部検修区に転属し館林検修区に再転属しましたが、最期はS59.5春日部検修区に帰ってきました。S59.7.19に更新のため西新井工場に入場していまが、春日部に帰って来た最期の2ヵ月半はGWの臨時快速や林間学校臨に大活躍しました。更新後はモハ5374に生れ変わっています。7833以降は制御器がES567-Aのため7870型とともに5070系に更新されています。 上下ともS57.7.19の撮影で、上は春日部検修区、下は北春日部駅での撮影です。

7846 431
最後はモハ7846です。S35.1ナニワ工機製です。この車両の事故復旧により早い時期に中間車されているためか、パンタの引き通しは第二エンドに廻っていません。4両固定化後は7845+846+7846+845の編成を組んでいました。長らく春日部検修区に所属していましたが、館林検修区に転属しましたが最期は7833編成と伴に春日部検修区に帰ってきました。S59.10.27に更新のため西新井工場に入場しています。更新後はモハ5376に生れ変わりました。またこの編成中のクハ845とサハ846はクハ807及びサハ805と台車交換を行い、NL-1台車を履いて更新されました。 S59.9.29北春日部

M7833(820223).jpg
参考にモハ7820型の先頭車を紹介します。先頭車は全車がパンタの引き通し管を第二エンドに廻す工事を行っています。これは、先頭部に1500ボルトの高圧の配管があると踏切事故などで衝撃を受けた際に、車両火災を起こす危険性があるため第二エンド側に廻しているとのことです。78型、73型の前パン車は全てこの工事を受けています。当然のことながら、後パン車はその必要が無くパンタ側の妻面に引き通し管が下りています。 写真は試運転中のモハ7833でS57.2.23に越谷駅で撮影したものです。

今回は7820型の中間車を紹介しました。サハについても期を見て紹介したいと思います。

モハ7314の試運転

 こんにちは。
本線の7300型の中で書いた館林検修区所属の最後の73型、7317+314の試運転と出場回送に写真を掲載します。
73型の検査は、本線及び東上線とも全て杉戸工場が担当していました。

7317.jpg
杉戸工場の試運転スジは、東武動物公園~羽生間を午前中に1往復します。
写真は、試7343レで鷲宮~花崎 S58.4.4

314.jpg
戻りはクハ314が先頭になります。試7344レ 和戸~久喜

7317 2
一旦杉戸工場に戻り、夕方の回送スジで所属の館林検修区に回送されました。
検査を終えてピカピカの7317+314です。回8347レ和戸~久喜間での撮影です。

本線の73型としては最後の検査入場でしたが、この後森林公園検修区所属の7325+360+7327+325が同年6月に、7303+305+7305+303が7月に杉戸工場へ検査入場しています。これらの入場や試運転の写真も別の機会にお目にかけたいと思います。
また、森林公園~東武動物公園間で4回行われた78型2両+73型4両(廃車)+78型2両の8両編成での廃車回送の写真も現在準備中です、近々公開したいと思います。

モハ7800型中間車

 こんにちは。
7800系の中間車のの掲載希望がありましたので写真を探しました。
今回はモハ7800型を掲載します。モハ7800型で中間車に改造されたのは、7802.7803.7804.7805.7816の5両です。これらの車両は事故復旧を期に中間車改造されいます。そのため、パンタの引通しが第二エンドまで廻っているものはありません。また、モハ7803に限っては中間車化前にパンタを2エンドに移設していますので、他の車とパンタの位置が違います。

7803(790607).jpg
これは、モハ7803です。パンタが第二エンドに移設されています。 S54.6.7森林公園
最後まで森林公園検修区の所属でしたが、更新後は5152編成に生まれ変わりました。

7804(7906).jpg

7804(7906)2.jpg
上の2枚はモハ7804です。この編成は、末期は森林公園の配置でしたが、7814編成の更新後館林検修区へ転属して更新までの間、本線で使われました。S54.6 幸手
この年の秋、更新のため西新井工場に入場し、5151編成に生れ変わりました。

7805(810703).jpg

7805(810703)2.jpg
これは、モハ7805です。この車両は両側から撮影しています。S56.7.3 羽生
この編成は最期まで、森林公園検修区の所属でした。写真は更新のため、秩父鉄道を経由して西新井工場に入場するところです。更新後5153編成に生まれ変わりました。

7814(7906).jpg
最後は、モハ7816です。この編成は末期は、館林検修区に配置されていました。S54.5に更新修繕の種車となり西新井工場へ入場し解体されました。写真は西新井工場内に入れていただき撮影したもので、解体中の悲しい写真です。S54.6の撮影です。この編成は早い時期に更新され5102編成に生れ変わっています。

残念ながら、モハ7800型の中間車は写真も少なく、7802に至っては撮影していません。前にも述べました通りモハ7800型の中間車は事故復旧を期に早い時期に中間車化改造さいるため、パンタの引通しが第二エンドに廻っている車両はありません。7820.7860型はATSの取付の際ぬ運転台機器を撤去して暫定中間車となり、その後に完全中間車に改造されたため、パンタの引通しが中間車のもかかわらず、第二エンドの廻っている車があります。また、時期を見てこれらの車両も紹介していきます。

最近、若い方のHP等を見ると野田線のクハ8400とモハ8500で運転室機器を撤去している車両に対し、運転台撤去を間違った記載が多く見うれられます、運転台撤去車は完全に運転台を撤去してサハ8700、モハ8800に改造された車両のことを言います。10000系、30000系でも形式はサハになっても運転室が残っている限りは、運転台撤去車とは言えません。


S50年台の越谷駅

 こんにちは。 
越谷駅に関するコメントをいただきました。私も父の実家が越谷市にあり、父の実家に向かう際に越谷駅から岩槻行きの東武バスを利用したので想い深い駅の一つです。越谷そして、私の最寄駅の草加とも高架複々線化で昔の面影はありません。

5608182.jpg
写真は越谷駅本屋の写真です。以下の写真は全てS56.8.18の撮影です。

560818.jpg
木造の駅舎が懐かしいですね。

5608183.jpg
これは、線路側から見た本屋(改札口)の写真です。有人改札で駅員が改札口に座っています。
昭和40年台ですが、父の実家から帰る際に改札口の脇にダンボール箱に入れた、ひよこが「ぴよぴよ」鳴いていたのを覚えています。たぶん、荷電に積み込むために置いてあったのかと思います。

5608184.jpg
最後はホームの写真です。越谷駅は5本の線路があり、上り2線と下り3線でした。ただし、ホームのある線路は3線しかなく上りは1線、下りは2線だけでした。上下ともホームの無い退避線が1線ずつありました。貨物列車が数多く運行されていたためでしょうか。貨物列車や、試運転列車、回送列車が良く停車していました。
写真は下り副本線から発車するクハ829と上り本線を通過するED5060型の貨物列車です。

今から30数年前の懐かしい写真です。ちょうどこの数年前に高校を卒業し、社会人となり本格的に写真を撮り始めた頃です。電車撮影の合間に駅舎や駅前の風景などを撮影したものが少しありますが、これらの写真の方も電車同様とても懐かしさを感じ、シャッターを押しておいて良かったと今になって感じています。
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。