スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モハ7300前パン車

 モハ7300型の中には、4両の前パンタ車がありました。初期に更新された車両で7303.7323.7325.7329の4両です。7323(津覇車両)と7329(日本車両)の2編成が最初に更新され出来栄えを比べたとのことです。出来栄えに関係無く更新はその後全て津覇車両で行われたと雑誌等に記述があります。日本車両で更新された7329のみは7820型等と同じ押込み式のベンチレターでした。前パン車は更新後本線で一時使われたこともありますが、末期は全て東上線の配置でした。7323.7329.7325の順で廃車になり、最後に残った7303は通学臨専用に春日部区へ転属し、東武動物公園~加須間の臨電に使われました。但し、6両編成で使用するため前に7310+310を連結し、前パンの7303は中間に入っていました。
モハ7303
写真は東上線の北部ローカル時代の7303+305+7305+303です。
84.3.2 男衾~鉢形間
スポンサーサイト

荷8215レ 882+7882

 業平橋の東武本社裏にある荷電専用ホームには、昼前後2台の荷物電車が入ります。最初に新栃木から荷8210レが到着し、その後館林から荷8310レが到着します。13時前後に後から到着した荷8310レの車両が折り返し荷8215レとして東武日光へ、先に到着した荷8210レは折り返し荷8313レとして伊勢崎に向かいます。東武の荷物電車は83.7.20限りで廃止となりましたが、最終日に前日、東武日光へ向かい折り返し新栃木に入区したモニ1471は荷8210レで上ってきませんでした。代わりに上がってきたのが荷電代用7882+882でした。でも、7882+882は伊勢崎方面に向かう訳にはいきません。業平橋では、2本の荷電が縦列に停車するため後から発車した7882+882は曳舟で列車順序を入換え変荷8215レで東武日光へ向かい新栃木に帰って行きました。
クハ882
写真は、業平橋の荷電専用ホームに停車中のクハ882、83.7.20の荷電運用最終日の撮影です。当時荷電は、館林区にモニ1471~1473の3両が配置されていましたが、検査等で車両が足りない場合に伊勢崎線の運用には館林区の3050系2両編成が、日光線運用には新栃木区の7870型の2両編成が荷電代用として使われました。
モニ1472
通常はこの写真のように荷電が縦に2台並びます。
83.7.17 モニ1472(手前)とモニ1471(奥)業平橋荷電専用ホーム

モハ7879とDRCモハ1716

 西新井駅で並んだ新栃木区所属のモハ7879「東武宇都宮行」とDRCモハ1716です。モハ1716は西新井工場を出場し春日部区に回送されるところです。当時、新栃木区には7870型の2両固定が11本配置され、浅草~東武宇都宮間の準急電車の他に宇都宮線と日光線のローカルにも使われていました。また、館林区の荷電が検査などで足りない時は、荷電代用として業平橋~東武日光間を走ることもありました。
モハ7879
81.7.14 モハ7879・モハ1716 西新井

クハ885 臨時快速「たびじ」

 GWや秋の行楽シーズンになると78型を使用した臨時快速が運転されました。
写真は、885+7885+838+7838の4両編成3060レ「たびじ」号です。下今市で
は鬼怒川線から来た843+7843(3160レ)を下り方に連結し6両で浅草に向
かいます。3060レで浅草到着後、通勤快速221レとなるため、78型の充当の
多い臨時快速運用でした。
クハ885はこの後、春日部から森林公園に転属し約1年後の60.5.16更新の
ため西新井工場に入場しました。主要機器を取り外しの後、5.28に7889+
889に牽引され杉戸工場へ回送され解体されました。
クハ885⑥
59.5.5 3060レ クハ885他 東武日光
今のようにネットなど無い時代です。朝の622レで運用を確認の後に日光
に向かいました。また、撮影者は私一人でとても静かでした。

クハ831+モハ7832の廃車回送

 78型の更新修繕は、最初は西新井工場で種車の解体が行われていました。
住宅地の中にある西新井工場では環境問題により解体作業ができなくなり、
7831+832+732+831編成より西新井工場に入場し制御器などの機器を外した
後で杉戸工場まで回送し、解体されることになりました。
78型の2両編成に牽引され、2両ずつ杉戸工場へ回送され解体されました。
78型の配置が多い時は、牽引車も必ず78型でしたが更新が進み配置が減ってく
ると5050系の2両固定や3070系の2両固定が牽引することもありました。
クハ831
写真は7883+833+7832+831の1M3Tの編成の杉戸工場に向かう
回8341レです。 83.3.8春日部

モハ7832
モハ7832(中間車)とクハ883の連結部
83.3.8西新井
プロフィール

東武73・78型旧型電車

Author:東武73・78型旧型電車
昭和60年に消えた、東武鉄道の73・78系の懐かしい写真を紹介します。


にほんブログ村・ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。